カンキしていますか?

今年は年始より新型コロナウイルスの多大な影響を受け、まだしばらくの間はこの困難に耐えなければなりません。神戸でも1995年から阪神淡路大震災で犠牲になられた方々への鎮魂と復興をテーマに行われてきた神戸ルミナリエが、当初の計画通りには行えないこととなりました。関係者のご助力により過去の映像の配信や、規模を縮小し東遊園地に限りイルミネーションの照灯が行われますぴかぴか (新しい)    

私たちは例年とは違う12月を迎えています。大勢での忘年会やにぎやかなクリスマスパーティーはなかなか難しくなっています。しかし私がより例年と違うと感じているのは、すでに日本で年中行事と化している年末の第九の演奏です。一万人の第九を筆頭に年末には日本中のプロ・アマ問わずオーケストラ、合唱団がベートーベン作曲交響曲第九番を演奏します。さらに今年はベートーベン生誕250年、ベートーベンイヤーとしていつもにもまして盛大に第九が奏でられたはずでした。そのはずが規模の縮小や中止といった残念な状況となっています。このような困難な状況はまるでベートーベンの人生そのものを想起させます。

ということで、今回はベートーベンと彼の作曲した第九について少しお話しますひらめき

 

ベートーベンは宮廷声楽家の父親と宮廷料理人の母親の長男として1770年12月ドイツに生まれました。父親ヨハンはベートーベンにピアノを教えましたが、その指導はあまりに苛烈でエゴに満ちたものだったようです。アルコール依存症であったヨハンは、酔ってはベートーベンや妻に暴力を振るい、機嫌よく酔っ払った時には夜中にベートーベンを起こし、ヨハンと一緒に酔っている友達の前でピアノを弾かせることもありました。そして自分が才能あるピアノ奏者のベートーベンの創造物であると威張っていました。そんな父親にベートーベンは11歳で学校を辞めさせられています。酒に溺れ宮廷声楽家を失職した父親に代わって、ベートーベンは病気がちな母親、幼い兄弟たちの生活のため働かねばなりませんでした。

親からは十分な愛情を与えられず経済的にも不安定な生い立ちを、今や楽聖(がくせい)とも呼ばれるベートーベンは過ごしました。父親の暴力の被害者でもあった母親はベートーベンに十分な愛情を与えることはできず、しかも結核で臥せっていたため、反対にベートーベンが面倒を見なくてはいけませんでした。父親は何度も泥酔し警察に捕まり、そんな父親を警察まで迎えに行くのもベートーベンの役目でした。

そんな両親と死別し、29歳の時にヨゼフィーネという貴族の娘と出会い、その後二人は強く惹かれあうようになりました。深く敬愛しあうようになる二人ですが、ヨゼフィーネの両親たちは自分たちと身分が釣り合わないベートーベンとの将来に反対します。初めはそんな両親の意見には耳を傾けなかったヨゼフィーネですが、次第に家族の説得や脅しの結果、彼の元を去っていきます。

失意に落ちたベートーベンはやがて酒に溺れるようになっていきます。そんな失意の中から何年もの時間をかけ友達がベートーベンを引き上げてくれます。しかしこのころから彼の肝臓は飲酒により蝕まれ始めます。

ベートーベンの人生は病との闘いと言ってもよいかもしれません。20代半ばからひどい耳鳴りに悩まされ次第に難聴となり、48歳ごろには完全に聴力を失います。また、32歳のときにはひどいうつ状態になっています。その時には自殺まで計画し遺書を書いています。現在でいうと心身症と診断を受けるような傾向が現れています。このような心と体の不調を抱えながら、ましてや音楽家に必須な聴力を失う苦難に見舞われながらも彼を再生させたのは、彼の友達と彼自身の音楽への愛情に他なりません。そんな彼の不屈の生命力、そして他の存在への深い愛情が、素晴らしい音楽を生み出したといえますぴかぴか (新しい)

 

彼が残した作品の中でも交響曲第九番は彼の集大成ともいえる作品です。彼が生きた時代においてタブー視されていた分け隔てない愛を声高々に歌い上げる合唱を、オーケストラが奏でる交響曲と史上初めて融合させました。この第九の作曲を行っているころに、養子にし愛していた甥が自殺を計り疎遠となってしまう大きな出来事も起こっています。そのような失意の中から、さらには完全に聴力を失った状態でこれだけの大編成のオーケストラによる交響曲を作曲するなど、彼以外には成しえなかったといえます。ベートーベンは56歳で肺炎のためウイーンでその生涯を閉じました。世界に対して己が持つ全てを与えたベートーベンですが、彼の葬儀には2万人もの市民が参列したといわれています。

 

ところで、そんな第九が初めて日本で演奏されたのは1918年、第一次世界大戦で台湾の青島(ちんたお)を守備していたドイツ兵が捕虜として徳島県鳴門に連れてこられたことがきっかけのようです。この時のドイツ兵捕虜収容所の所長であった松江陸軍大佐は、ドイツ兵を人道的に受け入れたことで知られています。また地元の人々も元来お遍路さんを手厚くもてなす風習を持っており、捕虜であったドイツ兵をも温かく迎えたのです。

 

そんな交流の中でドイツ兵による第九の演奏会が行われたのが日本初演となります。千人ほどの捕虜の中で、よくもこれだけ難解な第九の演奏ができたものだと奇跡的な運命を感じます。第九の演奏が年末に定着したのは第二次世界大戦後です。現在の東京藝術大学で学徒出陣の壮行のため演奏され、やがて終戦となり今度は生きて帰れなかった学生のために1947年12月30日に再び第九が演奏されたのです。それが毎年行われるようになり、全国に年末の第九が広まったといわれています。

 

ベートーベンと第九について話をしてきましたが、この記事ではやはり足りませんでした。ベートーベンの生きた時代はカトリック教会や貴族の影響力は絶大で、科学的な知識を持ち教会の教義や貴族の支援に背を向けた彼は異端であり、先を見据えた偉人でした。

新型コロナウイルスのまん延により、社会は今までの方式や価値観が大きく揺さぶられています。人の肉体的接触が遠ざけられるだけでなく、ウイルスに対する恐怖のためか、感染者やその治療にあたる医療従事者などへの誹謗中傷にもみられるように、心と心の隔たりも表面化してきているように感じます。そんな今だからこそ、他人への愛がめいっぱい込められた音楽が私たちにはより必要だと思います。

 

すいません、今回は鍼灸施術に関わることはどこにも出てきませんでしたが、この年の瀬は素晴らしい音楽に触れ、心身の癒しを受けてください。では換気を行った部屋で歓喜の歌を聴きながら筆をおくこととします。

 

神戸東洋医療学院付属治療院  川上 靖

 

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

  神戸東洋医療学院付属治療院

********************

免疫力(正気)を高めよう

2020年、あっという間に世界中に広まった新型コロナウイルス。有効とされるワクチンはまだなく、日々感染の不安を感じて生活している人は少なくありません。ワクチンや有効な治療法が確立されるまでの間、私達は自らの免疫でコロナを予防する必要があるのです。

「正気存内(せいきぞんない)、邪不可干(じゃふかかん)」。

これは、中国医学の古典『黄帝内経』のとても有名な言葉で「“正気”が体内に充満していれば、“邪気(じゃき)”が干渉(侵入・影響)することはできない」という意味です。正気とは邪気に対抗する抵抗力・自然環境に適応する能力・健康を促進する力です。いわゆる免疫力のことです。

邪気とは病気をもたらす気ですひらめき

外からやってくる邪気は外邪(六淫)といい、風・寒・暑・湿・燥・火(熱)の6種類あります。

しかし、邪気は身体の外からやってくるだけではなく、体内にも発生します。これを内邪といい、七情と呼ばれる怒・喜・思・憂・悲・恐・驚の7種類が関係します。七情とは外界事物に対する情緒反応(感情)のことであり、通常は発病因子になりません。しかし突然強い精神的な刺激を受けたり生理的に調節し得る許容範囲を超えたら、邪気を発生させる発病因子となり、病気をもたらします。

邪気は正気を攻撃し、正気は邪気に対し抵抗するように、お互い対立の関係にあります。しかし、正気が健康で活発であれば十分邪気に対抗できるので、病気にかかりにくいか、もしくはかかっても軽症で済むのです。

このように、私達が細菌、ウイルス、外邪(六淫)、内邪(七情)と戦うには十分な正気が要ります。

では、正気を養うためにはどうすればいいでしょう目

 

「食べることは体をつくること」

日常生活の中で最も見直しやすいのが食生活です。バランスのとれた食事を心がけることが重要です。飲食物から得られた栄養が、自然治癒能力を支える力となります。暴飲暴食を避けて食物繊維を多く含む食材を摂るようにしましよう。

 

「早寝早起きは健康のもと」

睡眠は体や脳を休めて疲れをとり、成長ホルモンを分泌して細胞の修復や再生を図るために大切です。質の良い睡眠を心掛け、正気を蓄えましょう。

 

「ストレス発散」

ストレスが溜まると感染症への抵抗力も弱まると言われています。音楽を聴いたり、歌を歌ったり、ペットと遊んだり、好きなことや楽しいことをして過ごし、ストレスを解消しましょう。

また、体を動かすことで血液のめぐりを促進させることができます。汗を軽くかく程度の適度な運動をするようにしましょう自転車

 

「情緒の安定を保つこと」   

私達は日常生活で気を遣わなければならないことが非常に多く、過度な感情の浮沈みは病気の原因になる場合があります。例えば次のような経験をしたことはありませんか。

「怒って気が逆上する」、「びっくりして気が動転する」、「思い悩んで気が塞ぐ」、「悲しくて意気が消沈する」

東洋医学では邪気の原因を取り除く術として、「何事にも執着せず心静かであれば、気は自ら巡り、病は自然と癒えていくだろう」と教えています。平常心をもって心身のリズムを整え、穏やかに過ごすことは大切なことです。

ウイルス時代を生きている私達にできることは、自分の体を守ることです。正気がたっぷりな体を作って邪気と戦いましょうexclamation

 

神戸東洋医療学院付属治療院より

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

  神戸東洋医療学院付属治療院

********************

入浴で免疫力アップ

 日ごとに寒さを感じるようになってきましたね。

 117日は秋から冬へと移り変わり始める「立冬」です。寒くなってくると風邪やインフルエンザが流行り始めるので、今年はいつも以上に早めの対策をおすすめします手 (パー)ぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

  風邪やウイルスから体を守るためには体温を上げ、体の免疫力(防衛力)を上げておくと良いと言われています。そこで、日頃の習慣「入浴」で体温を上げて免疫力を高めてみましょうexclamation

 

 みなさん、お風呂には浸かっていますか?

 お風呂に入って体をしっかり温めると血管が広がり、血液が体内を巡ることで体温が上がります。効果的な入浴方法は、38℃~42℃程のお湯に10分~15分程を目安とした半身浴、または肩まで浸かった全身浴です。顔がじんわり汗ばんでくると体が温まったサインです。熱めのお風呂に短時間の入浴では、一時的な体温上昇にしかならず、体はすぐに冷めてしまいます。「体が温まった」と感じられるのがポイントです。ゆっくり浸かって体の芯が温まる適温を見つけてみてくださいね。

 

「入浴」には他にもこんな効果がありますexclamation

 ・新陳代謝が活発になる

 ・リラックスとリフレッシュで快眠を促す

(快眠を促すお風呂のタイミングは就寝時間から1時間~2時間前。入浴後に体温が下がってくるので、その頃眠りにつくと質の良い睡眠が得られるそうですよ。)

 ・疲労回復

 ・筋肉がゆるみ腰痛、肩こりの緩和

・むくみ、冷えの解消

・基礎代謝アップ

・要介護の予防 など

  

☆ちょっと気を付けて☆

 お風呂の適温は人それぞれです。その日の体調に合わせて温度や入浴時間を調整し、無理せず心地よく続けてくださいね。また、入浴前後の急激な温度変化で体調を崩すこともありますので、くれぐれもお気を付けください。

  汗をかく前後には水分補給をしますよね。入浴前後も同様に汗の量を考えて水やお茶で水分補給をしておきましょう。

  最も注意が必要なのがアルコール摂取後(飲酒後)の入浴です危険・警告 (!)汗が出やすく脱水症状になりやすいことや、より酔いが回りやすくなり危険です。また、飲酒後は血圧が変動するため、普段より体調の変化に気づきにくくなることも考えられます。

 飲酒後すぐの入浴や長湯は避け、シャワーを浴びる程度にしてみたり翌日に入浴するなど、より安全な入浴方法を選びましょう。

  体を健康に保つには、バランスの良い食事と睡眠(休養)、適度な運動を行うことに加え、日々の「入浴」も健康管理の一つとして意識的に生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 今年の冬は、健康習慣を見直しながら体をしっかり温め元気に過ごしましょうるんるん (音符)

  

 

  神戸東洋医療学院付属治療院 藤岡 友子  

 

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

  神戸東洋医療学院付属治療院

********************

塩に含まれるミネラルの重要性

塩は、人間の体を健康に保つために大切な働きをしてくれる必要不可欠な物質です。

皆さんは、ミネラルを豊富に含んだ塩を摂っていますか。

「えっ、ミネラルが少ない塩なんて売っているの目?」となりますが、塩の製法が違えば、中に含まれるミネラルの量も違ってくるのです。

古来、日本では海水を凝縮させて、塩を生成していましたが、1971年(昭和46年)に「塩業近代化臨時措置法」が制定されてからは、塩田を廃止して、跡地等に工場をつくり、塩化ナトリウムが99,5%以上になる精製した塩づくり(精製塩・化学塩とよばれる)=イオン交換膜製塩に転換されました。

これにより効率よく食塩の大量生産が可能になったのですが、肝腎要の体に必要なミネラルの抜けたものが流通するようになったのです。

 

私の味覚では精製塩はただ塩気を感じるだけですが、海水を利用して作られた天日塩などはしょっぱいのはもちろんですが、甘味と苦みを感じます。これは海水に含まれるカルシウム、マグネシウムなどのミネラルが含まれているからです。

人間の血液の成分は海水と似ています。さらに、妊娠したお母さんのお腹の羊水も海水の成分に似ています。

細胞の受精卵からはじまる赤ちゃんは、お母さんの羊水というお腹の海で、約270日間、命を育まれてこの世に誕生します。

妊娠から出産の過程は、太古の海で細胞の生命体が誕生し、皮膚ができて陸上にあがるといった生物の進化の過程にとてもよく似ています。

このように考えてみると、人間の体というのは地球と密接な関係があり、現代のようにビルに囲まれた都市に住むまでに進化したとしても、それは何も変わりませんほっとした顔

私たちの生命体のふるさとはミネラルが豊富に含まれた海であり、体内の水分はまさに「海」といえるのではないでしょうか波

 

塩は人間の体内のバランスをとるために不可欠な物質です。   

ミネラルが不足した塩を摂取するということは、精製塩を溶かした食塩水で海水魚を飼育しているようなものです魚

どういうことかというと、通常、海水魚を飼育する際は人工海水(海の素)を使って飼育します。水中生物に必要なミネラルが含まれているからです。精製塩を溶かしたただの食塩水は、海水ではないため、海水魚は健康を保つことはできません。これと同じことが、人間の体内でも起こっているのではないのでしょうか。

たとえ塩を摂っていても、ミネラルがない精製塩だったとしたら、海水魚と同じく、私たちの体内の細胞もミネラル不足によって弱っていきます。つまり健康になるためには、ミネラルが豊富に含まれた塩を摂ることです。

私たちの暮らしや健康に欠かせない大切な塩。カラダが喜ぶより良いものを選びたいですねexclamation

 

神戸東洋医療学院付属治療院 岡田 泰彰

 

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

************************************************************************* 

季節と陰陽

10月になりすっかり秋となりましたもみじ

これから冬に向けてどんどん寒くなっていきますが、中医学を学んだ我々鍼灸師は季節の変化をどう捉えているかご存じですか?

 

古代中国の哲学には「陰陽」という概念があります。万物は陰と陽に分けることができます。そして日本人であればこの概念は既に身についている人が多いはずです。例えば、「女性」と「男性」ではどちらが陽でどちらが陰に属すでしょう?「火」と「水」では?おそらく皆さん答えられたと思いますひらめき

この様に我々に既に身についている陰陽の概念を用いて、鍼灸師は季節の変化を説明します。

夏は陽気(温かい気)が盛んです。地上は陽気に満たされていて、陰気(冷たい気)は地中に隠れています。夏至に陽気の量がピークを迎えると、次第に陽気が地中に、反対に陰気が地中から地上に出てきます。そうすると季節は秋に移り変わります。そのまま陰気が地上に増えていくにつれ、秋から冬になっていき、冬至に地上の陰気の量はピークを迎えます。そうすると次第に陰気が地面の中に、反対に陽気が地中から地上に出てくることで春を迎えます。古代中国の哲学では、こうした陰陽バランスの変化により、季節が変化すると考えられています。

 

ここでもう一問。  

「春には地震が多い(諸説あり)と言われていますが、古代中国人はその理由を陰陽の概念でどのように説明していたでしょうか?」

 

難しいですよね(笑)。冬から春にかけての陰陽の変化をみると答えがでてきます。冬の地上は陰気に満たされ、陽気は地中に隠れています。この地中の陽気が地上に出ることで春を迎えるのですが、何らかの原因により地上の陰気の力が強くなると、陽気が地中から出にくくなります。

「それでも何とかして地上に出ようとする陽気の力により地面が震える。」

これが春に地震が多い理由ではないかと古代中国人は陰陽の概念を用いて説明していました。とても興味深いですし、自然に対する昔の中国人の観察力、想像力のスゴさを感じますねほっとした顔ぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

我々鍼灸師は自然現象だけではなく、人の体も陰陽の概念を用いて観察し、それを治療に応用しています。陰陽バランスがとれていること=健康です。ぜひみなさんも体の陰陽バランスを鍼灸治療で整えて健康的に「味覚の秋・スポーツの秋」を楽しみましょう指でOKぴかぴか (新しい)

  

 

 

神戸東洋医療学院付属治療院 武岡 崇介

 

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

*************************************************************************