大寒

 2021年に入り、各地で雪が降るなど今年の冬は本当に寒い日が続いています。コロナウイルスによる緊急事態宣言の影響というよりは、寒くて外出を控えているという方も多いのではないでしょうか。

 暦の上では、間もなく二十四節気の大寒を迎えようとしています。一年中で最も寒い時期となり、この時期に醤油や酒、味噌などを仕込むと良いとされています。これを「寒仕込み」といいますひらめき 

 「寒仕込み」に欠かせないのが、「寒の水」です。「寒の水」とは、小寒から大寒の時期に汲んだ水のことです。この時期に汲んだ水は、一年で最も雑菌が少なく、良質な水とされ、柔らかくいつまでも腐ることなく保存できるとされていました。そのため、長期保存が必要な醤油や酒、味噌などを仕込むのに適しているとされていたようです。 

 「寒仕込み」という言葉は日本酒造りの「寒造り」が元になっているともいわれています。日本酒は、原料となる米ももちろん大事ですが、使用される水の成分にとても厳しい基準が設けられているそうです。

 酒は百薬の長ということわざがあります。それなら、たくさん飲んじゃえdouble exclamationと言いたいところですが、やはり飲みすぎは禁物です。日本酒では一日一合程度までが良いとされています。

 アルコールの代謝に最も関係するのは肝臓です。

 多岐にわたる肝臓の働きを簡単にご紹介します。

①糖・タンパク質・脂質・ビタミンや無機質・ホルモンの代謝

②脂肪の消化・吸収、脂溶性ビタミン、鉄、カルシウムなどの吸収に必要な胆汁の生成

③解毒作用(血液中の有害物質の無害化、薬物やアルコールの代謝)

④血液凝固因子の生成

⑤血液の貯蔵

⑥生体防御作用・・・などです。

 これを見ていただいてもわかるように、肝臓にとって、アルコールの代謝作用はほんの一部の働きにすぎません。なので、アルコールを飲まない人でもストレス過多、暴食、不眠など良くない生活習慣を続けていると肝臓にダメージを与えます。

 肝臓は沈黙の臓器といわれ、肝臓に障害が発生していてもなかなか症状にはあらわれません。手遅れになる前に、今一度生活習慣の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

  鍼灸は、ストレスや緊張で凝り固まった身体をほぐします。そして、身体のもつ自然治癒力を引き出すことで免疫力を向上させます。この働きが肝機能の改善につながると考えられています。生活習慣の改善に鍼灸治療を付け加えることもご一考いただければと思いますほっとした顔ぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

神戸東洋医療学院付属治療院 田中 里佳

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

  神戸東洋医療学院付属治療院

********************

1月7日は人日の節句!

新年明けましておめでとうございますexclamation

本年も皆様の健康維持、改善にお力添えできるよう職員一同努力してまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。

早速ですが、皆さん1月7日は人日(じんじつ)の節句って知っていますか?

私は1月7日は七草粥を食べる日だとしか知りませんでしたexclamation

今回は、人日の節句と七草粥について話をしたいと思います。

 

人日の節句は、1年に5回ある季節の節目の一つです。1月7日(人日)のほか、3月3日(上巳・じょうし)、5月5日(端午・たんご)、7月7日(七夕)、9月9日(重陽・ちょうよう)があります。(重陽の節句について書いた記事もありますのでそちらも是非ご覧ください。「重陽」

 

中国の古い風習で、1月1日から7日にかけて、1日は鶏の日、2日は犬の日、3日は猪の日、4日は羊の日、5日は牛の日、6日は馬の日、7日は人の日とされ、それらの日に当てはまる動物を大切にして、殺さないようにしました。そのため7日は「人」を大切にし、処罰もしないようにされたと言われています。また、人日の節句といわれたこの日に7種の野菜を入れた羹(あつもの=熱い吸い物)を食べる習慣がありましたうまい! (顔)

 

7種類の野菜を入れた熱い吸い物といえば、七草粥を思い浮かべますね。

実は、古来より日本で行われてきた「若菜摘み(わかなつみ)」という行事と中国から伝来した人日の日に7種の野菜を入れた羹(あつもの)を食べる習慣が混じり合って、七草粥を食べる習慣になったと言われています。

 

なぜ若菜を摘むのかというと、若菜はこれからどんどん大きくなるのでとても強い生命力があり、それを体内に摂り込むことによって邪気払いができるとされているからです。

さらに若菜=草は、東洋医学で用いられている五行説(※1)の木・火・土・金・水では木(※2)に当たり、春の象徴で「曲直(きょくちょく)」という本性があります。それは、地中で発芽した時から進むことが可能な限り進み続けるということです。たとえ障害物があったとしても曲がってまた進むという、生命力に溢れ成長や発展していく強い気があると言われています。

 

ぜひ皆さんも、新年厳寒には強い植物の生命力を呼び込むために、七草粥を食べて無病息災をexclamation

また食べることだけを勧めてしまいましたが、私は鍼灸師でした(笑)。

このように七草粥を食べてパワーをもらうこともできますが、鍼灸でも気を上げ皆さんの健康管理のお手伝いができますので、ぜひ鍼やお灸を受けに来てください。スタッフ一同お待ちしております。

 

 

※1:五行説・・・古代中国の自然哲学の思想で万物は、木・火・土・金・水の五種類にわけられます。

※2:木・・・木の花や葉が幹の上を覆っている立木が元となっていて、樹木の成長発育する様子を表す。春の象徴。

 

神戸東洋医療学院付属治療院 井上 博之

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

  神戸東洋医療学院付属治療院

********************

感染症予防対策、実施中

新型コロナウイルス等の感染症予防対策について

当院では安心してご来院いただくため、以下の取り組みを実施しております。

 

①従業員は出勤前に検温を行い、発熱や咳などの感冒症状がある場合は出勤を停止いたします。

②来院される方全員に、手指消毒と検温にご協力いただいております。

③来院時には必ずマスクの着用をお願いしております。

④施術中はなるべくマスクの着用にご協力をお願いしております。

⑤従業員はマスクを着用して施術・対応を行っております。

⑥施術者は施術毎に手洗い・手指消毒を行っております。

⑦施術ベッド周辺、手の触れやすい場所、ご利用いただいたスリッパは、施術毎に消毒を行っております。

⑧フェイスペーパーとディスポーザブルシーツは施術毎に交換しております。

⑨待合室や受付の手の触れやすい場所には定期的な消毒を行っております。

⑩受付カウンターには、アクリルパネルを設置しております。

⑪混雑緩和のため、予約を制限させていただく場合がございます。

 

ご理解ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

年末年始、休診のお知らせ

年末年始の当治療院は、12月27日(日)~1月3日(日)まで休診とさせていただきます。

1月4日(月)からは通常通り開院いた します。

ご迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願い致します。

 

 

神戸東洋医療学院 付属治療院

ペットボトル湯たんぽ

2020年も年の瀬に近づいてきました。

冬らしい寒さに身が縮こまりそうになりますが、私はこの季節になると湯たんぽが手放せずにいます。睡眠時はもちろんですが、ソファーでくつろいでいる時にも太ももの上やお腹にのせたりして温まっていますほっとした顔

しかし、一般的な湯たんぽはお湯の量が1リットル近く必要で大きく感じる物もあります。わざわざ購入するのを躊躇する方もいらっしゃると思います。そんな方におススメなのが、ペットボトルです。

350~500ミリリットルだと湯たんぽに比べてコンパクトで軽量です。ドリンクを購入するついでに手に入れることもできます。「ペットボトル湯たんぽ」として、すでにメディアにも取り上げられたこともありますが、私は鍼灸学校の学生だった時に恩師から教わりました。

丸い形のペットボトルに少し熱めのお湯を入れます。柔らかすぎるペットボトルだと、すぐに変形してしまうので気を付けてください。熱すぎるときにはタオルを巻きつけて使いましょう。保温性もアップします。そのままの丸い形でも良いですが、片側をへこませて半円形にすると程よいカーブが肩やお腹にフィットしやすくもなります。小さいサイズだとデスクワーク中に服の間に挟んで使うことも可能です。

ペットボトル湯たんぽの個人的に特にこの季節おススメの使い方は、仰向けで首の後ろを温める方法ですひらめき

仰向けになったときにできる首の後ろのすき間に、ペットボトル湯たんぽを入れます。丸の形のままでも良いですし、大きすぎる場合は半円形にしてカーブ側が上になるようにして使うと良いです。首枕のように頸椎をストレッチしてくれる効果もあります。

また、この首の後ろにはツボもたくさんあります。その一つが「風池(ふうち)」です。

「風」は東洋医学では外因という身体に与える外部環境(邪気)の一つです。「池」は陥凹部や溜まるところを意味します。つまりは風の邪気=風邪(ふうじゃ)が身体に侵入して溜まってしまう所になります。その文字通り、かぜに効果があるツボです。

身体がゾクゾクするような寒気を感じるようなかぜの引き始めに温めると、身体全身がポカポカしてきます。肩こりや頭痛、目の疲れにも効果的で、鍼灸治療でも良く使うツボなので、そのような症状をお持ちの方にもおススメです。

風池以外に、もう少し下に下がった肩甲骨の間には「風門(ふうもん)」というツボがあります。風邪(ふうじゃ)が出入りする所という意味で、同じくかぜの引き始めにおススメですぴかぴか (新しい)

かぜが流行りやすいこの季節。寒さが身に染みる!湯たんぽが欲しいけど手元にない!という方は、ぜひこのペットボトル湯たんぽを使ってみてください。鍼灸治療を受けに来る時間がない時のセルフメンテナンスとしてもおススメですぴかぴか (新しい)

 

神戸東洋医療学院付属治療院 池辺 由実

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

  神戸東洋医療学院付属治療院

********************