夢の役割と活用方法

   最近、どんな夢を見ましたか?

夢は自分の状態を知るためのヒントとなることがあります。

そこで、今回は夢を見ている状態の脳の働きと精神医学的「夢分析」の

基本的な考えの一部をご紹介したいと思いますほっとした顔

 

 脳科学的には睡眠で夢を見ることによって、脳が記憶の整理をしていると

されています。起きている間の人間の脳には次から次へと外界からの情報が

入ってくるため、情報を整理している暇がありませんがまん顔あせあせ (飛び散る汗)

 外部からの情報量が減る睡眠中に夢を見ることによって、大脳にインプットされた、さまざまな情報が

整理できるそうです。夢を見ることにもちゃんと理由があるのですねぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

 次に精神医学的視点から捉えた夢分析の考え方についてお話します。

例えば、本人は言い間違いや良くない行動を意識的に止めようと努力しているのに、どうしてもその行動を

止められないという時があります。 その症状は、精神分析の第一人者であるフロイトによると、無意識の

力が働いていると考えました。意識による行動はほんの氷山の一角

過ぎないと考え、人間の考えや行動は、意識をはるかにしのぐ巨大な

「無意識」という領域に支配されていると唱えました。

意識的にとったつもりの行動さえ、この無意識の影響を受けている、と

主張しています。この無意識を知るための唯一の手段としては夢を

分析するしかないと考え、フロイトは「夢分析」を書きました本鉛筆

そして無意識の記憶を言葉にすることで、先述の症状が改善するという治療法を発明したのですひらめき

 

また心理学者のユングによると、夢は記憶や願望といった「個人的無意識」と、自分でも気づいていない

「集合的無意識」のイメージが組み合わさって出来ていると言っています。

 ここで個人的無意識と集合的無意識について簡単に説明します。

 「個人的無意識」とは、自分自身が受け入れがたい不愉快な記憶

や気持ちなどを抑え込んだり、忘れたりして、無意識の奥深くに

閉じ込めたものです。

 「集合的無意識」とは、すべての人が普遍的に感じていることと

ユングが作った用語です。民族や国家、人種を超えた全人類に

共通して存在する無意識とされています。


集合的無意識という考えが私はとても好きですわーい (嬉しい顔)ぴかぴか (新しい)例えば、ある映像や音楽を体感したみんなが、

懐かしい・心地よいと感じることは集合的無意識の働きによるものです。

 

夢分析を通じて、意識していなかった自分自身の願望や心の傷に気づく事があります目ぴかぴか (新しい) ユングは

夢の「テーマ」が少しずつ進行していく様子を見守ることが大切だと言います。たかが夢、されど夢。

無意識からの声との対話を繰り返していくうちに、心の内面は少しずつ変化していくからですほっとした顔 

自分が無意識に物事を捉え感じている事を、夢を通じて知ることは、自分が置かれている環境を自己分析

しやすくなる一つの手段になると思いますウィンクexclamation

 

次回は中医学的な「夢の話」になります。どうぞ、お楽しみにしていてくださいね。

 

神戸東洋医療学院 付属治療院 錦谷 朋子

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

*************************************************************************

春はあけぼの

清少納言の枕草子。

 春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際、少し明かり、紫だちたる雲の細く

たなびきたる。夏は夜。……… と続きます。春はあけぼの。を現代語訳す

ると、『春は夜がほのぼのと明けようとする頃(が良い)。

(日が昇るにつれて)だんだんと白んでいく、山際の辺りがいくらか明るく

なって、紫がかっている雲が横に長く引いている様子(が良い)。』 となります。

まさしく東洋医学的に考えても、春は代謝が低下している冬から、身体が目覚めて動き出す季節です。

体内では秋から冬の間に溜め込んだ栄養が雪解けのようにじわじわと流れ出てきますほっとした顔ぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

 冬に溜め込んだ栄養は身体に良いものばかりではありませんねexclamation

寒い冬には、栄養価の高い身体を温める塩気のものや黒い食べ物などを食べるのがいいですうまい! (顔)

しかし、現代社会ではクリスマスやお正月などのイベントで血液をドロドロにしてしまうようなものを過食して

しまいがちですがまん顔あせあせ (飛び散る汗)寒い冬は代謝が低下しており体調が変わりにくいのに、さらに追い討ちをかけるように

白砂糖、チョコレート、キンキンに冷えたビール、アイスクリームなど、身体を芯から冷やしてしまうものを

食べ過ぎて春を迎えてしまいます。 

 

 東洋医学では、春夏秋冬それぞれに働きが高まる臓腑が

決まっています。春は肝の季節です。簡単に言うと肝臓に負担のかかる季節です。肝臓に栄養を与える関係

であるのは冬の腎です。ですが腎が上記のような冷えと不養生によって弱っていると春に肝臓はパワーの

少ない状態でのスタートとなりますがまん顔あせあせ (飛び散る汗) 東洋医学での肝の仕事は『疏泄(そせつ)』といい、全身の気や血、

リンパ液の運行、血流量の調節、胆汁の生成などを行います。西洋医学的な肝臓の働きは、糖やたんぱく

質、脂質の代謝・解毒などです。

 

冬に溜め込んだ栄養と老廃物は肝の働きによって通常はサラサラの血液になり全身にめぐるのですが、

不養生によって解毒機能の低下した肝臓ではドロドロの血液を全身に巡らせてしまいます。

分解しきれなかった老廃物は蕁麻疹(じんましん)や湿疹、アトピーの原因となります。花粉がピークを

迎えているこの季節は、粘膜についた花粉を流すために血流をよくしようとするのですが、ドロドロの

血液ではサラサラの血液に比べて流れが悪いのでもっと流れをよくするために血管は広がろうとし、

アレルギー症状を引き起こすヒスタミンなどが分泌され、くしゃみ、鼻水、目の痒みなどの症状が

出るのです。

また、オーバーヒートぎみの肝は頑張りすぎて熱をもつこともあります。

そうなると肝の上にある肺に熱がいき、咳がでたり、頭に熱が上りすぎて怒りやすくなったりします危険・警告 (!)

 

 大切なのは肝・肝臓の疏泄・解毒機能を上げることです。 血液をサラサラにする抗酸化作用の

あるものや旬の山菜などを食べて肝・肝臓の働きを助けてあげることです指でOK

  鍼灸で肝の代謝を助けてあげることによって疏泄、解毒の機能が高まり血液の質を改善させ、

漢方薬を併用することでその効果はいっそう高まります。冬の不養生や体調不良によって花粉症や

アレルギーが悪化していても局所治療により一時的に症状をおさえることもできます。 

食べたものや過ごし方で次の季節の体調が決まるとなるとこれからは梅雨や夏のことも意識した過ごし方が

必要ですねexclamation 最高の夏を迎える為に東洋医学の知恵をご活用下さいぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい) 

 

 

神戸東洋医療学院付属治療院 岡田 泰彰  

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

*************************************************************************

    

治療費改定のご案内

【治療費改定のご案内】
 
2019年4月1日より、下記のとおり一部の治療費を改定(値上)させていただくこととなりました。
 
ご利用いただいております皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが、
何卒ご理解・ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
 
◆改定内容 
  一般施術料金:指名なし・当日予約 50分、3,000円
                         →50分、4,000円
 
  初診料金:院長・副院長ご指名の場合、3,000円
        →院長(石橋)・分院長(川上)をご指名の場合、2,000円
 
  指名料金:院長・副院長ご指名の場合、1,000円
        →院長(石橋)・分院長(川上)をご指名の場合、3,000円 
 
 
  ※上記以外の料金は従来通りです。
  ※価格はすべて税込みです。
  ※ご不明な点や詳細につきましては、スタッフまでお問い合わせください。
 
  https://k-toyoiryo-c.com/first.html#pagelink05

マインドフルネス

    3月に入り気温も上がり、ようやく春らしくなってきました桜

春といえば年度末の忙しさに続き、4月から新生活が始まる方や、

環境が変わる方も多いのではないでしょうか。

そんな中、「休んでも疲れが取れない」とか「何にも集中できない」と

悩まれている方も多いと思います。実はその原因は「脳」にあるかも

しれませんふらふらexclamation

 

 脳が疲れると、体調不良やメンタル不調が引き起こされます。「じゃあ休めばいいのでは」と思うかもしれま

せんが、肉体疲労と脳の疲労は別物なので、身体を休ませても脳の疲労はどんどん蓄積されますあせあせ (飛び散る汗)

何も考えていなくても脳はアイドリングをしている状態で、常にエネルギーを消費

しています。その割合は脳の全消費量の5080%とも言われています。

 つまり、ボーっと過ごしていても、高級スパに通っても脳はどんどん疲労して

しまうのです。これに加えて、現代人は仕事や対人関係、スマートフォンやパソ

コンの長時間使用など、脳を疲れさせることばかりしていますがく〜 (落胆した顔)

 

 そんな中、最近注目されているのはマインドフルネスですほっとした顔ぴかぴか (新しい)マインドフルネスとは「瞑想などを通じた脳の

休息法の総称」です。GoogleFacebookのような大企業でも導入されていて、「脳を休ませる方法」として

脳科学的にも効果の裏づけが進んでいます。ここでは、一番基本的な方法をご紹介します。

 

<マインドフルネス呼吸法>

①基本姿勢をとる。

 ・椅子に座る場合は背筋を軽く伸ばし、背もたれから離す。寝る場合は仰向けで行う。

 ・目は閉じる。

②身体の感覚に意識を向ける。

 ・接触の感覚を意識する(足の裏と床、お尻と椅子、背中と地面など)。

 ・重力(身体が地球に引っ張られている)の感覚。

③呼吸に意識を向ける。

 ・身体に空気が入る感覚、お腹の上下、呼吸の切れ目など。

 ・自然な呼吸を行う(深呼吸や呼吸のコントロールは不用)。

④雑念が浮かんだら

 ・呼吸に意識を戻す。

 ・雑念は生じることが自然なので焦らない。

 

寝る前や休憩時間、電車の中など、空いた時間にスマホをちょっと手放し

て行ってみましょう指でOK

最後に、鍼灸師としてこのマインドフルネスをぜひ行って欲しいタイミング

は、ズバリ「置鍼(1)中」です。鍼治療の効果+マインドフルネスで、最高の

パフォーマンスができる状態で新生活をスタートしましょうexclamation

 

 

1 置鍼(ちしん)・・・鍼を刺したあと、すぐに抜かずに数分間そのまま置いておく治療法

 

神戸東洋医療学院 付属治療院 武岡 崇介

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

*************************************************************************

 

春は肝の季節 

みなさん、こんにちは。寒い冬も徐々に和らいできましたが、

体調はいかがでしょうか?季節は冬から春に向けて移り変わろうと

していますね桜春は活発に活動を始める季節です。

 暦の上では、「立春」(2月上旬)から「立夏」(5月上旬)までが

春となっています。現在では、3月から5月末頃のことを指します。

芽が出て花が咲き、虫たちも活発に動き始めますぴかぴか (新しい)

 

 寒さが和らぎ、動植物が目覚め始めるように、私たちも身体的・精神的に目覚め始めますが、不安定な

状態になりやすい時期といわれています。特に、自律神経系は影響を受けやすいですがく〜 (落胆した顔)あせあせ (飛び散る汗)

また、近頃は花粉によるアレルギー症状に

悩まされる方も多くなっています。去年まで

花粉症ではなかった方もストレスや体力の

低下などから突然発症することもありますので、

身体的疲労はもちろん精神面でもストレスを

溜めないように気をつけましょうexclamation

 

 東洋医学では、春は『肝』の気が高ぶりやすい季節なので、『肝』を補養することが大切と言われています。

 東洋医学でいう『肝』の働きは、西洋医学でいう肝臓の働きと全く同じというわけではなく、肝臓の本来の

働きである血液の貯蔵・分配・解毒などのほかに、目や筋肉、情緒のコントロール機能などまで広範囲に

わたっています。『肝』の気は上昇する性質をもっていますが、春の陽気に刺激されて肝気がのぼり過ぎる

ことがあります。それが、目の充血や頭痛・イライラ・不眠症・情緒不安定・血圧が上がるなどの症状に

なるのです危険・警告 (!)

 ここで注意していただきたいのは、甘みの強い菓子や甘いジュースなど、糖分の高い食べ物を摂り過ぎ

ない事です。甘みの強い食物は一時的に満足感が得られますが、血糖値の乱高下と低血糖状態を招き

やすく、結果としてイライラや慢性的な倦怠感、栄養の偏りを助長しかねません。

 また、肝はホルモンバランスと関係が深いので女性の生理不順が起こりやすいのも、この季節です。

そのようなときには、酸味がある食物や、春が旬のセロリやせり・あさり・はまぐり・帆立貝など、肝の働きを

調節してくれる作用がある食物を摂るとよいでしょううまい! (顔)

 

ぴかぴか (新しい)そんな春を快適に過ごすためにぴかぴか (新しい)

・適度に運動をして、ストレスを溜めないようにしましょう。

・寝る前に好きな香り、好きな音楽、好きな本などで精神状態をリラックスさせましょう。

・早寝・早起きを心がけましょう。朝の散歩もおすすめです。

・呼吸法を意識して、天地の間の陽気を胸いっぱいに吸い込みましょう。

・旬の野菜や山菜をたっぷり摂って、血液を浄化しましょう。

 

ぴかぴか (新しい)オススメ運動法ぴかぴか (新しい)

  • 呼吸法

①お尻をキュッと締めるように意識します。

②鼻からゆっくり息を吸い込みます。

③もう一度、お尻を締めるように意識して、口からゆっくり吐き出します。

気持ちを落ち着かせ、身体のバランスを調整する働きがあります。

20回ほど繰り返すと、ストレスを発散しやすくなります指でOKぴかぴか (新しい)

 

 季節ごとの対処法は様々ありますが、鍼灸治療を組み合わせることでさらに効果を高めたり、持続させたり

することができます。鍼灸治療で体を内側から整えて快適に新生活を向かえましょうわーい (嬉しい顔)

 

神戸東洋医療学院 付属治療院 髙木 健之

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

*************************************************************************