白露

今回は9月の節気とこの時期の健康管理についてお話をします。

 

秋が始まる9月には、白露(はくろ)と秋分(しゅうぶん)があります。秋分は聞いたことがある、あるいは知っているという方が多いと思います。

しかし白露とは何?と思われる方は多いのではないでしょか。

 

白露は、二十四節気の一つであり、秋分の前の15番目の節気です。

2022年の白露は9月8日から9月22日までです。

 

 

梅雨明け以降、晴天が続いていましたが、秋雨前線や台風の影響によって大雨の被害も発生しやすく、不安定な気候が多くなります。

また、白露は白い露と言う意味です。夜に気温が露点以下に下がることで、草場や物に露がつくことが由来とされています。

昼間の気温は上がります。しかし、夜には気温が下がり、昼夜の気温差が5~8度ほど違います。

気温差が大きくなるため、身体の適切な体温を維持することが難しくなります。そのため私たちの体は普段よりエネルギーがさらに消耗されて、疲れやすくなり、免疫力も落ちやすくなります。

 

このように、白露は季節の変わり目の始まりです。健康管理がさらに重要な時期です。

では、どのように健康管理をした方がいいでしょうか。

 

1.一定な体温を保つ

昼夜の気温差が大きくなると一定な体温を維持することが難しいです。

夜は長袖の服を着て寒くならないようにするなど、衣服で体温調整ができるように工夫すると良いでしょう。

 

2.十分な睡眠と運動

健康のためには、最も基本的なことを守ることが大事です。今の時期から夜が長くなります。早く寝て1日7~8時間は睡眠をとるようにしましょう。

筋肉は体の熱を発生させるため、筋肉量が多いほど体温を維持するのに役に立ちます。

 

3.水分を摂る

秋は乾燥するので体に水分が必要です。

個人差はありますが、一般的な成人が一日に必要な水分は、1.5~2リットルです。常温のお水をこまめに飲むようにしましょう。

 

4.季節の食べ物 

今の時期には美味しいものが沢山ありますが、その中でもリンゴはビタミンAの含有量が多く、免疫力を増進させます。

リンゴの果糖とブドウ糖は消化吸収がよくエネルギーとして吸収されるため、疲労回復にも良い果物です。

また、柿は風邪予防に効果があるビタミンA・Cを含んでいます。漢方では肺を潤沢し、胃腸を丈夫にするのに効果的とされています。

 

暦の上では秋が始まりましたが、まだまだ、夏の暑さは残っています。

今の時期は、気温差、夏の疲れが残って体がだるい、疲労感が取れない、鈍い頭痛が続くなどの症状も出やすいです。

鍼灸の治療と規則正しい生活で残っている夏の疲れを取り除き、元気な秋を過ごしてください。

 

 

 

神戸東洋医療学院 付属治療院

 

よくある症状はこちら

 

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

 神戸東洋医療学院付属治療院

********************

真夏のピークは去ったけど・・・

猛暑も落ち着き、朝夕は少しずつですが過ごしやすい季節になってきました。しかし、9月から10月にかけては台風シーズンのため、天気予報には敏感になってしまいます。

 

台風や雨が降る前になると、体調が崩れるなどで悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。気圧や気温、湿度の変化により生じる体調の悪化のことを「気象病」と呼ばれており、その症状は、頭痛やめまい、吐き気、肩こりや神経痛、関節痛、古傷の悪化、気分の落ち込みなど、様々です。

気象病は、自律神経のバランスが崩れることが原因の一つです。とくに気圧が低下する時に最も症状が出やすく、これには、耳の内耳が関係していると考えられています。

 

近年の研究により、内耳には気圧の変化を感知し、その情報を脳に伝えるセンサーがあることが分かりました。気象病では、このセンサーがわずかな異常にも反応して脳に過剰な情報が伝わった結果、自律神経のバランスが崩れてしまうのです。

 

敏感な方は、飛行機やエレベーターの移動中にも同じような症状が現れてしまいます。

自律神経の乱れは、様々な体の不調へとつながってしまいます。

気象病を防ぐためには、自律神経のバランスを整えることが最も大切と言われています。また、体の浮腫みの解消や内耳の血行を良くすることも大切です。

対策方法をいくつかご紹介します。

 

バランスの良い食事、適度な運動、十分な睡眠などを心がけるように意識してください。

自律神経を整えるために、まずは規則正しい生活を送りましょう。

忙しい日々だとは思いますが、リラックスできる時間もできるだけ作るようにしましょう。

 

体の浮腫みに対しては、適度な運動をして血流を良くするようにしましょう。

内耳の血行は、耳の周りの筋肉をほぐしたり、耳たぶをつまんで引っ張ったりクルクルと回したりすることが効果的です。また、耳に温かいお湯の入ったペットボトルなどをあてるのも良いですね。

 

最近では、天気によって体調の変化が起こりやすい時を予報してくれるアプリなどもあるようです。事前に情報を得ることで、対策も行いやすいかと思います。

また、自律神経の調整は、鍼灸施術の得意なことの一つです。日頃から体の不調にお悩みの方は、ぜひ鍼灸師にご相談ください。

季節の変わり目を迎えようとしていますが、健やかに過ごしていきましょう。

 

 

 

 神戸東洋医療学院付属治療院

  池邉 由実

 

よくある症状はこちら

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

 神戸東洋医療学院付属治療院

********************

 

鍼灸専門雑誌『Tehamo(てはも)』4号に耳鍼のインタビュー記事が掲載されました

 こんにちは。神戸東洋医療学院付属治療院の副院長の早川敏弘です。

 2022630日に発売された鍼灸専門雑誌『Tehamo(てはも)』499ページに、「プロフェッションへの道 インタビュー 耳鍼はサイエンス~耳鍼の歴史と日本の現状」というインタビューを掲載していただきました。

 このインタビューは、2017年に早川が専門誌『中医臨床』に書いた「耳鍼療法の受容について」という論文をベースに詳しくインタビューで解説したものです。

 2022331日に神戸東洋医療学院付属治療院でインタビューが行われ、107ページには付属治療院スタッフがモデルで耳鍼をしている写真も掲載されています。ご協力ありがとうございました。

 

 耳鍼は、1950年代のフランスのポール・ノジェという医師が開発しました。ポール・ノジェ先生は、耳には胎児が子宮の中にいるように、耳たぶ側が頭部で上下逆さまになっているという耳ツボの分布を最初に発見しました。それを中国が追試して、現在は中国式耳鍼の耳ツボが世界に普及しています。

 インタビューでは、この複雑な耳鍼の歴史を解説させていただいております。実技の部分では、早川が行っている耳鍼のテクニックを写真入りで書かせていただきました。

 

 耳鍼は何が得意なのか、一般の患者さんにお伝えしたいです。

 

 まず、得意なのは「痛み」です。

 脳の血流を変えることで、急性の痛みにも慢性の痛みにも効きます。ただし、例えば腰痛や肩こりで、耳の「腰」や「肩」に鍼を刺すと一時的に痛みはとれますが、しばらく経つと元に戻ります。

 そのため、わたしは耳鍼と体の鍼を組み合わせて使用しています。

 

 アメリカでは、慢性痛の患者さんにオピオイドというアヘン麻薬系鎮痛剤を使用しているのですが、鎮痛剤として副作用が強いため、アメリカ軍やアメリカ退役軍人省という政府機関は鍼を推奨しています。

 そこでは体の鍼も使っていますが、「戦場鍼(バトルフィールド・アキュパンクチャー)」という耳鍼を開発して使用しています。これはアメリカ空軍の軍医さんが開発したもので、日本のNHKのテレビ番組でも紹介されました。

 ASPという耳を貫通させる特殊な鍼を使用し、急性の痛みにも慢性の痛みにも使用しています(日本では、このASPという鍼が医療機器として認可されていないため、付属治療院では『戦場鍼』は体験できません )。

 

 痛みは、痛む局所に発痛物質があるため、当然痛い局所に刺してその場所の血液循環を改善するのが一番効果があります。しかし、痛みには同時に「脳の記憶」という側面があります。局所は治ってしまっているのに、脳に「痛みの記憶」だけが残っている場合があります。

 そこで耳鍼は、脳の血流を変えることで「痛みの記憶」を変えるのが得意なのです。

 

 痛みと同じくらい耳鍼が得意なのが、内臓系の疾患です。

 耳の凹みの部分には、迷走神経という神経が露出しています。迷走神経とは、内臓に分布している自律神経の副交感神経であり、眠っているときや休んでいる時に活発になる神経です。

 現在、アメリカでは「耳介迷走神経電気刺激」といって、耳の凹みの部分を電気刺激することで、迷走神経を通じて内臓を治療しようという医療機器が開発されています。

 2022年に付属治療院に来院された患者さんでも、耳の凹みの部分への刺激で、動悸が落ちついたり喘息や咳の症状が治まった患者さんがいらっしゃいます。これも迷走神経刺激というメカニズムが考えられます。

 

 どちらかといえば、体にダイレクトに鍼を刺したほうが、局所の血流を改善できるし、迷走神経も活発にできるので、付属治療院に来院された患者さんには体の鍼を使いたいのです。しかし、自分で耳のツボをマッサージするだけでも、セルフケアになります。 

 ぜひ、ご自分でも、耳のツボをマッサージしてみてください。

 

 

神戸東洋医療学院付属治療院

早川敏弘

 

よくある症状はこちら

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

 神戸東洋医療学院付属治療院

********************

夏季休暇のお知らせ

誠に勝手ながら、811日(木)~16日(火)は、夏季休暇のため休診とさせていただきます。

なお、附属薬店は810日(水)~21日(日)まで夏季休暇をいただきます。ご利用の方は、お早目にご相談ください。

皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

 

治療院:811日(木)~16日(火)

薬 店:810日(水)~21日(日)

 

 

 

神戸東洋医療学院付属治療院

 

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

  神戸東洋医療学院付属治療院

********************

予備タンク減ってるかも

今年は神戸をはじめ、各地で海開きが行われました。海水浴に適した温度は、気温と海水温の和が50度以上とされています。今年は十分50度を超えている暑さですね。

今後も酷暑が予想されていますが、そんな暑さ対策と筋肉の関係についてお話しします。

 

鍼灸治療を受けに来られる方の中には足を含む体の浮腫みの訴えがあります。浮腫み(浮腫(ふしゅ))の原因は様々です。

瞼に浮腫みが強いときはまず腎臓の調子の悪さを疑います。

手足などの浮腫みの中には、栄養の偏り、特にたんぱく質の不足や塩分の取りすぎが原因になるケースがあります。

また、心臓の不調やホルモンの崩れから引き起こされるものもありますが、この場合は他の症状も表れやすく、それらを含め診察をすすめます。

 

上記の原因による浮腫みより圧倒的に多いのは、「水分の摂り過ぎ」「筋肉の過緊張由来の循環障害によるもの」「筋力不足」です。

水分の過剰摂取については、以前のコラムで取り上げましたので、ここでは筋肉の過緊張(コリ)と筋力の関係にスポットを当てます。

(過去の記事はこちら→『水々しすぎると溺れます』

 

浮腫みの簡単な確認方法は、すねの骨や足の甲などを指で圧迫しそこの皮膚をへこませます。浮腫みの無いときは速やかにへこませた皮膚が元の状態に戻りますが、浮腫みがあるときはなかなか復元しません。

ですので、患者さんから「足の浮腫みがとれないのですが・・・」と相談を受けた際、この方法を使い浮腫みの確認をします。

しかし、実際に皮膚を圧迫してみても浮腫みはなく「これは皮下脂肪のせいですね」と正直に答えなければならないことがあります。(どちらが患者さんにとって良かったのか私には判断できません。)

 

そんな浮腫みの解消法は、筋の過緊張からの浮腫みの場合、足では心臓に戻っていく静脈血やリンパ液の流れの道筋を阻害するふくらはぎ、膝の裏、太ももの内側、鼠径部、腹部の緊張を緩めていきます。わかりやすく言うと関節の周りに出来た筋肉のコリはダムのように流れを妨げます。そのコリをほぐすことで循環が良くなり、浮腫みが解消されるのです。

 

次に筋力(筋肉量)と浮腫みについてです。

浮腫みを気にされている方によっては、なるべくゆっくり入浴し汗をかくよう心掛けておられる方があります。適度に汗をかき余分な水分を排出することは東洋医学的にも良いことですが、人によっては入浴による浮腫み解消効果がみられないタイプがあります。

それは、筋肉量が少ない人です。

 

折角お風呂やサウナで汗をかいて一時的に浮腫みが減ったとしても、少し時間が経つと筋肉量が少ない人は元どおりになりがちです。そのような人に私は汗をかくなら運動を増やしてみてください!とアドバイスしています。

運動をして増えた筋肉は、水分をより多く貯えることが出来ます。そのことで今まで皮膚や皮下に貯留していた水分、すなわち浮腫みが減少するのです。

また、暑さのため汗をかいたとしても、すぐに脱水から熱中症になることを防ぐ効果があります。今までなかなか半身浴などでは浮腫みが減らなかった人はぜひ運動をお試しください。

 

コロナ禍の二年半、やむを得ない自粛を余儀なくされました。その結果、二年半前より知らずしらず筋肉量が下がっている人がほとんどだと思います。

そのため、今年はいつもの夏より脱水から熱中症になる危険が高まりそうです。今まで大丈夫だったからと油断せず過ごしたいものですね。

 

今年は様々な夏祭りが戻ってきました。疫病退散やみんなの幸せを祈る夏祭りを元気に迎えましょう。 

 

 

 

神戸東洋医療学院付属治療院

川上 靖

よくある症状はこちらから

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

 神戸東洋医療学院付属治療院

********************