空気のような存在もやはり大きいですね

今年もあちらこちらで大雨被害の報道を聞きました台風

気象がもたらす影響は様々ですが、私たちの身体への影響も少なくありません。

私たち全員がその影響を実感するわけではありませんが、天気が崩れる時に頭痛がしたり、古傷が痛む人もいます。他にも眩暈や体の怠さを訴えるケースもあります。

このように気象の影響により起こる体の不調を『気象病』と言います。

 

今回は、この気象病に関するアレコレを取り上げます。

気温差や湿度の状態などによっても体調を崩しますが、全ては解説できませんので気圧と身体の関係に絞ってお話します。

 

さて、患者さんの中には、台風がここ神戸からはるか遠い沖縄の海上にある時から体の不調を訴える方がおられます。

それも、実は気圧が関わっていると考えられます。

 

それについて解説するために、まず気圧のことから説明いたしますひらめき

 

私たちの身の回りには常に空気が存在しますが、通常あまり感じることはありませんよね。けれど、空気は(窒素・酸素・二酸化炭素など)しっかり重さを持っています。

この空気は、その場所やその時々により密度を変えます。密度の濃い状態を高気圧、薄い状態を低気圧と呼んでいます。

 

高気圧は空気の粒が沢山詰まっている状態で、低気圧は空気の粒がまばらで少ない感じです。そして空気の粒は冷やされると凝縮し気圧は高く、逆に暖められると膨張し気圧は低くなります。

空気の粒が詰まった高気圧は、空気の粒がまばらな低気圧に向かい空気の流れを生みます。これが風の吹くメカニズムです。

台風報道でよく聞く「9百何中hPa(ヘクトパスカル))」と言っているhPaは気圧の状態を表す単位です。地上の平均気圧は1013hPaとされていますので、台風は低い気圧ということですね。

それでは何hPa以上が高気圧?逆に何hPa以下が低気圧になるかご存知ですか?その答えは、「無い」というのが正解です(笑)

驚かれるかもしれませんが、絶対的基準値はないのです。その地域のその時の平均的な気圧より、高いか低いかによって決められています。

 

空気に重さがあると前述しましたが、例えば1013hPaで1㎡あたり10tの重さがかかっています。

1㎡は小学3~4年生の体表面積の大きさに相当します。大人では2㎡ほどの体表面積になります。子どもでは1台1tの車が10台、大人では約20台のしかかっているということになります。

私たちは知らず知らずにこんな重圧に耐えているのです。

 

気圧は高所に上がれば上がるほど低くなります。高い山に登るとお菓子の袋の中の空気が膨張しパンパンになったり、飛行機やエレベーターが上昇する際、耳が痛くなったり詰まった感じがするのも鼓膜の内側の空気が膨張しているせいで、気圧の低下が関係しています。

 

ここまで気象病を理解していただくために、気圧について簡単に解説をしてきましたが、ようやく不調との関係についてですひらめき

高気圧・低気圧、それぞれから影響を受ける方がいらっしゃいますが、低気圧による不調を訴える方の比率が多いため、高気圧の影響については省略します。

 

一つ目の影響は、高い山に登った時のように、空気が薄まり高山病のような酸欠状態になることです。このことで頭がボーっとしたり、眠くなったり、倦怠感を覚えます。

二つ目の影響は、気圧が低くなることで今まで身体を押さえつけていた圧力が下がり、私たちの身体はお菓子の袋のように膨らみます。(実際にはお菓子の袋ほどパンパンにはなりませんよ!)

この時、体内の血管は膨張し偏頭痛を起こします。また、古傷の箇所が充血したようになることで痛みが出たり、体全体が浮腫んだりすることで倦怠感が現れます。耳の中のリンパの流れも滞り、眩暈を起こすとも考えられています。

人によってはこのような変化を一切感じず健やかに暮らせる方も多くおられますが、自律神経が失調しやすい方や水分代謝が良くない方が低気圧の影響を受けやすいように見受けられます。

 

そしてこのような方々の中には、実際に低気圧が自分たちの真上に来た時だけではなく、近々天気が崩れるという前に体調を崩す方が一定数おられます。これは現在自分のいる場所は高気圧の圏内だとしても、数時間後もしくは数日後に訪れる低気圧の場所(濃い空気から薄い空気の場所)へとすでに空気の移動が始まっていて、徐々に気圧が下がってきていることを体感しているからではないかと私は考えています。ご当人にとってはとても辛いことですが、なんて繊細な感覚でしょう。

 

鍼灸治療を含めた肝心な対策の解説は割愛致します。申し訳ありません。

興味のある方は、ブログページに新しく追加された検索機能を使って、自律神経や水分代謝を改善する内容の過去のコラムも探してみてくださいね。

 

よくある症状はこちらから  

 

神戸東洋医療学院付属治療院 川上 靖  

 

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

  神戸東洋医療学院付属治療院

********************

 

 

秋バテ

明日923日は、『秋分の日』ですねexclamation

 

秋分は、二十四節気でいうと16番目の節目で、昼と夜の長さがほぼ等しくなる日ですが、厳密には昼の方が少し長いそうですよexclamation

この秋分の日、毎年同じ日だと思っておられる方も多いのではないでしょうか?

私自身、決まった日だと思っていましたが、太陽が秋分点を通過する日のことを指すため、毎年秋分の日は変わるようです。2012年に116年ぶりに922日が秋分の日となり、近年では2020年も922日でした。秋分の日を決まった日だと勘違いするくらい、ほとんどの年で923日となるようですね。()

 

また、920日から彼岸入りとなりました。

彼岸入りとは、秋分の日を中日として前後3日間(併せて7日間)ある秋の彼岸の、初日のことです。ちなみに最終日を彼岸明けと言います。

 

『暑さ寒さも彼岸まで』という言葉を聞かれたことがありますか?

これは、春の彼岸の頃には寒さが和らぎ今から暖かい季節が始まる、秋の彼岸の頃には暑さが和らぎ今から寒い季節が始まるという、季節の境目で ある事を表現しています。

 

そして、この時期に意外と悩まれている方に多いのが、『夏バテ』に似た、『秋バテ』です。

聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、夏バテに似た下記のような症状がみられる方が多いです。

鈍い頭痛が続いている

身体がだるい

疲労感がとれない

やる気がでない

眩暈や耳鳴りがする

食欲がない、食事量が落ちてきた

胃がもたれる          ・・・など

 

秋バテの原因は『日中の気温差』と『夏の疲れ』と言われています。

人の身体は、気候が変化すればホメオスターシスにより、身体の機能を正常に保とうと働きます。例えば、気温が高いと体温が上がる→汗をかく→体温を下げ平熱に戻そうとする、という働きです。しかし、暑く湿気の多い夏から、激しい気温差があり乾燥しやすい秋へと変わる気候の変化に、身体もついて行くのがとても大変な時期です。

また、本来なら秋は《食欲の秋》うまい! (顔)と言われるように、胃腸のコンディションが良くなる季節ですが、食欲がない等、胃腸の弱りを感じる場合もあります。

『秋バテ』の症状がある方は、鍼灸施術を受けてみませんか?身体の状態を正常に戻すお手伝いをさせていただきます。気になる方は、是非ご相談からでも始めてみてください。

鍼治療は行ったことがなく抵抗があるなという方には、鍼を使わない新メニューの「お灸コース」もお勧めです。お灸による施術でも、鍼同様に気持ちの良い響きを味わっていただくことができます。

また、漢方薬を試してみたいけれど何が合うかわからないという方は、附属薬店でご自身に合う漢方の相談も行えます。

 

このように色々な方法がありますので、ご自身に一番合う形でお身体のメンテナンスをしていただき、穏やかな秋を過ごしていきましょうもみじぴかぴか (新しい)

 

よくある症状はこちらから  

 

神戸東洋医療学院付属治療院 石原 佳奈

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

  神戸東洋医療学院付属治療院

********************

 

 

小さいけれどすごいんだよ

このブログが掲載される頃は、二十四節気でいう「白露(はくろ)」です。

台風が多く発生する不安定な気候の時期が過ぎて、暑さは落ち着き、夜に大気が冷やされることによって、朝露が草花につく頃のことです。白露を過ぎると秋分もみじさらに体が冷えやすくなります。

気温が下がると“冷え”はもちろんですが“乾燥”も目立ってきます。

 

乾燥といえば、お肌や髪の毛も気になりますが、なんといっても今回ぜひ意識していただきたいのが「爪」ですぴかぴか (新しい)

 

「爪」は小さいですが、なくてはならない大切な体のパーツだとご存じですか?

爪は表皮の角質が変化し硬化したもので、指先に力を入れる時の支えとして重要な役割を担ってくれます。手の爪がないと細かい作業を行い辛く、物を掴みにくくなります。足の爪がないと体重を支えにくくバランスがとり辛いため、知らない間に体を余分に緊張させ、こわばらせてしまいます。

 

私はダンスの練習の際に、足指をぶつけて爪を欠けさせてしまうことがあります。爪が欠けると、いつものように足を踏ん張ることが難しくバランスがとり辛くなり、踊りにくさを感じます。

小さな小指の爪であってもそう感じるので、爪の存在はすごいもんだなぁといつも感心させられます。

 

もし、なかなか体の緊張や疲れが取れにくいなぁと感じる方や、スポーツなどでパフォーマンスを上げたいとお考えの方は、一度「爪」に意識を向けてケアしてみることも良いかもしれませんね。

 

爪は体の動きを助けてくれるだけではなく、体調を判断するヒントとなってくれるパーツでもあります。

私たち鍼灸師も、患者さんから体調を伺う際に、爪の状態から推測することがあります。爪の色が白っぽい、割れやすい、反っているような形、表面がぼこぼこしている・・・。皆さんの爪はいかがでしょうか?

 

健康な爪は艶のあるピンク色で“ 桜貝のような爪”と表現されることがあります。

では、桜貝色の爪を手に入れるには??毎日のスペシャルなケアやネイリストさんからのケアを受けることも一つの方法ですが・・・

まずはexclamation気軽に「爪の根元を揉むこと」を始めてみてくださいるんるん (音符)

 

親指から小指まで、気持ち良いなぁと思うくらいの圧力で順番に揉んでいきます。

爪の根元には自律神経に関わるツボもあるため、揉むことで体調を整えることにも繋がります。私は、毎朝通勤電車に乗ったら爪を揉むことを習慣にしています。

乾燥が気になる場合は、ハンドクリームをつけながら揉むのもお勧めです。乾燥による2枚爪やヒビ割れで悩んでいましたが、爪を揉んだおかげもあり乾燥が気にならなくなりましたexclamation

 

爪のケアを意識することで、少しでも皆さんの健やかな毎日に繋がりますように☆

 

よくある症状はこちらから  

 

神戸東洋医療学院付属治療院 北條 直

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

  神戸東洋医療学院付属治療院

********************

 

5色の食事

今年も猛暑の夏になりましたねexclamation暑さに加え、冷房による冷えや室内外の温度差、珍しい長雨による湿気で、この夏は体調を崩しやすいと感じられている方も多いのではないでしょうか。

体調管理はやはり食事が大切ですexclamation皆さん、食事はしっかりと摂れていますか?

 

 

夏は水分を多く含んだトマトやスイカ、そうめんなど口当たりが良く食べやすいものが好まれますが、その分ついつい偏りがちになってしまいます。

そこで、今回は東京オリンピック・パラリンピック2020(東京五輪)開催にちなんで、五輪の色にグループ分けした食材についてお話します。

五輪の色は、シンボルマークの青・黄・黒・緑・赤と、下地の白色を合わせた6色とされています。

緑の食材を青物と言ったりするので、今回は緑=青とし、緑(青)・黄・黒・赤・白の5色に合わせた食材と、体への役割についてご紹介します手 (パー)

 

☆緑(青)は野菜・果物☆

「豊富なビタミンで体調を整える」

旬の食材は、かぼちゃ、きゅうり、なす、トマト、ピーマン、ゴーヤ、スイカ、メロン、桃など、水分たっぷりの食材です。

栄養豊富な野菜や果物は色とりどりですが、木や蔓(つる)に生り、葉が多く茂るところから緑色をイメージしましょう。

 

☆黄は主食となる炭水化物☆

「脳や体を動かすエネルギー源」

米、餅、パン、麺類、イモ類、はちみつ、あんこなど、糖質の多い食材です。

米や麺類は加工前の玄米や小麦を、じゃがいもやサツマイモは火を通すと黄色くなることからイメージしてみましょう。

 

☆黒は鉄分☆

「血液の材料、貧血・夏バテ予防」

食材は、レバー、あさりやしじみ等の貝類、ひじき、ごま、ウナギ、ワカメなどです。

これらの黒い食材は、鉄をはじめとしたミネラル他、ビタミン類も豊富です。鉄分は汗とともに体外に出てしまい、貧血になりやすくなります。夏は特に注意して摂るようにしましょう。

 

☆赤はタンパク質☆

「筋肉や血をつくる材料」

食材は、肉類、魚類、豆類、卵類です。旬の魚はアユ、イワナ、ウナギ、キス、シマアジ、スズキなどです。

運動をする時は、赤のタンパク質と黄の筋肉のエネルギーとなる炭水化物を一緒に摂ると、効率よく体が動きます。

 

☆白はカルシウム☆

「強い骨をつくる材料」

食材は、牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品、しらす干しや田作りなどの骨ごと食べられる小魚、桜エビや干しエビなど小型の甲殻類などです。

骨を強くするにはカルシウムの摂取と合わせて、歩行などによる骨への刺激や、1日15分程度日光を浴びるように心掛けましょう晴れ

緑、黄、黒は体を調整し、赤と白は体の土台となる食材です。外食やコンビニ食でも、色と食材と役割を結びつけながら選んでみてください。一品でより多くの色が摂れるお料理を考えるのも楽しいですね。好き嫌いのあるお子さんには各色から食材を選んだりして少しでも多くの食材に触れ、色を愛でながら楽しく食事をしてもらえたらと思います。

バランス良く摂り、夏バテしない元気な体を作っていきましょう手 (グー)ダッシュ (走り出すさま)

 

よくある症状はこちらから  

 

神戸東洋医療学院付属治療院 藤岡 友子

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

  神戸東洋医療学院付属治療院

*******************

 

 

口腔環境とコロナ

新型コロナウィルス感染者数が増加傾向にあり、この先どうなっていくのか不安に感じていらっしゃる方も多いと思います。

感染予防には様々な対策方法がありますが、今回は「口腔」に関わる予防法をご紹介しますひらめき

 

まず新型コロナウィルスについて簡単に記載しておきます。

 

コロナウィルス自体は元々とても身近なウィルスです。新型コロナウィルスの発生以前までに、コロナウィルスと呼ばれるものは既に6種類ありました。その内の4種類は風邪の原因ウィルスでもあります(風邪全体の4~15%ほど)。

残り2種類の内、1つは2002~2003年に中国で流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)、もう一つはMERS(中東呼吸器症候群)の原因ウィルスです。

そして、2019年、7番目のコロナウィルスとして現在感染が拡大している新型コロナウィルスが誕生しました。なので、新型とは「7番目」という意味です。新型コロナウィルスの正式名称は「SARS-CoV-2」といい、SARSの兄弟関係にあたります。

そんな新型コロナウィルスは、ACE2受容体という所から細胞内に侵入してきます。このACE2受容体は全身にありますが、特に肺・気管・鼻腔・腸に多いとされ、これらは最も障害を受けやすい部位だといえますあせあせ (飛び散る汗)

新型コロナウィルス感染後の症状として味覚障害が有名ですが、舌の細胞にもACE2受容体があり、ここから新型コロナウィルスが細胞内に入り味覚を障害するのではという研究報告がなされています。さらに、歯周病等、口腔環境の低下によりACE2受容体が増加することも報告されています。近年、口腔環境は糖尿病や認知症など、多くの疾患と関係することが明らかになっていますが、新型コロナウィルスも同じなのですね。

 

以上のことからも、口腔環境を正常に保つことが健康管理のポイントになることが解ります。そして、口腔環境の大切さは中医学でも昔から重要視されてきました。

口腔内の養生法として「鳴云鼓(めいてんこ)」や「漱玉津(そうぎょくしん)」があります。

 

鳴云鼓は、寝る前に塩と温水を口に含み歯を拭き、歯をカチカチと百回咬む動作を行います。これにより歯が丈夫になるとされています。

漱玉津は、起床後に行います。①口をわずかに閉じ、舌尖を歯の表面に当てます。②上の歯から始め、左方向に歯の表面でゆっくり円を描くように舌を回します。③12周したのち唾液を飲み込み、次は反対方向に行います。※唾液を飲み込むときは丹田に送り込むことをできるだけ意識して行いましょう。

 

これらの方法は中医学で最も有名な養生法(養生銘:1500年程前に孫思邈(そんしばく)という中国の医家によって著されたもの)に記載されています。

現代でこそ、口腔環境と健康の関係が重要視されていますが、1500年以上も前にその重要性に気が付いていた孫思邈はすごい方ですね。

この養生銘には、現代でいうアンガーマネジメントや音楽療法に近い内容も記載されています。昔も今も健康に必要なことは変わらないのでしょうね。

「鳴云鼓」と「漱玉津」で口腔環境を強化し、さらに鍼灸で抵抗力を高め、新型コロナウィルスに感染しにくい身体を手に入れましょうexclamation

 

よくある症状はこちらから  

 

神戸東洋医療学院付属治療院 武岡 崇介

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

  神戸東洋医療学院付属治療院

*******************