梅雨入り前に、5月病対策を

鮮やかな緑と青空が映える季節がやってきました。

この季節、二十四節気では「小満(しょうまん)」といいます。

小満とは、太陽の光を浴びて万物がすくすくと成長し、生命が満ちていく時期のことをいいます。

農作物の成長も感じられる時期なので、農家の方が“小”さく“満”足することからも、小満と呼ばれるようになったそうです。

 

体感的には、梅雨前のとても過ごしやすく気持ちの良い、初夏を感じる陽気ですね。

冬よりも夏が好きな私にとっては、ワクワクとする日が多いです。

 

ですが、5月全体でいえば、「5月病」という名前があるように、身体の不調も感じやすい季節です。

 

5月病は、主にストレスが原因で起こります。

新しい環境による緊張や不安が多かった4月が終わり、ゴールデンウィークの連休の後にその緊張の緩みによって発症しやすく、やる気が出ない、なんとなくだるい、気分が落ち込む、睡眠不足などの症状がみられます。

医学的には「適応障害」に近い症状です。

環境の変化による疲労やストレスによる自律神経の乱れが主な原因となるため、改善策としては、休養を取る事がまずは大切になります。

もしストレスが強い場合には、その原因となっているものを取り除き、ストレスを溜めない生活に改善していくことも大切です。

 

東洋医学的には5月病は、「肝気鬱結(かんきうっけつ)」や「気虚」「気帯」という状態といわれています。

春は、五行論(木火土金水)では「木」、五臓(肝心脾肺腎)では「肝」に影響します。

「肝」はイライラや怒り、ストレスなどの影響をうけやすく、4月の環境の変化などによって、その肝にダメージを受けてしまい、「気」がスムーズに流れなくなってしまいます。

それが原因で自律神経が不安定となり、気持ちのコントロールもできなくなるなどの症状が発生してしまいます。

 

また、「気」の動きが悪くなるとエネルギー源も不足し、疲れやすさや気力の低下などの症状も発生してしまいます。

「気」の流れは体内の血液や水分の流れにも影響し、「血虚」という血の滞りや不足した状態となります。

 

では、5月病はどのように対策をすればいいかご紹介します。

①まずは休息、睡眠

②ストレスの原因改善

③適度な運動

④気の滞りには、柑橘系やミントなどスッキリ系の食べ物がおすすめ

 

 

⑤血の不足には、黒や赤色の食べ物、レバー・黒豆・黒きくらげ・トマトなどがおすすめ

 

 

上記以外にも体質に合わせて鍼やお灸による施術も効果を発揮します。

小満の季節が終わると、いよいよ梅雨到来です。湿度によって、ますます体内の滞りを感じやすくなってしまいます。

梅雨を乗り越え、夏を快適に過ごしやすくするためにも、今から対策を行っていきましょう。

 

 

神戸東洋医療学院付属治療院

池邉 由実

 

よくある症状はこちら

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

  神戸東洋医療学院付属治療院

********************

?Trust me?

今年のゴールデンウィークは、雨予報から一転、全国的に夏日が続出する汗ばむ陽気が続きました。

今回のコラムも前回の担当時と同様、自分は知っていると思っていた常識が実は違っていたことについてお話します。

 

日本でのガンの発生数は増え続けているのはご存知ですか?

分かり易くお伝えしますと、日本人の二分の一がかかり、三分の一がその為に亡くなるとも聞かされます。

かくいう、私の祖母や父、叔母もそれぞれガンで他界しました。日々、政財界か芸能人の方々の訃報でも死因として報道されます。

こういうことから、日本国内でのガンの発生数は益々増えていると肌感覚でも感じます。

 

ですから、私はガンの発生数の増加は日本以外の欧米でも同じ傾向なのだろうと勝手に思っていました。

ところが、実際はアメリカでは1990年半ば、ヨーロッパでは2000年半ばには発生数はピークを打ち、減少しているのです。

 

この事実は私に次の疑問を抱かせました。

『なぜ欧米では減っているガンが、日本では今なお増え続けているのか?』ということです。

日本ではよくガンにならないようにするには、お酒、タバコをやめなさいと言われます。また、ピロリ菌などガンの発生に関係する細菌などを除去しましょうとも言われます。

 

そして、次に聞くのが、ガンは早期発見・早期治療が何より大事だと言われます。

果たして、それが一番大切なことなのでしょうか?

やはり、より大切なのは、ガンを早く見つけ治療することよりも、ガンの予防こそ最初に目指すことではないでしょうか。

 

では、ガンになる一番の原因のように言われるお酒、タバコですが、WHOでは、タバコの影響は約15%、お酒に至っては2%とあります。

(因みに私はお酒もタバコもたしなみませんので、特に誰の肩も持ってはいませんよ(笑)

そしてWHOによる原因の一位は、食事が40%となっています。

 

調べていくと、アメリカでは1977年以降にトランス脂肪酸の表示の義務化や、加工食品に多く使われる発ガン性が高い添加物の使用禁止、容量の制限、同じく農薬・除草剤の制限を次々行いました。

それらが功を奏し、15年程でガンの発生数は減少し始めました。

 

それと比べ、日本の取り組みは欧米に及ばないのが現状です。

食品添加物の一括表示などで内容が分かりづらくなっていたり、多くの諸外国では発ガン性が高く禁止された除草剤が、日本では今も近所のホームセンターで売られていたり、それが農家でも使われています。

これらに対する対策はやはり国が行うべきことですが、残念ながら直ぐに諸外国並みの取り組みになるかは疑問です。

 

そのような中では自分自身広い視野を持ち、情報を収集することが大切です。

ただ、ここで注意すべきことは(自戒を込め言いますが)その情報を丸呑みしないことです。

健康や食に関する情報を含め、現在は多様な情報があふれています。情報発信者の誤解や意図したフェイクが混ざっています。

 

また、フェイクとは言えない事実であっても、真実のすべては語られず切り取った情報だけを提供されるケースもあります。

正直、どうやって自衛し真偽を見極めれば良いか途方に暮れます。

しかし、諦めるわけにはいきません。

今、私が心掛けている情報の真偽の確認法は、時間が許す中でいろんな情報を集め、現実と照らし合わせてみることです。

情報源や情報が少なすぎると、情報の精度は低くなります。その情報だけで判断すると、現実とは解離してしまうことがあります。

 

私は鍼灸科の学生の方々にお伝えしていたことがあります。

それは「みなさんは私が言っていることをどうか疑ってください。それが、皆さんの知識と技術を深め高めます。」ということです。

毎回授業でこんなことを言っていると学生の方々を混乱させてしまうので、たまにですが(笑)。

では、皆さんもどうぞ私を疑って真実を導いてくださいね。

 

神戸東洋医療学院付属治療院

川上 靖

 

よくある症状はこちら

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

  神戸東洋医療学院付属治療院

********************

胃腸を労わる

皆さんの胃腸の調子はいかがですか。

私ごとですが、最近食べ過ぎているなと思うことが増えてきました。

食事を進めていると食べ終わるころには満腹感で満たされると同時に胃の辺りが詰まった感覚です。お腹いっぱい食事ができることはとても幸せなことですが、これが続くとかなり胃腸に負担をかけているなと自覚しています。

近年は胃腸の健康が全身の健康につながると言われています。

今回は、胃腸にかける負担から食事の改善策を考え「胃腸を労わる」気持ちを持てるよう自ら指南してみようと思います。

 

その前に・・・

食べ過ぎたな~と思いながら無意識にみぞおち(上腹部の中心で凹みがある)辺りを擦ることがあります。

満腹を表す仕草ですね。

その擦った手の下には「不容(ふよう)」、「承満(しょうまん)」という胃経に属するツボあります。「不容」は胃の上部に位置し、その下方1寸(3cm)に「承満」があります。

胃の容量が一杯(限界)で、食べ物で充満している様子を表し名付けられたそうです。

いずれも胃を調整するツボなので、擦るだけでも負担を軽減してくれます。

 

 

 

胃腸は、主に食事を消化吸収し不要なものを排泄するという活動を行います。

まず最初に、その胃腸にかかる負担内容を考えてみました。

 ・食後36時間かけて消化吸収し続ける

 ・腹78分の量でないと、消化時間がかかり過ぎる

 ・極端な甘い・辛い・酸っぱい・塩辛いものは、胃の粘膜が傷つく刺激物になる

 ・冷たいものを食べると、胃腸も冷えて活動が弱まる

 ・油の多い食事は、分解時間がかかる

 ・アルコール等の嗜好品は、消化管粘膜が弱る

 ・便秘は、腸内環境の悪化を招く

 

 

これらのことから、負担を少しでも軽減するための方法をご紹介します。

 ・130回程噛み、ゆっくり食べる

 ・噛む時に、唾液(消化酵素)を混ぜる

 ・濃い味など刺激物は避け、適量にする

 ・冷たいものは控え、口の中で温めるように噛む

 ・肉や油の消化を促す大根おろし・しょうが・玉ねぎなどを一緒に食べる

 ・蒸す・煮る・ゆでる調理法を選ぶ

 ・胃腸に休息(空腹)時間を作る

 ・就寝3時間前には食事を済ませる

 ・111.5リットルの水分を摂る

 ・ストレスで自律神経が乱れると、胃腸の蠕動運動や胃酸分泌に影響することを知っておく

 

 

他にも胃腸のためにできることは色々とあると思いますが、いつまでも胃腸が元気に活動してくれるように、食事を摂ることと胃腸を休ませる意識をもつことから始めようと思います!! 

 

皆さんも胃腸の疲れを感じたら鍼灸師へお伝えください。一緒に胃腸を労わりましょう。

食事は美味しく楽しくエナジーチャージしてくださいね♪

 

神戸東洋医療学院付属治療院 藤岡友子

よくある症状はこちら

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

 神戸東洋医療学院付属治療院

********************

可愛いだけじゃない、イチゴの効果

寒さも少しずつ緩みはじめてきましたね。

立春も過ぎ、春の訪れが近づいてきました。

寒いながらも、楽しみを見つけながら過ごされている方も多いかと思います。

 

私はスーパーなどで並んでいるイチゴを見つけると、ワクワクしています。

味も美味しく見た目も可愛い、一番好きな果物です。

 

今では年中栽培することが可能なイチゴですが、一番収穫量が多く美味しいといわれているのは、この寒い時期から4月頃までだそうです。

 

イチゴには、ビタミンCが多く含まれており、大きさにもよりますが5粒から10粒食べるだけで一日に必要とされるビタミンCを補うことができるそうです。それ以外にも、カリウムやマグネシウムなどのミネラル成分も豊富で、美容や健康にとても良い食材です。

 

 

節分が過ぎて立春に入ったこの季節は、東洋医学では秋冬の陰の季節から、春夏の陽の季節に移り変わっていきます。

春は植物も成長する季節で、上へと気が動いていきます。

 

また、春は東洋医学の五臓でいうと「肝」と関係しています。

肝は、気を全身にめぐらす働きがありますが、亢進しすぎると気が上がりすぎて熱を発生しやすくなります。

そのため、体の上部に不調が起こりやすく、イライラや頭痛、耳鳴り、めまい、自律神経の不調も起こりやすいです。

 

 

そのようなときにイチゴはおすすめの食材になります。

薬膳の効果として、以下のような効能があります。

 

・体のこもった熱を冷ましてくれる

・体に不足した水分を潤わしてくれる

・胃腸の調子を整えてくれる

 

暑くてのぼせているときや、空咳が出ているときや喉の渇き、消化不良の時などに食べるとおすすめです。

ただし、イチゴには冷やす作用もあるため、冷え性のかたは控えめに食べましょう。

 

 

ぜひ美容も健康も意識して、今が旬のイチゴを食べてみてくださいね。 

 

 

神戸東洋医療学院付属治療院 池辺 由実

 

よくある症状はこちら

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

 神戸東洋医療学院付属治療院

********************

粘膜強化で風邪対策

お正月休みでゆっくりできたのも束の間、もう1月も半分が過ぎました。

冷え込む毎日ですが、皆様ご体調はいかがですか?

 

19日は「風邪の日」と呼ばれていますが、由来はご存じでしょうか??

1795年のこの日、第4代横綱の谷風梶之介がインフルエンザで死亡した出来事にちなんだことが由来とされています。

大相撲で活躍し35連勝を成し遂げた彼も、風邪には勝てなかったようです。

 

厳しい寒さ、空気の乾燥とともに流行る風邪やインフルエンザ。

のどには菌やウイルスを防ぐリンパ節がありますが「乾燥」すると粘膜が傷つき、菌やウイルスの侵入経路となってしまうのです。

 

 

暖房などをよく使うこの時期、乾燥から鼻やのどを守ることがとても重要です!!

風邪をひきにくく、1年をスムーズに始めるための対策として、粘膜を強化してくれる食材をご紹介します。

 

 

粘膜の材料となるたんぱく質と、粘膜を強化するビタミンA、そして粘膜の乾燥を防ぐ水分と良質な油脂をとることがお勧めです。

たんぱく質ではお肉、お魚、卵、大豆。

 

ビタミンAでは、にら、ほうれん草、かぼちゃ、人参など、色の濃い野菜を選びましょう。

色の濃い野菜にはβ-カロテンが多く、体内で必要量に合わせてビタミンAに変換してくれます。

 

 

また、ビタミンAは油に溶けると吸収率が良くなります。

バター、ラードなどの飽和脂肪酸はなるべく控え、質の良い油を選びましょう。

 

良質な油とは、植物油や魚に含まれる不飽和脂肪酸と呼ばれる油で、オリーブオイルやエゴマオイルやごま油などです。

 

ですが、エゴマオイルは熱に弱い為、サラダなどにはオイルドレッシングやエゴマオイル、炒め物にはごま油などと、ビタミンAを組み合わせて頂く工夫をしてみてください。

 

 

食材だけでなく、調理法も大切で、過度に辛い物、熱い物、冷たい物は粘膜を傷つけるため注意が必要です。

またのどの乾燥を防ぐために、お水はこまめに飲む、加湿器をつけるなども大切ですね。

 

 

今年1年を元気にお過ごしいただけるよう、

2024年も神戸東洋医療学院付属治療院は、皆様のお身体をサポートさせて頂きます!!

 

 

 

神戸東洋医療学院付属治療院 

宮崎紗希

よくある症状はこちら

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

 神戸東洋医療学院付属治療院

********************