口の健康を保ちましょう

もうすぐ4月になりの新学期や新生活が始まりますね。

4月18日には「よ(4)い(1)歯(8)」ということで良い歯の日がありますほっとした顔

みなさんは普段、口に関心を持っていますか?

最近、歯医者に行くと「オーラルフレイル」という言葉を目にします。

オーラルフレイルは身体の衰え(フレイル)の一つで、口腔機能の軽微な低下や食の偏りなどがみられます。口の衰えはとても恐ろしく、次々と負の連鎖を引き起こし、最終的には命の危険にさらされることもあります。

老化はもちろん、柔らかいものばかり食べたりしていると、筋肉が弱り噛む力も衰えてきます。噛む力が衰えると、食べ物を咀嚼することが難しくなります。そうなると徐々に噛むことが億劫になり食欲も低下してしまいます。食習慣が悪化することで栄養バランスも崩れてしまい、噛む力だけではなく、全身の筋力までも衰えてしまいます。

その結果、日常生活にも支障をきたし、「要介護」になる恐れが高まります危険・警告 (!)

加齢とともに歯が抜けることも、オーラルフレイルのリスクを高めます。歯の本数が少なくなることで当然噛む力は弱くなります。一般的に歯の本数が20本を下回ると、噛む力が著しく低下すると言われています。

 

歯だけではありません。人間は噛むことによって唾液が分泌されますが、唾液には食べ物の消化を助けてくれる作用があります。また、唾液中にあるタンパク質「ヒスタチン-1」は抗菌作用があります。最近の研究では、血管形成細胞を活発化し血管を新生させ、さらに接着剤のように細胞同士をつなぎ合わせ、傷口の組織を再生する働きを持っていることが明らかになりました。

「殺菌作用により口腔を清潔に保ち、虫歯を予防し、胃腸を健康に保つ」、そんな働きをする唾液ですが、唾液量の減少はオーラルフレイルを加速させる大きな要因となります。

ある研究によると、オーラルフレイルによって4年後の要介護や死亡リスクは、健康な人の2倍以上に高まると結論づけています。

オーラルフレイルの予防には固い物をよく噛む事や、歯みがき、パタカラ体操があります。

「パタカラ体操」は「パ」「タ」「カ」「ラ」の4文字をそれぞれ「パパパパパ」「タタタタタ」「カカカカカ」「ラララララ」と繰り返し大きくはっきり発声することで、口の周りの筋肉や舌の動きの衰えを予防する体操です。

口腔環境と健康はとても関係が深いということが分かっていただけたと思いますが、中医学ではずっと以前から口腔環境と健康の深い関係に気が付いていました。

 

健康で長生きする為に中医学では「養生」を重視しています。

養生とは健康に注意し、病気にかからず丈夫でいられるように努めることですが、その養生法の中に「鳴云鼓(めいてんこ)」と「漱玉津(そうぎょくしん)」という口の健康を高める方法があります。

「鳴云鼓」は、塩と温水を口に含み歯を拭き、歯をカチカチと百回咬む動作を行うことで、継続して五日間行うと歯が丈夫になります。

「漱玉津」は唾液を利用してうがいをする方法です。口をわずかに閉じ、舌尖を歯の表面に当て、上の歯から下の歯へゆっくり円を描くよう舌を回します。12周ほどすると唾液がたくさん出てきます。唾液を飲み込み、次は反対方向へ同じように舌を回します。「漱玉津」を行い唾液分泌が促進されれば前述した唾液の効果を得ることができますよね。中医学では唾液は飲み込むもので、吐くことをよしとしません。唾液が体にとって重要な物質である事を経験的に知っていたからでしょうぴかぴか (新しい)

みなさんは唾を吐いていませんか?歯は20本以上ありますか?健康に長生きするためにも、ずっとおいしい物を食べていくためにも、鍼灸治療で体を整えながら、口の健康にも気をつけましょう。

でも食べ過ぎは禁物ですよほっとした顔

 

 

 

神戸東洋医療学院 付属治療院 武岡 崇介 

感染症予防

 昨今、感染症に関するニュースが多く、皆様も不安な日々をお過ごしかと思います涙テレビや新聞、

インターネットなどには非常に多くの情報があり、どれを信用してよいのか分からないですよね。

 

 今回は予防の基本となる『手洗い』『うがい』について少しお話したいと思いますウィンク

 というのも私たち鍼灸師には消毒の義務という法令があり、学生含め衛生面には非常に厳しく管理しています。その中でも手洗いは特に重要な作業ですクローバー

 

【正しい手洗いとは?】

 ①まず手全体を流水で濡らします。

 ②石鹸(液)を適量手の平に受けとります。

 ③手の平と手の平を擦り合わせてよく泡立てます。

 ④手の甲をもう片方の手の平でもみ洗います。(左右行います。)

 ⑤指を組んで両手の指の間をもみ洗います。

 ⑥親指をもう片方の手で包みもみ洗います。(左右行います。)

 ⑦指先をもう片方の手の平でもみ洗います。(左右行います。)

 ⑧両手首まで丁寧にもみ洗います。

 ⑨流水でよくすすぐ。

 ⑩清潔なタオル(ペーパータオル)でしっかりとふき取り乾燥させる。

 ⑪手指の消毒をおこなう。(手洗い同様にまんべんなく擦り込む。)

 ※擦式アルコール製剤を使用

 ⑫乾燥して完了。

 

 手が菌やウイルスを運ぶ原因となりますあせあせ (飛び散る汗)感染防止、拡大防止のために外出先や、帰宅後、集団の中で活動した後など気が付いたら手を洗うことを心がけてくださいぴかぴか (新しい)

 手洗いが困難な場合は、除菌シートなどを活用しましょう。

 注意点としては過度に洗いすぎたり、薬用せっけんを多用しすぎることで手に住んでいる常在菌(無害な菌、バリア機能のある菌)が死滅してしまい、手自体が傷ついてしまう恐れがありますので気を付けましょうあせあせ (飛び散る汗)

 

【正しいうがいとは?】

 

 ①食べかすや口の中の有機物を取り除く目的で、比較的強く、うがいをする。

 ②①を2~3回実施した後、上を向いてのど全体に行き渡るよう15秒ほど行う。

 ③②をもう一度行う。

 ※うがい液を使用する場合は、製品の容量用法を守って実施しましょう。

 

 ウイルスは体の粘膜から侵入することからうがいを行うことは非常に効果があると考えられていますふらふら

 うがいをすることで、のど本来の防御機能を高めます。さらに殺菌効果のあるうがい薬を使えば、口腔・のどを清潔にすることができます。そうすると、のどの粘膜が回復して口腔を介した感染の予防が期待できます指でOK

 

 その他、品薄で世間を騒がせたマスクの着用も効果的ですが、基本的に症状のある方がマスクをすることで感染拡大を予防します。

 予防のためにマスクを着用することも効果があると言われていますが、先ほども述べたように粘膜から侵入することから、口、鼻、目の粘膜の保護が推奨されています。

 そのためにも普段から清潔にし、手洗いうがいを忘れず、また自身の健康管理を行うことで免疫力を養い、かかりにくい体を維持することが大切ですほっとした顔

 

  インフルエンザや新型コロナウイルスなどに対する予防策として鍼や灸といった治療を受けることも、内側からの体力を養い免疫力を増加させる効果があると考えられています。
 日常の中から予防の意識をもって過ごしてくださいねるんるん (音符)るんるん (音符)

 

    

神戸東洋医療学院 付属治療院 髙木 建之

 

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

************************************************************************* 

 

電気設備点検に伴う電話回線不通のお知らせ

センタープラザビルにて実施される電気設備点検に伴い、
以下の日時で当治療院の電話回線が不通になります。
皆様方には不都合をお掛けいたしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
 
<電話回線不通日時>

期間:2020年3月20日(金)18:00頃~2020年3月21日(土)10:00頃まで
 
付属治療院 院長 石橋 尚久

クコ(枸杞)の実

 いつの間にか冬ももうすぐ終わりです。この寒さが過ぎれば、新しい命が芽ざす春が始まります桜

この時期には、冬の間ずっと眠っていた私たちの体を春に向けて準備させていかなければなりません。

 

東洋医学の理論を説明する「黄帝内経」には冬に健康管理ができないと春に色々な疾患にかかるという記述があります。これは、暖かくなるとエネルギーの消費量が冬より多くなるのに対し、摂取する栄養は冬とあまり変わらないため、筋肉に供給される酸素量が足りず、疲れが溜まって春の疾患を発症しやすくなるということです。

従って、その時期の旬な食べ物を充分に摂取して栄養分を確保しなければなりません。身体を外部の環境に合わせていく努力が必要です。

 

春の準備するのはそれほど難しくありませんほっとした顔まず、規則的に運動を行いながら、少しずつ運動の量を増やしていきましょう。普段なら、登山やジョギングなどの野外の活動を徐々に増やし、自然の澄んだ空気を通じて呼吸器の健康を管理することをお勧めするところですが、昨今の外出は風邪の元となるウイルス感染症等の危険性もありますので、室内で体を動かすことをお勧めします。軽い筋肉トレ-ニングもいいです。寒さで活動量が減り、自然に筋肉量も減っている可能性が高いです。従って、活動量が増える季節に備えて、筋肉と靭帯を強化し、体力も増進しなければなりません。あらかじめ筋肉を強化しておけば、春季の野外活動による負傷も予防できます。

 

漢方茶も健康管理に役立ちます。特に春に向けておすすめなのは、クコ(枸杞)の実のお茶ですぴかぴか (新しい)

クコの実は古くから薬として使用されてきました。高麗人参、ツルドクダミに並ぶ三大名薬の一つで、肝臓に脂肪が蓄積されるのを防止する代謝物質の一つであるビタミンが豊富なことで知られており、様々な方法で摂取が可能です。特別な副作用もない健康食品として有名です。

このクコの実は最近、英語圏でも‘赤いダイヤモンド’というニックネームで呼ばれ、多くの関心を集めているそうです。クコの実を選ぶときは色が赤くて、サイズが均等なものを選んだほうがいいそうです。

長期間摂取すると、気(エネルギー)が旺盛になり体が軽くなるだけではなく、腰や足などの下半身の力が強まり、老化を防ぐ効果もあるとして健康にとても良い食品として広く使われてきました。

漢方では強壮剤などとしてもよく使われ、特に肝臓にいい効果があると知られています。肝臓に脂肪の蓄積を抑制して、肝細胞の新生を促すそうです。慢性肝炎や肝硬変などの疾患において、炎症の除去にもいい効果があると言われています。

 

眼科疾患においては視力減退症状を緩和し、また、コレステロールの減少効果があるため血管をきれいにします。血液循環を助けて血圧の低下に効果があり、高血圧、高脂血などにも使われることがあります。

各種のビタミンと栄養素を十分に含んでいるクコの実を続けて摂取すると、季節の変わり目に荒れた肌に良く、肌の弾力を維持し、抗酸化作用により、シミやそばかすなどの色素沈着やシワができるのを防止してくれるため、美容に関心が高い方にもお勧めですほっとした顔ぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

その他にもだるくなった体に活力を与えて、春の眠気などの予防及び強壮効果で体力の増進、疲労の回復などに効果があります。また、集中力を高める効果、及び頭痛の緩和にも良い効果を持っているそうです。このようにクコの実は、健康にはもちろんお肌にもとってもいい効果がある食品です。

 

クコの実の食べ方は色々ありますが、ここではお茶にして飲める方法を紹介します。

まず、乾燥したクコの実30g程度を、2Lの水に入れ沸かします。沸騰し始めたら弱火にして40分くらい経った後、荒熱をとってからこのお茶を冷蔵庫に保管します。

このクコの実のお茶は肝臓と腎臓を保護し、疲労回復、免疫力の強化に良いビタミンと必須アミノ酸が多量に含まれているため、体を季節の変化に適応しやすくするためには適したお茶といえるでしょう。

 

身体は私たちが思っているよりも季節の変化に敏感に反応します。今日からでも冬の間に縮まっていた体を動かし、クコの実のお茶を飲んで元気な春を迎えられるように準備していきましょうexclamation

 

神戸東洋医療学院 付属治療院より

 

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

************************************************************************* 

夜尿症

1.症状

夜尿症とは、睡眠中に無意識に排尿をすることをいい、「5歳を過ぎて1か月に1回以上の頻度で夜間睡眠中の尿失禁を認めるものが3か月以上つづくもの」と定義されています。どの年齢においても男児が2~3倍多いです。

2.原因・機序

(1)西洋医学的原因・機序
夜尿症は親の育て方や子どもの性格の問題ではありません。夜寝ている間の尿量が膀胱に貯められる尿量より多いと、夜尿症につながります。
睡眠中に膀胱がいっぱいになっても、尿意で目を覚ますことが出来ないという覚醒障害を基礎として、膀胱の働きが未熟である(膀胱の容量が小さい、ある程度膀胱に尿が溜まると膀胱が勝手に収縮してしまう等)、夜間尿量が異常に多い等いくつかの原因が複合しておこります。
原因としては、遺伝的因子、膀胱機能の成熟の遅れ、精神的ストレス、器質的原因等です。まれに夜尿症のなかには、腎臓・膀胱・尿道・脊髄・内分泌・神経・精神などに異常のあることがありますが、その割合は夜尿症全体の1%以下です。

(2)東洋医学的原因・機序
東洋医学的に、夜尿症の発症には、排尿をつかさどる腎と膀胱の働きが直接関わります。腎気の助けを受けて、膀胱が尿を貯めておいたり排泄したりします。熱によってその機能が障害されたり、腎気が弱ってうまく機能しなかったり、肺・脾・三焦など水分代謝に関係する臓腑の不調が影響したりします。
虚弱体質や病中病後の気の不足による『腎気不足』では、尿量や排尿回数が多く、冬や寒いとき、また疲労がたまると夜尿が悪化します。足腰の力が弱い、成長・知育発達の遅れ、顔色が白い、手足の冷え、寒がりやすい等の症状を伴うことがあります。
七情内傷(度を越した感情による内臓の失調状態)、慢性疾患、暴飲暴食による『脾肺気虚』では、排尿回数は多いが尿量は少ない、疲労がたまると夜尿が悪化するといった特徴があります。また、随伴症状として、疲れやすい、身体がだるい、気力がない、呼吸が浅い、息切れ、食欲不振、便がゆるいなどがみられます。

3.鍼灸治療

(1)現代医学的鍼灸治療
小児はりは、それぞれの子どもにあった適切な刺激量で行います。子どもに「はり」と聞くとびっくりするかもしれませんが、皮膚表面をほんの数グラム~数十グラムの圧で数分程度さするだけのものや、先の丸い金属の棒を軽くあてるもの、ローラー型の美顔機のようなものでコロコロとなでることもあります。反応をみて刺激に耐えられる体質の子どもには、大人と同じ皮膚に刺入する鍼を使用することもあります。それらを使って、下腹部・腰部・仙骨部・下腿内側部に施術を行います。
小児はりをすると、自律神経が整いしあわせホルモンのオキシトシン(授乳中の母親から出ていることで有名)が分泌されることが科学的にわかっています。心地良い刺激としあわせホルモンの分泌により、ストレスや冷えで硬くなった筋肉も緩和され自然治癒力が高まります。自律神経はホルモンバランスの回復にも大きく影響しています。
夜尿症は、鍼灸施術とともに就寝前の排尿習慣をしっかりつけることも大切です。

(2)東洋医学的治療
腎気不足の場合、小児斜差の灸、命門、関元、腎兪などに小児はりやお灸をして腎気を高めます。脾肺気虚の場合、命門、足三里に加え、肺気虚であれば肺兪、脾気虚であれば脾兪を使います。上記どちらの原因においても、バランスのよい食事をとり、無理のない運動習慣をつけることや、下腹部を温めるのも有効です。
それに加え、中髎穴への鍼灸や小児はりなどを日常的にとりいれ心と身体の調整を行うことで、夜尿症の予防にもなります。