風邪に隠れる鬼退治

  皆様こんにちは、神戸東洋医療学院の谷口です。いかがお過ごしでしょうか。

最近、厳しかった暑さがやっと和らいだ反面、少し気温が下がったことにより逆に体調を崩される方をよくお見掛けしますがく〜 (落胆した顔)特に朝晩は結構気温が下がってきておりますので、就寝時に体を冷やさないよう、ぜひお気をつけください。 

 

 実は現在、通常の風邪のみならず地域によってはこの時期には珍しくインフルエンザが流行しております。ご存じでしたでしょうか。私の甥が通う京都の学校もつい先日、インフルエンザによりまさかの学級閉鎖となっておりましたし、私の知り合いでも不覚にもインフルエンザにかかってしまった方が数人いらっしゃいましたあせあせ (飛び散る汗)

 今の状況について内科の先生に伺ってみたところ「ここまで夏のインフルエンザが蔓延することは過去には例がなかったが、環境の変化で今後は増えるかもしれない」とおっしゃっていました。

  

 夏のインフルエンザが流行した理由はいくつか考えられるようです。そもそも昨年冬から今年の春にかけてのインフルエンザは従来と異なり、A型に2度感染したり、A型とB型の両方に感染したりする方も多く、今までにないくらいの大流行をみました。さらに症状にも変化があり、発熱等はまったくなく嘔吐のみを訴える患者さんも多かったようです。

 

 従来では風邪だろうと流されるような症状でも、そこにインフルエンザが根強く隠れており、そのおかげで5月~6月頃まではまだインフルエンザの患者さんがちらほら残っている状態でした。

 それに加え、今年のようにスギ花粉が多く飛散した年は鼻の粘膜が強く傷つけられてしまい、それがよりインフルエンザに感染しやすい状態を作ってしまいます。また夏の厳しい暑さ、急な冷え込み、など寒暖の激しい時期を経ることにより、皆様の免疫力も下がり、今年の夏のインフルエンザ流行を作り出したのではと言われています。 

 

 インフルエンザや風邪が蔓延する12月~3月頃に比べ、この時期はどうしても警戒心も薄れますので、防御力が弱くなってしまいます。実は私もかなり油断してしまっております…。この時期は大丈夫だろうと思わず、しっかり手洗いやうがいを行い、日ごろから予防を心がけることが大切です。皆様、気をつけましょうね。特に人混みは要注意です危険・警告 (!) 

 

 東洋医学的には、特に生命力の源と言われている「腎(じん)」の機能の低下が、免疫力の低下に深く関わっていると考えられています。「腎」へエネルギーを蓄えるためには、体を冷やさないこと、質の良い睡眠を心がけることが大切です。

 

 鍼灸治療でもこの「腎」の機能を正しい状態に戻し、体の免疫力を上げる作用を促すことや、自律神経を整えることにより免疫力を上げることができます。ぜひ、三宮の神戸東洋医療学院付属治療院にお越しください。我々が皆様のお体を健やかに保つお手伝いをさせて頂きます。

これからの寒い季節を一緒に楽しく乗り切りましょうexclamation

 

神戸東洋医療学院 付属治療院 谷口龍祐

 

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

*************************************************************************

手の効果

 みなさん、突然ですが、最近ハグしましたか?

9月に入り、秋の気配が漂い始め、なんだか心さびしく・・・なったからお尋ねしているわけではありません(^^;

 

 例えば、泣いている子供を抱きしめたり、落ち込んでいる友達がいると背中をさすったり、お腹が痛いと言われるとお腹をさすったりします。桜美林大学の山口創先生によると、この普段何気なくおこなっている「手で触れる」という行為には心身を癒す効果があるそうですほっとした顔ぴかぴか (新しい) 

 

 手は第二の脳と言われ、脳のシステムの中で手が占める割合はかなり多いとされています。また、皮膚には触覚の受容器がとても多く、触れられた感覚や温度感覚など数多くの情報をキャッチし、それが脳に送られます。そしてそれが心身に影響を与えるのです。

 

  しかし、やみくもに触っても癒される場合と癒されない場合があります。この「手で触れる」という行為には気持ちよさを感じる法則があるそうです。

 第一は素材の物理的な性質です。例えば、ざらざらとした布より、すべすべとした布を触るほうが気持ちよく感じます。これは、皮膚に傷をつける恐れがあるものは、脳の防衛反応により不快なものとして認識されるからです。

 第二は、触れるスピードです。山口先生の研究では、1秒間に5cmのスピードで触れるともっとも副交感神経の働きが高まりリラックスでき、1秒間に20cmのスピードで触れると交感神経の働きが高まるそうです。 

 

 ではなぜ1秒間に5cmなのでしょうか・・・?

それはこの速度の時に最も興奮し、それ以上でもそれ以下でも興奮しない神経線維があるからです。この神経線維をうまく働かせることがなどで癒し効果が得られるポイントとなるようです。

 

 私たち鍼灸師は一日に何人かの身体に手で触れ、痛みを発生させる場所を特定したり、他とは違う皮膚の感覚を探したりします。マッサージとは異なりますが、この「触診」により見つけたポイントに鍼や灸をすることで局所の血流を改善させ痛みを和らげます。また身体全体の血流を改善することは自身の持つ自然治癒力を高めることにもつながります。 

 

 心と身体はつながっています。心の不調は脳へと伝達され身体に影響を及ぼします。またその逆も起こります。

 心身ともに健康でいられるよう、マッサージや鍼灸を活用していただければと思いますぴかぴか (新しい)

 

 

 

 

 ※参考文献:「手の治癒力」山口創

 

 神戸東洋医療学院 付属治療院 田中 里佳

 

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

*************************************************************************

ニンニクを食べましょう!

先日、中国に行った際、改めて中華料理のニンニク使用量の多さに驚きました。

健康食品として日本人にもなじみが深いニンニクですが、臭いが残るからと何かと嫌厭されがちです。これが非常にもったいないexclamation

 

ニンニクの臭いこそ健康効果に大きく関わっているのです。

ニンニクの臭いの成分は「アリシン」と言います。アリシンは強力な抗菌・殺菌効果があり、虫や動物によって傷つけられたり、カビや細菌に侵されたりすると、対抗策として「アリシン」を生成・放出します。ニンニクを料理で使うときは、みじん切りにしたり、すり潰したりすることで、アリシンが大量に産生されます。それがあの強烈な臭いとピリピリする刺激を生み出します。

アリシンは非常に反応性が高く、酷ければ炎症を起こすのですが、ニンニクを茹でたり油で炒めたりすれば、アリシンが結合して安定した硫黄化合物「スルフィド類」という物質になります。ニンニクの健康効果である血液サラサラ作用や、スタミナ作用、降圧作用、抗がん作用などはこのスルフィド類の力によるものです。

 

 そんな素晴らしい機能を持つスルフィド類を増やそうと思ったら、まず臭い成分であるアリシンをたくさん作らなければいけません。そのためにニンニクをみじん切りにしたり、すり下ろしたりするのですね。アリシンが結合してスルフィド類になるには2つの条件があります。

1つ目は「熱」。温度を上げればアリシンが結合しやすくなります。そして2つ目は「油」。油の中だとアリシンが結合しやすくなります。中華料理でニンニクを使った料理に油を使うのは、とても理にかなっています指でOKぴかぴか (新しい)

何かと刺激が強いアリシンですが、実は刺激のない「アリイン」という成分が酵素の力でアリシンに変化してできます。健康効果だけでみれば刺激のないアリインのまま摂取しても体の中でスルフィド類になるので同じ健康効果が得られます。

 

「じゃあアリインのまま摂取すればいいのでは?」と思うかもしれませんが、そこは気を付けなければいけないポイントです。アリインのまま摂取した場合、翌日や翌々日に臭いが残りやすくなります危険・警告 (!)

摂取前にスルフィド類に変化したものであれば3時間くらいで体外に排出されますが(次の日の臭いを気にしなくてもいいですね)、アリインが体の中でスルフィド類になったものは体外に排出されるには10時間以上かかるのです。なので、好きだけど臭いが気になって中々食べられない方は、ぜひ加熱してスルフィド類に変化させてから食べるようにしてください。

 

ニンニクは手軽に摂取できる「おいしい食材」でありながら、かつ「薬」のようにも利用できる素晴らしい食材です。

加熱をうまく利用し、強烈で独特な臭いをスムーズに排出でるようにして、ぜひニンニクの効果を思う存分利用してみてくださほっとした顔

鍼灸とニンニクパワーで残暑も元気良く過ごしましょうexclamation

 

  

神戸東洋医療学院 付属治療院 武岡 崇介

 

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

*************************************************************************

自己流は危険

  日頃から自身の体に気を付けている方は年々増えてきています。

同時に「これを食べたら痩せる」や、「〇〇は健康にいい」「デトックス効果のある〇〇」など、世の中には様々

な情報が溢れかえっていることも事実です。一部の健康法、治療法、健康食品などでは科学的な根拠がなく

世間から消えてしまうものも少なくありません。悩んでいる人が多いほど、間違った情報に左右されるケース

が後を絶ちません。

 治療やセルフケアの代表である“マッサージ”や“ストレッチ”にも意外と知られていない事がたくさんありま

す。皆さんは間違ったやり方でマッサージやストレッチを行い、逆効果になっていませんか?

 

《ストレッチ編》

・柔軟性は高いほどいい?

⇒確かに体が柔らかい事は良い事です。しかし柔軟性が高い=関節可

動域が大きいという事になり、それを動かすためには大きな力が必要で

す。つまり大きな力(筋力)が伴わず柔軟性が先行してしまうとかえってケ

ガにつながります。脱臼などで関節がルーズになると治療に時間がか

かってしまいます。

 

・サウナの中で伸ばすのは気持ちいい?

⇒サウナで汗をかいてストレッチは気持ちいいですよね。しかし、サウナで汗をかくと血液中の水分が減り、

粘度を増し、血流が悪くなります。さらにストレッチを行うことにより一気に血流を良くしようと体は頑張ってし

まった結果、血圧が上がってしまいます。サウナ中は絶対にやめてくださいね。ストレッチはサウナ後に水分

補給をした後でexclamation

 

《マッサージ編》

・デスクワークの疲れはその日に揉みほぐす?

⇒デスクワークの疲れは筋肉が使われず硬くなり、血液の循環が悪くなっ

ていることで起きます。マッサージの効果も十分得られますが、こういった

場合は運動をすることです。筋肉を積極的に動かすことで血液の循環を改

善し、翌日もスッキリ働く事ができますぴかぴか (新しい)近くの公園でウォーキングでも効

的ですわーい (嬉しい顔)

 

・痛くないのは効いていない証拠?

⇒施術に対して「痛み」を効き目のバロメーターにしている人がい

ます。本来、痛みは体が正常でない状態を知らせるサインとして起

きます。こういったサインにより体は臨戦態勢をとり、筋肉を緊張状

態にし、収縮を促進します。この状態では効果的に筋肉をほぐすこ

とができません。また、痛い施術を繰り返すことで感覚が鈍化し、

強い刺激がないと満足できなくなってしまいます。これは「もっと強

く」の悪循環となるので要注意です危険・警告 (!)

 

 ほんの一例ですが、ストレッチやマッサージにもタブーは存在します。せっかくのケアがかえって悪い方向

に効果が向いてしまうことは残念なことです。普段から施術を受けている方もそうではない方も鍼灸治療は

ういった日常のケアも同時にお伝えしております。

 治療+セルフケアでさらに良い状態で体を維持しましょう指でOKぴかぴか (新しい)

 

 神戸東洋医療学院 付属治療院 髙木 健之

 

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

*************************************************************************

夏季休暇のお知らせ

8/11(日)~8/15(木)は、夏季休暇のため休診とさせていただきます。
8/16(金)からは通常通り開院いたします。
 
なお、附属薬店は、8/19(月)より営業いたします。
 
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
 
 

                    神戸東洋医療学院 付属治療院