夏のお灸

皆さん、こんにちは。

長い長い梅雨が明けていよいよ夏本番ですね晴れ
今年の梅雨は大変な雨量で災害も多く心配なお天気が続き、また体調崩された方も多いと思います。

 

では何故梅雨時期に体調を崩しやすいのでしょうか。

湿度が高いと汗が上手く蒸発できず、体温調節が出来なくなってしまいます。

私たちの身体にある視床下部は体温調節を主るところですが、自律神経機能の調節を行う中枢でもあるのです。

ですので、ここの調子を崩すと自律神経が乱れて身体や頭が重だるくなったり、疲れやすい、しんどいなどの症状が出てくるのです。

また、東洋医学では長夏(夏の終わりの1か月)の時期は体の外から「暑邪・湿邪・外邪」と呼ばれる邪気が入り体調を崩しやすくなります。

古代中国では「春と夏は陽気を養い、秋と冬には陰気を養う」とあります。 

要は自然の摂理に逆らわず、暑い時期に体力を消耗させないように体内の身体を温める力を守ることが秋冬の健康を守ることにつながるのですぴかぴか (新しい)

 

そこでお灸での養生をご紹介したいと思います。
お灸には自律神経調節機能や免疫を高める作用もありますので大変おすすめです指でOKぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

使用するツボは下記などが良いでしょう。

 

・足三里(あしさんり)

…膝蓋骨(しつがいこつ)の外側のくぼみから指4本下がったところ。松尾芭蕉も愛した万能つぼ。主に消化器系を整える。
 

・湧泉(ゆうせん)

…足の指を曲げたときにできる足底のくぼみ。元気が泉のように湧いてくるところ。
 

・陰陵泉(いんりょうせん)

…すねの骨の内側を下から膝に向かってあがり、カーブしてくぼんでいるところ。水分代謝や消化器能を整える。
 

・気海(きかい)

…おへそから指2本下がったところ。気の海、元気、自律神経を整える。
 

・大都(だいと)

…足の親指第一関節の内側にある、つま先側のくぼみ。体の重だるさ、消化器系を整える。
 

・太白(たいはく)

…足の親指第一関節の内側にある、かかと側のくぼみ。体の痛み、消化器系を整える。
 

・太衝(たいしょう)

…足の甲にあり、親指と人差し指の骨が交わるくぼんだところ。ストレスの軽減、お腹の張りを抑える。

 

 

お灸で暑い夏を乗り切り、秋冬も元気に過ごせるように準備をしていきましょうexclamation

 

 

神戸東洋医療学院付属治療院 河野 千恵子

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

************************************************************************* 

 

夏季休暇のお知らせ

  8/11(火)~8/16(日)は、夏季休暇のため休診とさせていただきます。
  8/17(月)からは通常通り開院いたします。

  ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 

 

神戸東洋医療学院 付属治療院

今年の土用の丑の日は、お灸!

さて今回は、土用の丑の日について話をしようと思います。

 

今年の土用の丑の日は、2回あります。鰻を食べて暑い夏を元気で乗り切って行きましょうexclamation

しかし私は小さい頃、「土曜の牛の日」と思っていました。だから夏バテしないように土曜日に牛肉を食べることだと思っていました。(笑)  

そもそも「土用」や「丑の日」って何でしょうか?

 

「土用」とは?

各季節の始まる立春、立夏、立秋、立冬前の約18日間を「土用」といい、次の季節の準備期間とされています。つまり土用は夏だけでなく年に4回あるのです。

とりわけ、夏の土用の時期が梅雨明けと重なることが多いので重要視され、土用といえば夏の土用を指すようになったようです。

季節の変わり目は気候も体調も崩れやすいことから、昔は土用の期間中は様々な禁忌や風習がありました。例えば、土用の期間中に土いじりや穴を掘るなど、土を動かす作業をやってはいけないといわれています。昔から土用には土の神様である土公神(どこうしん)の気が盛んになると考えられてきたので、土を動かす作業を忌み嫌われていたそうです。

 

「丑の日」とは?

丑は、十二支の丑のことで古代中国の干支紀日法からきていて、昔の暦は今のように数字ではなく干支で数えられていました。つまり土用の期間中の丑の日のことを「土用の丑の日」というのです。今年は、7月21日と8月2日です。

なぜ「鰻」を食べる習慣があるの?

様々な諸説がありますが土用の期間中に「う」のつく食べ物を食べると良いとされていました(鰻、梅干し、うどん、うりなど)

江戸時代の蘭学者・平賀源内が夏場の営業不振に悩んでいる鰻屋に助言し、キャッチコピーを考え、土用の丑の日=鰻を食べる日としてブームが広がったという説が有名ですが、さて真偽はいかがでしょう?

夏場は食欲が落ちやすくさっぱりした食べ物を食べたくなりますが、疲労回復に効くビタミン類やエネルギー源となる脂質をたっぷり含む鰻は、夏バテ防止にぴったりグッド (上向き矢印)夏バテ防止以外にも、風邪の予防や滋養強壮にも効果があるので、最近は夏の土用以外にも「土用の丑の日」に鰻をすすめるお店もあります。

ぜひ皆さん鰻を食べてください!と言っても私は鰻屋ではなく鍼灸師でした。(笑)

 

では、その鍼灸師から土用の期間中にお勧めしたいのは、お灸です手 (グー)ダッシュ (走り出すさま)

日本の夏は高温多湿なので、汗が蒸発しにくく、それにより体に熱がこもります。体温調節がうまくいかないことがあるため、自律神経のバランスを崩したり、体は重たく感じ、関節は動かしにくく、負担がかかり痛くなったりします。東洋医学では湿邪といい、これにやられると体重節痛が起こるといわれています。

(湿邪の詳しいことは、こちらのブログでexclamation→「梅雨の湿問題」) 

 

そこで登場するのがお灸です。お灸は、自律神経等のバランスを整える作用があるのでお勧めですexclamation

皆さん、土用灸というのをご存知ですか?土用にお灸をすると他の季節よりも効果があると信じられてきました。暑い夏にお灸をしたらもっと暑くなると思われるかもしれませんが、お灸には、夏の冷えを温めることもできますし、巡りを良くすることで体が出したがっている余分なものを、取り除くことが出来る効果もあるのです。

余談ですが、土用の灸は俳句の季語にもなっています。夏目漱石も「土用にして灸を据うべき頭痛あり」と詠んでいました。

 

鍼灸師は患者さんの体の状態に合わせ施術を行っていきます。ぜひ、土用にお灸を体験しに来てください。

スタッフ一同お待ちしております。

 

神戸東洋医療学院付属治療院 井上 博之

 

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

************************************************************************* 

健康に生きるには・・・

近年、高齢化社会となり、また今回のコロナウイルス感染症の広がりなどをみると、どのように生きていくべきなのか考えさせられることがあります。そこで今回は養生について書きたいと思います。

「養生」を広辞苑で調べると「①生命を養うこと。健康の増進をはかること。衛生を守ること。摂生。②病気の手当てをすること。保養。」と記載されています。では、養生をどのように行えばよいのでしょうか。

 

現代でも読まれている長生き×健康の指南書に貝原益軒(かいばらえきけん)の「養生訓」があります本ひらめき

儒学者で あり、博物学者であり、教育家でもある貝原益軒は江戸時代に85歳まで生き、84歳で「養生訓」を書きました。益軒は「養生の方法を知り、健康で長生きすること」は人生を楽しむために大事なことであると述べています。この本には、その方法について、心の持ちようから食事の仕方、生活の仕方など、すべきこととすべきでないことが事細かに書かれています。

 

益軒は養生の要点として以下のように述べています。

・食べたいからといって食べ過ぎず、腹八分目でとどめて、身体に悪いものは食べないようにする。

・性欲は慎んで、生命の根源となる精気が減らないようにする。

・怒りや哀しみ、憂いや思いの感情が強くなりすぎないようにし、平常心を保ち、気持ちを和やかにし、無駄に口数を多くすることで気が減ったり、気が上がったりしないようにする。

・風・寒・暑・湿などの環境の変化に注意を払い、それ相応の対応をすることで病気にならないようにする。

・じっとしていないで身体をよく動かして、歩く。

・寝る時間でないのに寝ないで、気が巡るようにする。

(寝る時間でないときに寝ると寝るべき時間に眠れなくなる。

また食後すぐに寝ると消化器官の働きが低下し胃腸に負担がかかり、気が滞り、気の巡りが悪くなる)

 

また、益軒は完璧を望むなといいます。すべてのことは十のうち十まで良くなろうとすると、心の負担になり楽しみがなくなり、不幸もここから起こるといいます。そして、他人が自分にとって十のうち十まで良くあってほしいと思うと、他人の不足に対しても怒って咎めるので心の負担となりますあせあせ (飛び散る汗)先に述べた欲に関しても言えることですが、何事もほどほどに、中庸(ちゅうよう)を守るのが良いのです。

 

さらに、益軒は健康を保って養生をするのに極めて大切な一字があるといいます。それは「畏(おそれる)」です。この世のすべてと命を敬い、欲を畏れて慎み我慢することが大事です。畏れることで慎みの心が生まれます。「畏れる」というのは身を守る心構えを示しています。

 

養生訓には、生魚の適切な食べ方や野菜の摂り方、入浴方法、子育てに至るまであらゆることが事細かに書かれています。ここでは紹介しきれませんので、ご興味のある方は直接本を手に取っていただければと思います。

 

最後に、益軒は自分自身の欲を抑え、定刻に寝起きし、病気になるようなものを省いて適度に動いて生活すれば病気にならないと述べています。薬や鍼灸を使うのはやむをえない下策だとしています。しかし、例えば、長く同じ車に乗り続けるには日頃の乗り方も大事ですが、定期的に車の専門家によるメンテナンスが必要です。

鍼灸は病気の治療だけでなく、未病の予防も行います。そして、鍼灸師はその専門家です。ぜひ定期的なお身体のメンテナンス機関として鍼灸院にご来院いただければと願っておりますほっとした顔ぴかぴか (新しい)

 

神戸東洋医療学院付属治療院 田中 里佳

 

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

************************************************************************* 

初夏の初診キャンペーン開催中!

初めて当院をご利用の方限定

2020年7月1日(水)~2020年8月31日(月)まで

初診日から1ヶ月間ずっと施術料金が半額でご利用いただけます。

 

さらにdouble exclamation

一ヶ月以内に4回以上ご来院されると、

1000円割引×10回分(利用期間3ヶ月以内)のチケットをプレゼントexclamation

ぜひこの機会に鍼灸を体験してみませんか。

 

初夏の初診キャンペーン←こちらをクリック