師走の日々に負けないように

戸マラソンも終わり、神戸の街には今年もルミナリエの季節がやってきました。師走です。

気象庁が発表した3ヶ月予報では12月から2月の近畿地方は、平均気温が高くなる確率50%だそうですが、やはり冬は寒いですね雪

   

さて先日、何気なく見ていたネット記事で気になるタイトルを目にしました目ぴかぴか (新しい)

「できる人が疎かにしない3つのもの」

御縁。健康。基礎。メールの返信。感謝の言葉。プライベートの時間・・・。

人によって思い浮かべるものはいろいろだと思いますが、

その記事では「睡眠」「入浴」「運動」の3つでした。

 

どれも疎かにしてしまっている私ですが、“日本一のおんせん県”出身者として、今回は「入浴」についてお話してみたいと思いますいい気分 (温泉)

 

入浴による主な作用として、①温熱作用、②水圧作用、③浮力作用の3つがあります。

体温より温度の高いお湯に浸かり、体温が上がることで血管が広がり、血流がよくなります。それにより

身体の隅々まで必要な酸素やエネルギーが行き渡ると同時に、体内の老廃物や疲労物質が

除去されるため、筋肉のコリがほぐれ疲労回復につながります。代謝が上がることでダイエット効果や美容効果も期待できますわーい (嬉しい顔)exclamation

 

血流を促す効果は、温熱作用だけでなく水圧による作用にもあります。

お湯に浸かることで身体に水圧がかかり、マッサージをされている

状態となります。この圧力により、足にたまった血液が押し戻され、

心臓の働きを活発にし血液の循環を促進します。

また、腹部にかかる水圧は肺の呼吸機能を高めることにもつながります。

  

さらにプールや海に入ると身体が浮くように、お風呂に浸かると浮力によって、体重は1/9程度に

なるといわれています。普段体重を支えている筋肉や骨、関節への負担が軽減されるため、

全身の力が抜けるような感覚になります。お湯に浸かった瞬間に身も心も解放され、思わず「あ~」と声が出てしまう、

あの感覚です。 入浴しているときの感覚を思い出しながら書いていると、

今すぐにでも温泉に行きたくなりますねほっとした顔ぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

日常の喧騒を忘れ、大自然に包まれながら温泉に浸かることは、普段の入浴以上に心身のリフレッシュ、

リラックス効果があることは想像に難くないでしょう。また温泉には二酸化炭素、食塩、石膏、

アルミニウム、硫黄、微量の放射能などの成分が含まれているので、身体への化学的な作用もあり、

古代から医療の一つとして「温泉療法」が行われてきました。

 

 

そうはいっても、なかなか温泉に行けないのが現実ですよね。

そんなときは、ご近所の銭湯の広い湯船で思いっきり足を伸ばすもよし、

それも難しい場合はご自宅での入浴の際、好きな香りの入浴剤や

バスキャンドル等を使ってみるのもよいのではないでしょうかぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

年末に向けてお仕事が忙しくなる方も多いでしょう。なにかと気ぜわしい時期がやってきます。そんな日々に負けない心身の健康管理として「湯船に浸かる」ことをぜひおすすめします。ただし、お湯が熱過ぎたり、浸かる時間が長過ぎたりすると逆に身体への負担となったり、

睡眠の質を悪くしてしまったりします危険・警告 (!)一般的には40℃前後のお湯に、1530分程度浸かるのがよいとされていますが、

ご自身の体力や体調に合わせながら適度な入浴法をみつけてください。

 

私も今夜は我がおんせん県をイメージしながら、ゆっくりとお風呂に入りたいと思います。

 

※お風呂に入ってもすぐに足が冷えてしまうという方は、お灸でのセルフケアもおすすめですぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

あなたにぴったりなツボはぜひ治療院でるんるん (音符)

 

 神戸東洋医療学院付属治療院  池田朋子

 

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

*************************************************************************

冬の初診キャンペーン開催中!!

ぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)冬の初診キャンペーンぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

初めて当院をご利用の方限定

2018年12月1日(土)~2019年1月31日(木)まで

1ケ月以内ずっと施術料金が半額でご利用いただけまするんるん (音符)るんるん (音符)

 

さらにdouble exclamation

1ケ月以内に4回以上ご来院されると、

1000円割引×10回分のチケットをプレゼントプレゼントぴかぴか (新しい)

ぜひこの機会に鍼灸を体験してみませんかexclamation and questionウィンク

 

冬の初診キャンペーン ←こちらをクリックわーい (嬉しい顔)指でOK

 

 

「日日是好日(にちにちこれこうじつ)」

皆さんはこの言葉を聞いたことはありますでしょうか。

これは禅の言葉で「11日が良い日である」ということなのですが、言葉の意味を掘り下げると「その日その日が最高でかけがえのない1日であって、よい日になるように一生懸命生きましょう」というようなことを表していますほっとした顔ぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

今年10月、この題名の本が映画化されました。

樹木希林さんがとても味わい深い茶道の先生を演じられ、少し話題になった作品でもあります。

作者が自身の人生の折々と茶道を絡めて感じ学んだことが記された内容です。

 

茶の湯では、11月に「炉開き」をおこないます。

「炉開き」とは、「風炉」の使用をやめて「炉」を開き、

新しい季節を迎えるようにすることです。

風炉や炉といっても何のことかさっぱりだと思います。

「風炉」とは茶釜に入れたお湯を沸かすための道具で、春夏に使われます。

「炉」とは茶室の畳の一角に囲炉裏のように床下を開けて、そこに灰をくべ、茶釜を火にかけるようにしたものです。

春夏の暖かい季節には火をたぎらせて湯を沸かす釜はできるだけ客人からは遠くに、秋冬の寒い季節には暖かさが少しでも感じてもらえるよう客人の近くへと位置を変えるのです。

また「炉開き」では、初夏に摘んで寝かせていた新茶を始めて使う「口切り」がおこなわれます。

これらのことから「炉開き」は「茶人の正月」とも言われます富士山

 

「炉開き」がおこなわれるのは11月と書きましたが、正確には「亥の月、亥の日」です。

「亥の月、亥の日」は陰陽五行説で「陰気」と「水」を表すことから、

火災を逃れると考えられました。

そのため、「亥の月、亥の日から火を使い始めると安全」といわれ、

この日に炉開きが行われるようになったのです。

 

茶道で使われる抹茶は、茶園を黒い布などで覆い太陽の光から遮断し

葉緑素が豊富になった茶葉を揉まずに乾燥させ蒸し臼で細かく挽いたものです。

粉末なのでお茶の葉の栄養素を全て取り込め、

最近では海外でも人気があります。

製造過程の差から煎茶とは含まれる成分の比率が異なります。

美容に良いとされるビタミンEやカテキン、美肌効果や免疫力を向上させる

ビタミンC、良質な睡眠を促すテアニンを多く含みますぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

なかでもテアニンは日光に当たるとカテキンに変化するので、

抹茶のように日光を遮って製造されたものに多く含まれます。

テアニンにはリラックス効果があるといわれ、

良質な睡眠、集中力の向上、冷え性の改善へとつながる働きがあるといわれていますわーい (嬉しい顔)

 

 

いいこと尽くしの抹茶ですが、カフェインも多く含みますので、空腹時に飲むと胃の不調を感じることもあり、コーヒーと同じく1日の摂取量には注意が必要です危険・警告 (!)

 

茶道というと少し敷居は高く感じられるかもしれませんが、たまには茶席で居住まいを正して抹茶をいただくのも、日ごろの喧騒から逃れられてよいかと思いますほっとした顔ぴかぴか (新しい)

そして、正座で硬くなった身体をほぐしに鍼灸院にいらしていただければ(笑)

  

 

 

神戸東洋医療学院 付属治療院 田中 里佳

 

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

*************************************************************************

今年もこの季節がやってまいりました。

みなさま、こんにちはわーい (嬉しい顔)付属治療院の谷口です。

日々肌寒さが増してきており、風邪をひかれる方が増えてきていますが、皆様体調はいかがですか?

実は10月初旬ごろ、かく言う私も元気なふりをして、こっそり風邪をひいていました。

もう一度言います、こっそりです。でも「先生、声がおかしい よ、風邪?」と皆様に言われました。こっそりなのに、です。おかしいですよね。

 

さて今回のひとつぼでは、昨年度過去最高レベルに猛威を振るい大流行したインフルエンザのお話をさせて頂こうと思います。

すでに今年の10月、例年にないスピードでインフルエンザによる学級閉鎖が三重県(3校)で発生しましたあせあせ (飛び散る汗)

 

学級閉鎖と聞くと1月~2月ごろを思い描きますが、10月とは本当に驚きです。

警戒もしていなかったでしょうし、なかなか予防も難しかったと想像します。

今年は10月中ごろからインフルエンザワクチンの予防接種も各医療機関で始まっています。

今年は昨年の様にワクチンが品薄にならないよう対策がとられているようですが、ワクチン接種後、抗体が作られるまでに1ヶ月ぐらいを要しますので、少しでも早めの接種をお勧めいたします病院

もし予防接種当日に鍼灸治療にいらっしゃった場合や、接種後のだるさなどが残っている場合には、刺激量や施術部位等の考慮のために、予防接種を受けたことは必ず担当者にその旨をお伝えください。

 

ここでインフルエンザについて簡単におさらいをしておきましょう本ぴかぴか (新しい)

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスに感染して起こる感染症です。

インフルエンザウイルスには A型、B型、C型がありますが、ヒトに流行を起こすのはA型とB型です。このA型・B型インフルエンザの流行には季節性があり、例年の季節性インフルエンザの感染者数は国内で推定約1,000万人と言われています目double exclamation

インフルエンザの症状としては、咳やのどの痛みなどの呼吸器の症状だけでなく、高熱、全身のだるさ(倦怠感)、食欲不振などの全身症状が強く、しばしば頭痛や関節痛・筋肉痛など呼吸器以外の症状を伴います。

合併症として、気管支炎、肺炎、中耳炎などがみられますし、重大な合併症には急性脳症(インフルエンザ脳症)や重症肺炎があります。

また小児の異常行動などを引き起こすこともあり、インフルエンザはとても怖い病気です危険・警告 (!)

この後に書かせていただきますが、このインフルエンザに対抗するために適切な予防を心がけて頂ければと思います。

難しいお話はここまでです。

 

では実際に日ごろからどのような予防をしていけばいいのでしょうか。

 

まず何より一番大切なのは「体力をつけて休養をしっかりと取り、抵抗力をつける」ことです手 (グー)グッド (上向き矢印)

それによりまずは感染しにくい体を作ります。

日頃からバランスの良い食事を摂ることを心がけ、寝不足にならないようにすることが大切ですほっとした顔ぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

またそれに加えて我々ができることとして、鍼灸治療でも免疫力を高められることが知られています。

鍼灸治療により自律神経のバランス調節をはかり、自律神経で支配されている血管運動や、内臓の働きを改善し、身体の恒常性を保ちます。

これによりストレスやさまざまな要因で自律神経の失調が起きている身体を、より正常な状態に導くことができ、ウイルスと戦える体を作ります。

 

当院ではこの自律神経の働きを細かくチェックできる自律神経測定器も設置しております。

鍼灸治療の際に測定可能ですので、ご希望の方は来院時にお気軽にお声かけくださいね。

ぜひご自身の今の状態を知るためにも一度測定してみて頂ければと思いますほっとした顔ぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

その他にも、適度な温度と湿度を保つことや、マスクの着用、外出後の手洗いうがいなど、ご自身で予防できることがたくさんありますわーい (嬉しい顔)

またお出かけの際も映画館など空気があまり動かない場所などこの時期は危険だと言われていますので、行く場所などにもご注意頂ければより感染を防ぐことができます。

 

これらのようにいろいろな予防措置を組み合わせて外敵を防ぎ、イベントたくさんな楽しい冬を迎える準備をしましょう。私たちも微力ながらそのお手伝いをさせていただきますぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

 

                      神戸東洋医療学院 付属治療院 谷口龍祐

 

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

*************************************************************************

今年の秋は

東洋医学では昔から、自然は大宇宙、人体は小宇宙と考えられています。

大宇宙で起こる季節や気候の変化などの全ての現象が小宇宙である人体に対して直接的に大きな影響を与えます。

また、五臓の気の盛衰と五季(春・夏・長夏・秋・冬)の変化・気候の変化により、人体の気(エネルギー)・血(血流)も変化します。

ですので疾病の多くも季節や気候の変化と関係があります。

 

さて、この秋、皆さんはどのように過ごされるでしょうかほっとした顔ぴかぴか (新しい)
厳しい夏が過ぎ、この秋をどのように過ごすかがこの冬への備えとなるのです。

 東洋医学で「秋」は人体の臓腑と結びつけると、肺・大腸と関係があると考えられています。肺と大腸は、鼻・のど・皮膚などと関連があり、呼吸器疾患を持っている方は秋に注意しなければなりません。

 肺の機能を高める食べ物は、梨・ニンニク・大根・しょうがなどが良いですレストランぴかぴか (新しい)

 その季節の食材で料理をして食べることも漢方に劣らない健康維持の秘訣です。

 また、夏に冷たいものや水分を取りすぎたことで大腸が疲労している状態です。夏が過ぎたにも関わらず体が重だるく感じたり、体力がないと感じたりするのは、余分な水分が溜まっていることが原因です。

元気な秋を過ごすためには体の余分な水分を排出し近づく冬の準備をすることが必要です。

 特に今年の夏は異常に暑くて水分を取りすぎた方も多いと思います。余分な水分を排出するためには、散歩やジョギングなどの軽い運動をして適度に汗をかきましょうexclamation

 食べ物で体内の湿気を取り除く効果のあるものはトウガン・はとむぎ茶・とうもろこし、余分な水分を発散させる効果のあるものは生姜・ねぎなどがありますわーい (嬉しい顔)ぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

 冬に備えるためには、次のことに気をつけましょう雪 ぴかぴか (新しい)

 東洋医学では秋冬は陰気が強い時期です。臓腑の中で陰にあたる経絡はすべて足から始まります。下半身が冷たいと人体の循環に悪影響を及ぼし、色々な問題が引き起こると考えられています。

 

1.へそを保護する。

 薄い服装でお腹周りが冷えたり、夜に布団をちゃんとかけなかったりするとへそに寒い邪気が入ります。女性はへそに寒い邪気が入ると生理痛などの婦人科の病を誘発することもあります。へそ周りが冷えないような服装や温めるようにしましょう。

2.背中を温める。

 どんどん寒くなると陽気は減り、陰気が増加します。背中に   は陽にあたる経絡が通っているため、背中を温めることで陽気が流れやすくなり、体全体もよく温まります。

3.両足を温める

 先にお話したように足は陰の経絡が始まるところでありツボも多いです。足が冷たくなると正常な体の作用に影響がでます。だから女性は特に両足を温めるように気をつけましょう。半身浴や両足をお湯につけることも良いですいい気分 (温泉)ぴかぴか (新しい)

 

東洋医学で「元気だ」ということは陰陽の調和、臓腑のバランス、気血の調和で「一所に片寄らない状態」、つまりすべての観点から調和とバランスを保つことをいいます。

 「病は治療するより普段元気なときに予防することが大事だ」という話しもあります。

 病は予防が重要です。今年の秋は夏に取りすぎた余分な水分を排出し、体を温め、肺を丈夫に保つことで元気に冬を過ごせるようにしましょうわーい (嬉しい顔)ぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

神戸東洋医療学院 付属治療院

 

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

*************************************************************************