春分の日

厳しい冬の寒さもようやく緩み、満開の梅も終わりそうな神戸です。
関西では昔から、奈良東大寺のお水取りを迎えると厳しい寒さが一段落すると言われたり、暑さ寒さも彼岸までという風に言われたりします。毎年、肌感覚としてもよく言い表された言葉だと感じます。

 

 

一層春めいてくる彼岸の中日は、『春分の日』に当たります。
そんな『春分の日』ですが、昼と夜の時間が等しくなるとよく聞きます。しかし、昼夜の時間は本当に等しいのでしょうか?
今回はそんな常識を検証してみたいと思います。

2022年春分の日頃の“日の出”“日の入り”の時刻を国立天文台の情報を参考に確かめていきます。
今年の春分の日(3月21日)の“日の出”は6時02分、“日の入り”は18時11分です。
おや、これでは9分間昼の時間が長くなっていますね。
日をさかのぼって日の出と日の入りの時刻をみてみましょう。

 

●3月20日 6:04 18:11
●3月19日 6:05 18:10
●3月18日 6:06 18:09
●3月17日 6:08 18:08
●3月16日 6:09 18:07

このことから昼(日照時間)と夜の時間が等しいのは、2022年では3月17日ということになります。すると私が常識だと思っていた『春分の日』や『秋分の日』の昼夜の時間が等しいというのは間違いということです。
改めて、広辞苑で『春分』を調べてみると二十四節気の一つ、太陽の中心が春分点上に来た時の呼称で“昼夜の長さがほぼ等しい”とあります。
これは余計皆さんを混乱させてしまっているのではないでしょうか?

 

一般的には、昼は太陽が東の地平(もしくは水平)から現れてから西の地平(もしくは水平)に完全に没するまでと私たちは捉えていると思います。
それを基準にすると今年は、3月17日(何の意図もありませんが私の誕生日です^^)が、昼夜等しい日となってしまいます。

もし太陽の中心が地平から現れ、そして太陽の中心が沈む時刻を基準にすると、ちょうど昼夜を二等分することになります。しかし、太陽の上辺が地平から現れ始めて、完全に地平から出るまでは、およそ9分かかるのです。
これが、春分の日は日照時間が夜の時間より9分間長い理由です。

そんなことは知っているよという方が多いのかもしれませんが、私は長い間『春分の日』や『秋分の日』は、昼夜の時間が等しいと信じてきました。
このように世の中には常識と思われていても、調べてみると実際は違っているということもたくさんありそうですね。

 

鍼の施術についても、様々な先入観や常識があるかと思います。
その一つが、鍼施術はとても痛いだろうということです。
もちろん人の感受性はそれぞれですので完全な無痛であるとは決して言いませんが、皆さんが想像する“注射針”や“縫い針”が刺さった時などの痛みとは異なり、ほとんど痛みはありません。
それにはいくつかの理由があります。
まず1つ目は、日本で使われている鍼は、通常の“注射針”や“縫い針”などとは違い、圧倒的に鍼が細いことです。2つ目は、鋭い痛みを感じるセンサーが豊富に存在する皮膚を一瞬で通過させる技術のためです。

鍼施術を受けられたことのない方には信じ難いことかもしれませんが、施術中に眠っておられる方もよくいらっしゃいます。
施術を受けられた方々から「もっと鍼は痛いものだと思っていました」や「凝りに鍼があたると何とも言えない気持ちよさがありますね」等の感想を伺います。ですが、前にも述べたようにとても過敏な方も中にはおられます。
そんな方にはさらに細い鍼を使用したり皮膚には刺さず撫でたり、圧迫のみを行う鍼を使用し施術を行うことも可能です。

一言に鍼施術と言っても、施術方法や刺激量、使用する鍼の種類も様々です。
これも、オーダーメイド医療と鍼灸施術が呼ばれるゆえんの一つと言えます。

もう少しで新年度を迎えますね。新しい出会いや新しい気付きがあればと願っています。

 

よくある症状はこちら

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

  神戸東洋医療学院付属治療院

********************

 

神戸東洋医療学院付属治療院 川上 靖

マヨネーズの日

3月1日は「マヨネーズの日」です。

大手マヨネーズ製造会社が19253月に日本で初めてマヨネーズを製造・販売したことから、

31日を記念日に制定したとのことです。

 

マヨネーズは、どんなものでも美味しくドレッシングしてくれます

じゃがいも、ごぼう、にんじん、キャベツ、きゅうり、ほうれんそうはもちろん、

マカロニ、スパゲッティ、鶏肉、シーチキン、ハム・・・などなど。

 

それだけではなく、

熱したフライパンにマヨネーズを入れて、お肉やお野菜を炒めるだけで、コクのある野菜炒めができます。

鶏肉とセロリの組み合わせは、最高です 

 

身近な万能調味料であるマヨネーズ みなさんは何からできているかご存じですか?

①食用油、②卵、③お酢、④塩

どれも、いつもお家にありそうなこの4つからできています。

 

新鮮な材料を使うことで、よりおいしいマヨネーズが作られます。

中でも各メーカーさんがこだわっているのは“卵”ではないでしょうか。

 

“卵”は薬膳において「高い栄養価で、虚弱体質を改善するもの」と言われています。

 

卵の白身は気を補い、卵黄には不足している体液や血液を補い、体を潤わす効果があり、病気の時にはもちろん、妊婦さんや赤ちゃんにもおすすめの食材です。

また、発熱後の精神不安、不眠、咳、のどの乾き、声がれなどにも有効とのことです。

さらにうずらの卵は気を増やし、五臓全体の働きを高めてくれるそうです。

 

薬膳的には、ほかの食材と組み合わせることで、より効果アップします!

免疫力を高めるには山芋やブロッコリーといっしょに。不眠の緩和や精神安定には、牡蠣やアサリを組み合わせて。エビやきくらげを合わせると老化防止などにも効果があるといわれています。

いろいろな調理法で味わえるのも卵の魅力です!

 

・過労や心労で疲れやすく、気力もわかないという時に

・身体が冷えているなぁと感じる時に

・めまいやふらつきを感じる時に

・物忘れが多くなったなぁという時に

・肌が乾燥してきたなぁという時に

 

卵は、上記のような身体の調子がすぐれない時に食べると、効果があります。

ぜひを食事に取り入れてみてくださいね

 

神戸東洋医療学院附属治療院 北條直

 

 

 

よくある症状はこちらから

 

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

  神戸東洋医療学院付属治療院

********************

 

電話受付開始時間、変更のお知らせ

3月より、電話受付の開始時間を変更させていただきます。

ご理解ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

 

   現在   開院日の10時以降

         ↓

  3月~ 開院日の10時15分以降

 

神戸東洋医療学院 付属治療院

目もとを元気に!

立春を迎えましたがまだまだ寒いですね。寒い季節はお肌が乾燥しやすく、また毎日マスクをしていると目もとを気にすることが増えてきました。皆さんはいかがですか。

 今回は目の疲れをとると同時に、目もとが元気になるポイントと簡単なケアについてご紹介します。

 

その前に、日頃の目の疲労について再認識しておきましょう!

・目は外気にさらされている唯一の臓器。

・目もとの皮膚はとても薄いため乾燥しやすくダメージを受けやすい。

・五感(視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚)のうち視覚は80%を担い外部の情報を多く得ている。

・まばたきの平均回数は1分間に約20回、1時間に約1,200回、1日16時間起きていると、19,200回している。(※ドライアイの方はもっと回数が増えます)

 

加えて、スマホやパソコンによる酷使、紫外線、睡眠時間の短縮など、仕事や学業、日々の生活の中で様々な負担がかかります。

 

 

続いて、気になる目の下の「クマ」のその種類と理由についてです。クマの種類は3つに分けられます。

・青クマ…血行不良などによる血液の滞りが皮膚の薄い目元で透けて見えている

・黒クマ…筋力低下によるたるみやむくみによる黒影 

・茶グマ…紫外線、新陳代謝低下などによる角質の変色、皮膚の摩擦などによる色素沈着 

 

クマが出来る理由は様々ですが、目の疲れは血行不良や筋力低下を進めることになります。目の疲れをとることや疲れさせないことが、目もとの健康につながります。

また、皮膚は約1か月~1か月半で生まれ変わります。血流改善と筋力アップで新陳代謝を促し、ダメージを受けた肌もツヤやハリのある肌に変化していくと考えられています。

 

☆目もとを元気にする3つのポイント☆

①皮膚のダメージを減らす…こすらない、乾燥させない、紫外線予防など

目の回りの皮膚はそっと優しく触れ、保湿クリーム等で乾燥を防ぎましょう。

 

②血流改善…温めてリラックス

ホットタオルでアイマスクをしてみましょう。45℃前後のお湯でタオルを濡らし絞ってから折り畳みます。心地よい温度であることを確認し目を閉じて目の周囲にタオルを当てて温めます。私は入浴中に行っています。リラックスでき心地よく入眠できますよ。是非試してみてくださいね。

 

③筋力アップ…眼輪筋体操

眼輪筋(目の回りの筋肉)を鍛える高速まばたき体操をしてみましょう。両目で10秒、できるだけ速くまばたきをします。それにより、涙の分泌を促しドライアイの予防にもなります。

ご無理のないようご自身のペースで行ってくださいね。

 

目の疲れから肩こりや頭痛を誘発することもあります。目の回りにあるツボや側頭筋への刺激も目の疲労改善に効果があります。昨年6月16日のブログ「めっ」でも紹介していますので参考にしてみてください。

2021年6月16日「めっ」

 

 

目のケアは疲れを溜めないうちに行うことをおススメです。鍼灸でのケアもお気軽にご相談ください。

 

 

神戸東洋医療学院付属治療院 藤岡友子

 

2月12日(土)休診のお知らせ

2月12日(土)は学院行事のため休診させていただきます。

皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご了承いただきますようお願い申し上げます。