寒い時期に増える「頭痛」

12月に入り、神戸では10度を下回る気温の時間帯もあり、寒さをさらに感じる季節になってきました。

最近、働き盛りの患者様から「頭痛」に関するお悩みをよく耳にします。皆さまは頭痛を経験されたことがありますか?

 

 

 

「目の奥が重くて頭が痛い」「首・肩が凝って頭が痛い」「痛くて何もする気になれない」など症状は様々です。

頭痛には一般的に大きく分けると「緊張型頭痛・片頭痛・群発性頭痛」の3種類があります。

今回はこの中でも1番よく患者様に見られる「緊張型頭痛」についてお話をしたいと思います。

 

「緊張型頭痛」のよく見られる症状

1.後頭部を中心に重く痛む

2.頭を締め付けられているような痛み

3.頭におもりがついているような感じる

4.頭痛と肩や首の凝り感・張り感を感じる

5.頭痛と目の疲れを感じる

 

このような症状に加えて、体が冷えている、疲れやストレスが溜まっている、お酒を飲みすぎている、

睡眠不足なども症状としてよく見られます。

 

当てはまるものはありましたか?

 

「頭痛」が頻発する患者様の多くに見られるのは、肩こり・首こりです。

肩や首のこりの原因の1つとして、「寒さ」が考えられます。

体は寒さを感じると本能的に筋肉を緊張させて熱を作ろうとします。無意識的にその状態が続くと肩こりなどの症状に発展します。その為、寒くなる時期に「頭痛」を感じる患者様が増えます。

 

鍼灸治療で深部の肩こり・首こりをとることにより慢性的な頭痛が改善される患者様が多く見られます。

また、自分では肩こりなどの自覚症状がない方もおられます。

慢性的な頭痛でお悩みの方は一度、神戸東洋医療学院付属治療院までご相談下さい!

 

 

おすすめの簡単セルフケア

1.お風呂につかる 

汗がじんわりと出るくらいがベスト。個人差がありますが今の時期なら40度~43度がおすすめ。

しっかり温めて筋肉の血流をあげてあげましょう!

 

2.肩を回す

肩回りは首の筋肉も背中の筋肉もついているのでしっかり効果的に動かすことができたら、肩・首の血流がアップし頭痛の予防になります。

1番簡単なのは、水泳の「クロール」の動き。空中で1分くらい泳いでみてください。

コツはとにかく大きく腕を回すこと。鼻で息をすいながら回すとより気持ちいいですよ。

リラックスしながらやってみてください。

 

日常で簡単にできることですので、楽しみながら頭痛や寒さ対策をしていきましょう!

 

 

神戸東洋医療学院付属治療院

小林 香織

よくある症状はこちら

 

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

 神戸東洋医療学院付属治療院

********************

“疲れた体”をセルフチェック

日々の生活の中で体の疲れをご自身で実感できている時もあれば、知らず知らずのうちに体が疲れてしまっているにも関わらず、そのサインを見逃してしまうことも多いのではないでしょうか。

今回は体の疲れを客観的に判断できるチェックを何点かご紹介してみようと思います。

 

1.「脈」がいつもと違う

まずは安静時の自分の脈拍を測ってみましょう。

成人の安静時の心拍数の正常値は1分間に60〜100回、平均的には60回〜80回程度となります。

運動後に脈がなかなか落ち着かない場合や、安静時の脈が通常より早かったり遅かったり、いつもと違う時は「疲れている」または「疲れやすい状態」になっている可能性もあります。

 

2.就寝時間や起きる時間が不規則

明らかな寝不足や、朝起きた時にスッキリしてないと感じる時は「疲れのサイン」が出ています。

不規則な睡眠は自律神経の乱れを招いて、脳や体の休息・回復に欠かせない「副交感神経」の働きを抑えてしまいます。

睡眠の乱れは疲れを蓄積させてしまう一因になる可能性が高いと言えるでしょう。

平日・休日を問わず、できるだけ就寝・起床の時間をある程度一定にすることで、体のリズムが整い自律神経の安定につながります。

 

3.「腰」が痛い

腰痛の8割以上が原因不明と言われることもありますが、その中には姿勢の乱れや疲労の蓄積、ストレスなども含まれます。

腰は全身のバランスを取る「要」となる部分です。体の姿勢が乱れると、バランスを取るために腰に負担がかかり、筋肉が硬くなったり縮んだりすることで痛みを感じるようになります。

原因がなく腰が痛いと感じる時は体のあちこちに不調が現れていることが多く、疲れを感じてはいないけど腰が痛いという場合も、体からの「疲れのサイン」かもしれません。

 

4.「呼吸」の方法を間違えている

胸だけの浅い呼吸になっていませんか?

肩が前に出たり猫背気味になっている人は、体の中心にある筋肉で一般的に体幹と呼ばれる部分が上手く働かず、胸を大きく広げて呼吸をすることができにくくなります。胸だけで浅い呼吸になっていると効率的に酸素を体内に取り込むことができず、脳や筋肉の働きが悪くなり「頭がぼーっとする」「こりが取れづらい」などの状態を招いてしまいます。

正しい姿勢で腹式呼吸を行うことで深い呼吸が可能となり、自律神経を整える効果もあります。

体の中心を意識した呼吸を心がけてみましょう。

 

 

自分では解決できない症状が続いてしまうことがあります。

自律神経を整えたり頑固なこりを解消するには、鍼灸施術はとても効果的です。

このような症状でお困りの際は是非一度ご相談ください。

 

 

神戸東洋医療学院付属治療院

荒木 克也

よくある症状はこちら

 

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

 神戸東洋医療学院付属治療院

********************

 

開院日のお知らせ(11月~12月)

11月~12月の開院日はこちらをクリック↓↓↓

開院日カレンダー2022

“撫でる”の気持ちよさ、いかがでしょうか?

11月22日は「夫婦の日」で有名ですが「ペットの日」でもあるそうです。

私は猫を2匹飼っています。

1匹はまだ生まれて間もない小さな時に、歩道の隅っこでおびえながら鳴いていたのを連れて帰ってきたハチワレです。もう1匹は元野良猫で、庭にご飯を食べにきていたところから、一緒に暮らすことになったキジトラです。

キジトラさんは元野良猫ということもあって、今も少し警戒心が残っているため触れさせてはくれないのですが、ハチワレさんは小さいときから一緒にいるので人間にも慣れていて、とても甘えたな子で隙あらばスリスリとすり寄ってきて「撫でてー!」と全力で主張します。

 

なぜ猫は「撫でて!」と可愛くアピールするのでしょうか。

「撫でる」ということは“皮膚”に刺激を与えることになります。

皮膚は、身体をウイルスや細菌から守る機能や体温を調節する機能、暑さや寒さ、痛みや圧力、触覚などを感じる機能などを備え、身体の最大の器官として表皮・真皮・皮下組織の層構造になっています。

皮膚の感覚神経の多くは表皮の下の真皮にあります。猫の場合の「撫でる」は皮膚ではなく毛を撫でることになり、真皮に毛根があるため、毛を撫でることで毛根が揺れ、感覚神経を刺激することになります。

 

実験的に、自分自身の腕に、毛に触れる程度の「撫でる」をやってみたところ、直接皮膚に触れて撫でるよりも、触覚を敏感に感じました。

皆さんもぜひ試してみてください。たくさん毛のある猫にとって、毛を撫でられることはたまらない気持ちよさだろうなぁと想像できましたし、猫をグルーミングすると「グルグルグルグル♡」と言い出す理由が少しわかったような気がします。

 

昨今では私たちの命が育まれる過程で、皮膚表皮と脳神経は同根であり、皮膚への刺激が脳血流を高めることが認知されてきており、「揉む」や「押す」ではなく、「撫でる」という皮膚への刺激は、抗ストレス作用があり「幸せホルモン」とも言われるオキシトシンの分泌が促進されるとも言われています。

毛を撫でてもらう感覚だけでも気持ちよくなるのに、さらに脳から幸せホルモンが分泌されるだなんて・・・

猫が「撫でてー!」と全力で主張することに納得しちゃいました。

キジトラさんも人間にはまだ少し警戒していますが、ハチワレ兄さんには思いっきり甘えていて、ハチワレ兄さんに「撫でて〜♡」とねだっている姿をよく見ます。ハチワレ兄さんは一生懸命キジトラさんの毛をなめてグルーミングしています。彼らは撫でてもらうことで得られる効果を本能で知っているのでしょうね。

 

私たち人間も、皮膚に優しく触れたり優しく撫でてあげる機会を是非持ってみてはいかがでしょうか♪

ふとした時に、自分で自分にやってあげることもできますし、もちろん身近な方にも!揉むや押すとは違い、力を入れずにすぐにできる、心地よくあたたかな感覚をぜひ味わってみてください。

私が今学んでいる、皮膚の状態を触診し緊張部位に刺さない鍼で施術を行う“小児はり”では「手を作る」ことを大切にしています。どんな「手」を作るかというと、「触れられて気持ちがいい」と感じてもらえるような柔らかくあたたかい手です。

鍼灸施術ではたくさん触れさせていただきます。

触れさせていただいた方に少しでも気持ちいいと感じていただけるよう、優しく触れてオキシトシンたっぷり分泌していただいて、身体も気持ちもあたたかで豊かになっていただけるよう今後も精進します。

 

 

神戸東洋医療学院 付属治療院

北條 直

よくある症状はこちら

 

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

 神戸東洋医療学院付属治療院

********************

唾液で健康管理

 11月になり少しずつ寒くなってきました。空気が乾燥する季節になるので風邪やインフルエンザ等にかからないよう体調管理にも気を付けたいですね。

日頃からマスクと手洗いうがいの予防対策は心がけておられると思いますが、それでもその対策をすり抜けてウイルスが口内に入ってしまったら・・・。

心配にはなりますが、その先は口内から粘膜を通って体内に入らないように、防護壁ともなる「唾液」が皆さんの体を守ってくれています。

 

今回はそんな「唾液」の役割をお伝えして、健康管理に役立てていただければと思います。

 

唾液は1日に1.5リットル程度分泌されています。

その成分を調べてみると99.5%が水で、残りの0.5%に、無機成分のカルシウム・リン酸、ナトリウム・カリウムなどと、有機成分のアミラーゼ(酵素でデンプンを分解)・IgA(免疫物質で細菌やウイルスに対抗)・ラクトフェリン(抗菌物質で細菌やウイルスから防御)・ムチン(タンパク質で喉の粘膜保護)などが含まれています。

この0.5%に重要な働きがあるようです。 

 

唾液の役割として、いくつか皆さんも聞いたことがあると思いますが、下記に少しまとめてみました。

 

☆唾液の役割

・口内粘膜や歯を覆って保護をする

・口内細菌や食べ物カスを洗い流す

・口内の水分量を調節し乾燥から守る

・唾液成分で細菌やウイルスの繁殖を抑える

・咀嚼時に消化酵素が混ざり消化を助ける

・歯のエナメル質の再石灰化を促す

 

☆唾液の減少理由☆

・よく噛まない、うまく噛めていない

・酸っぱい食べ物などの見た目や香りから感じる刺激がない

・口を開くクセがある

・下痢や嘔吐など脱水症状による体内の水分不足

・薬の副作用

・ストレス等による自律神経の乱れ  ・・・など

 

☆唾液の増加方法☆

・よく噛んで食べる

・鼻呼吸をする

・こまめに水分補給する

・話をする、舌を動かす

・唾液腺をマッサージ  ・・・など

 

この他にも体調管理を色々と担っており、その働きの多さに改めて唾液の重要性を感じます。

唾液の分泌量は体調や年齢、生活習慣などにより減少してしまうことがあるので、口の乾燥や口臭が気になる方は特に分泌量を増やしてみましょう。

コロナ禍以降、マスク生活になり食事時間や会話の機会が少なく唾液は減少していると思います。意識的に口を動かし唾液の分泌を促してみてくださいね。

 

加えて、口内に細菌やウイルスが留まることがないよう水分補給で流しましょう。飲み物を少し口に含んで潤す程度の量を1時間に1、2回以上を心がけてみましょう。

 

睡眠、食事は上手にとれていますか。体調管理に鍼灸もお役立てくださいね。

 

 

神戸東洋医療学院付属治療院

藤岡友子

よくある症状はこちら

 

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

 神戸東洋医療学院付属治療院

********************