明けましておめでとうございまするんるん (音符)

2017年の最初の東洋医学的雑記なので、新年のご挨拶をさせていただきましたわーい (嬉しい顔)ぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

 

冬になると空気が冷たくなり、体や顔の皮膚も乾燥し、唇もカサカサになって割れたり荒れたりします。また、季節と関係なく一年中唇の乾燥が気になる方も多いです。今回は中医学から見る唇についてお話します。

 

皆様は唇の状態が健康と関連があることをご存知でしょうかexclamation and question

中医学の考えでは唇は五臓六腑の脾・胃の状態を反映しています。脾・胃は西洋医学でいう消化器(胃腸)のことです。唇の色やツヤは全身の健康状態と関係があり、唇がピンク色で潤っているのが正常です。唇をみると内臓の状態や体全体を知ることができます。

 

まず唇の色が白っぽいのは気(エネルギー)と血(血液)が足りない状態です。貧血の方も唇の色が白いです。または脾・胃の機能が弱っていることを示します。逆に真っ赤な唇は体に熱があることを指しています。気(エネルギー)と血(血液)は熱によりめぐりがよくなりますが、熱が強すぎる(こもりすぎる)と、顔色はもちろん唇の色も真っ赤になります涙また薄着などで体が冷えると血気の流れが悪くなって唇の色が青紫になります涙

 

 

 

胃に熱がこもったときにも、いつも赤くて乾燥している唇になりますがまん顔辛い物や油っこい物の食べすぎ、アルコールの飲みすぎ、あるいはストレスなどで胃に負担がかかって余分な熱を排出することができず、体内に熱がこもってしまうことがその原因になりますがまん顔

 

 中医学からの考えだけではなくても唇のトラブルには理由があります。唇は他の皮膚とは違って脂腺と汗腺がないため、常に乾燥しています。つまり、唇は保湿膜が形成されていないために他の皮膚に比べても簡単にトラブルが起こります。普段、唇を舐めたり手でさわる癖があると唇のトラブルがもっと起こりやすくなります泣き顔

 

 リップクリームを塗ったり唇の角質をとることなどでケアするのは一時的なことです。唇がいつもしっとりしてピンク色を維持するためには体の中からケアするのが大事ですキスマーク 

  

 年末年始に暴飲暴食をした皆様、美しい唇のためには体のケアもしてくださいぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

 

 

 

 

神戸東洋医療学院付属治療院

*************************************************************************

神戸 三宮で鍼灸といえば

神戸東洋医療学院付属治療院

*************************************************************************