“撫でる”の気持ちよさ、いかがでしょうか?

11月22日は「夫婦の日」で有名ですが「ペットの日」でもあるそうです。

私は猫を2匹飼っています。

1匹はまだ生まれて間もない小さな時に、歩道の隅っこでおびえながら鳴いていたのを連れて帰ってきたハチワレです。もう1匹は元野良猫で、庭にご飯を食べにきていたところから、一緒に暮らすことになったキジトラです。

キジトラさんは元野良猫ということもあって、今も少し警戒心が残っているため触れさせてはくれないのですが、ハチワレさんは小さいときから一緒にいるので人間にも慣れていて、とても甘えたな子で隙あらばスリスリとすり寄ってきて「撫でてー!」と全力で主張します。

 

なぜ猫は「撫でて!」と可愛くアピールするのでしょうか。

「撫でる」ということは“皮膚”に刺激を与えることになります。

皮膚は、身体をウイルスや細菌から守る機能や体温を調節する機能、暑さや寒さ、痛みや圧力、触覚などを感じる機能などを備え、身体の最大の器官として表皮・真皮・皮下組織の層構造になっています。

皮膚の感覚神経の多くは表皮の下の真皮にあります。猫の場合の「撫でる」は皮膚ではなく毛を撫でることになり、真皮に毛根があるため、毛を撫でることで毛根が揺れ、感覚神経を刺激することになります。

 

実験的に、自分自身の腕に、毛に触れる程度の「撫でる」をやってみたところ、直接皮膚に触れて撫でるよりも、触覚を敏感に感じました。

皆さんもぜひ試してみてください。たくさん毛のある猫にとって、毛を撫でられることはたまらない気持ちよさだろうなぁと想像できましたし、猫をグルーミングすると「グルグルグルグル♡」と言い出す理由が少しわかったような気がします。

 

昨今では私たちの命が育まれる過程で、皮膚表皮と脳神経は同根であり、皮膚への刺激が脳血流を高めることが認知されてきており、「揉む」や「押す」ではなく、「撫でる」という皮膚への刺激は、抗ストレス作用があり「幸せホルモン」とも言われるオキシトシンの分泌が促進されるとも言われています。

毛を撫でてもらう感覚だけでも気持ちよくなるのに、さらに脳から幸せホルモンが分泌されるだなんて・・・

猫が「撫でてー!」と全力で主張することに納得しちゃいました。

キジトラさんも人間にはまだ少し警戒していますが、ハチワレ兄さんには思いっきり甘えていて、ハチワレ兄さんに「撫でて〜♡」とねだっている姿をよく見ます。ハチワレ兄さんは一生懸命キジトラさんの毛をなめてグルーミングしています。彼らは撫でてもらうことで得られる効果を本能で知っているのでしょうね。

 

私たち人間も、皮膚に優しく触れたり優しく撫でてあげる機会を是非持ってみてはいかがでしょうか♪

ふとした時に、自分で自分にやってあげることもできますし、もちろん身近な方にも!揉むや押すとは違い、力を入れずにすぐにできる、心地よくあたたかな感覚をぜひ味わってみてください。

私が今学んでいる、皮膚の状態を触診し緊張部位に刺さない鍼で施術を行う“小児はり”では「手を作る」ことを大切にしています。どんな「手」を作るかというと、「触れられて気持ちがいい」と感じてもらえるような柔らかくあたたかい手です。

鍼灸施術ではたくさん触れさせていただきます。

触れさせていただいた方に少しでも気持ちいいと感じていただけるよう、優しく触れてオキシトシンたっぷり分泌していただいて、身体も気持ちもあたたかで豊かになっていただけるよう今後も精進します。

 

 

神戸東洋医療学院 付属治療院

北條 直

よくある症状はこちら

 

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

 神戸東洋医療学院付属治療院

********************

唾液で健康管理

 11月になり少しずつ寒くなってきました。空気が乾燥する季節になるので風邪やインフルエンザ等にかからないよう体調管理にも気を付けたいですね。

日頃からマスクと手洗いうがいの予防対策は心がけておられると思いますが、それでもその対策をすり抜けてウイルスが口内に入ってしまったら・・・。

心配にはなりますが、その先は口内から粘膜を通って体内に入らないように、防護壁ともなる「唾液」が皆さんの体を守ってくれています。

 

今回はそんな「唾液」の役割をお伝えして、健康管理に役立てていただければと思います。

 

唾液は1日に1.5リットル程度分泌されています。

その成分を調べてみると99.5%が水で、残りの0.5%に、無機成分のカルシウム・リン酸、ナトリウム・カリウムなどと、有機成分のアミラーゼ(酵素でデンプンを分解)・IgA(免疫物質で細菌やウイルスに対抗)・ラクトフェリン(抗菌物質で細菌やウイルスから防御)・ムチン(タンパク質で喉の粘膜保護)などが含まれています。

この0.5%に重要な働きがあるようです。 

 

唾液の役割として、いくつか皆さんも聞いたことがあると思いますが、下記に少しまとめてみました。

 

☆唾液の役割

・口内粘膜や歯を覆って保護をする

・口内細菌や食べ物カスを洗い流す

・口内の水分量を調節し乾燥から守る

・唾液成分で細菌やウイルスの繁殖を抑える

・咀嚼時に消化酵素が混ざり消化を助ける

・歯のエナメル質の再石灰化を促す

 

☆唾液の減少理由☆

・よく噛まない、うまく噛めていない

・酸っぱい食べ物などの見た目や香りから感じる刺激がない

・口を開くクセがある

・下痢や嘔吐など脱水症状による体内の水分不足

・薬の副作用

・ストレス等による自律神経の乱れ  ・・・など

 

☆唾液の増加方法☆

・よく噛んで食べる

・鼻呼吸をする

・こまめに水分補給する

・話をする、舌を動かす

・唾液腺をマッサージ  ・・・など

 

この他にも体調管理を色々と担っており、その働きの多さに改めて唾液の重要性を感じます。

唾液の分泌量は体調や年齢、生活習慣などにより減少してしまうことがあるので、口の乾燥や口臭が気になる方は特に分泌量を増やしてみましょう。

コロナ禍以降、マスク生活になり食事時間や会話の機会が少なく唾液は減少していると思います。意識的に口を動かし唾液の分泌を促してみてくださいね。

 

加えて、口内に細菌やウイルスが留まることがないよう水分補給で流しましょう。飲み物を少し口に含んで潤す程度の量を1時間に1、2回以上を心がけてみましょう。

 

睡眠、食事は上手にとれていますか。体調管理に鍼灸もお役立てくださいね。

 

 

神戸東洋医療学院付属治療院

藤岡友子

よくある症状はこちら

 

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

 神戸東洋医療学院付属治療院

********************

寒暖差アレルギー

今年の秋の特徴は夏のような暑さを感じた日でも翌日には秋本番の肌寒さになるなど、例年に比べても寒暖差が大きいですね。

 

この寒暖差が原因となって引き起こされる不快な症状が『寒暖差アレルギー』です。

最近よくテレビなどでも取り上げられていますが、寒暖差アレルギーとは医学的には「血管運動性鼻炎」と言われ、温度の差が刺激となって鼻粘膜の血管が広がり、鼻の内部が腫れることで引き起こされると考えられています。

 

特に「7℃以上」の温度差がこの寒暖差アレルギーの引き金になると言われています。

 

 

・くしゃみ・鼻水・鼻づまり・食欲不振・不眠・イライラする・疲れやすい・倦怠感・胃腸の不調、などの症状がよく見られます。

 

風邪や花粉症などと異なる点としては、発熱や目の痒み、充血などはなく、鼻からはサラサラとした透明な鼻水が出ることが特徴です。

また、花粉症やハウスダストなどのアレルギーと違って、特定のアレルゲンが原因ではないので、今のところ寒暖差アレルギーを対象にした薬はないとされています。

 

 

さて、寒暖差アレルギーが出やすい人と出にくい人には、どのような差があるのでしょうか?
詳しい原因は明らかにはなっていないですが、その一因として『自律神経のバランス』が関係していると考えられています。

急な寒暖差による刺激は自律神経のバランスを乱し、鼻の粘膜の血管の収縮、拡張の調節を崩していきます。

普段から疲れやストレスが溜まっている人や昼夜逆転生活など生活リズムが崩れている人は、自律神経のバランスが乱れやすいため、寒暖差の影響を受けやすいと言われます。

自律神経の乱れが関わっているため、不調として出てくる症状も鼻水だけに留まらず、全身の不調と言った多岐にわたります。

 

 

寒暖差アレルギーを少しでも軽減する対策として2つのポイントがあります。

・衣服などで寒暖差を減らす

これは寒暖差アレルギーを引き起こさないためにはとても大切な事です。着るものを調節することで、出来るだけ寒暖差を減らしてあげましょう。

特に首、手首、足首といった『3首』を守りましょう!この3首は大きな血管が通っているため、ここを冷やしてしまうと全身の冷えに繋がります。

マフラーや手袋、靴下やレッグウォーマーなどを活用して、冷えから守りましょう!

 

・自律神経のバランスを整える

普段から過度な疲れやストレスを溜めないことや生活リズムを整えることも自律神経のバランスを整えるためには必要です。

またウォーキングや自転車、スクワット、ガムを噛むなどの「リズム運動」も自律神経のバランスを整えるのに有効と言われています。

 

 

今年の冬は寒さも厳しくなると言われています。

11月7日の立冬を前に、今のうちからしっかりと自律神経のバランスを整えて、寒暖差アレルギーを少しでも緩和しておきましょうね!

 

 

 

神戸東洋医療学院付属治療院

 田中 友也

よくある症状はこちら

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

 神戸東洋医療学院付属治療院

********************

座りすぎにご注意

皆さんは一日にどのくらい座っていますか? 

鍼灸院には、腰痛や肩こりを訴える方が多くいらっしゃいます。その方たちにお伺いするとパソコンでの作業やテレビやネット動画の視聴など、長時間、同じ姿勢で座っていることが多いように感じます。

 

座っていたり、横になったりする状態を「座位状態」といいます。

座位状態とは、学術的には「座位及び臥位におけるエネルギー消費量が 1.5Mets(メッツ) 以下の全ての覚醒行動」と定義されています。

Mets(メッツ)というのは、安静座位を基準とした消費するエネルギーの単位のことです。「静かに座って(あるいは寝転がって)テレビ・音楽鑑賞、車に乗る」は1Mets、「普通歩行(平地)、階段を下りる」は3Mets、「速歩(平地)、通勤・通学、ゆっくり階段を昇る」は4Metsとされています。

実は、世界20か国における平日の総座位時間の調査において、日本人の座位時間は、サウジアラビアに並び世界最長の7時間であるということが報告されています。

 

総座位時間が長いとどうなるでしょうか。

オーストラリアの研究で、1日の座位行動が長い、つまり座りすぎると寿命が短くなるという調査結果がでています。

座りすぎは、肥満や2型糖尿病、心臓血管病になるリスクが上昇すると言われており、最近では、座りすぎが、心的不安やうつ病を招くとの

報告もされています。

 

では、なぜこのようなリスクが上昇するのでしょうか。

座りすぎは、第二の心臓とも言われるふくらはぎや筋肉量が多い太ももなどの下半身を動かさないうえに、その部位の神経や血管を圧迫した状態が続きます。これにより、代謝や血流の低下がおこり、しびれ、浮腫みなどの症状を引き起こす原因となります。

また、長時間座っていることで、毛細血管壁にある「リポ蛋白リパーゼ(LPL)」が一時的に非活性化するともいわれています。LPLとは、血中の中性脂肪を分解する酵素のことで、これが働きにくくなることで脂肪が燃焼しにくくなってしまいます。

他にも、座っていると背中が丸くなりがちです。

立っていると真っすぐな背骨が、座っていると曲がった状態となり、それを支える筋肉に疲労が生じて腰痛や肩こりなどの症状がでます。また、心臓や肺が広がる空間が狭くなり、肺が広がりにくくなると、血中に取り込まれる酸素が減少し、全身や脳へ運ばれる酸素も少なくなります。血流が悪いと栄養の供給も少なくなります。

 

このように、代謝機能の低下や、血液中の酸素量の減少、血流不足による栄養供給の低下などが続いた結果、血糖値の上昇や高血圧、心臓への影響や脳の活動の低下などが起きる可能性が高まり、様々なリスクが生じるのです。

 

注意していただきたいのは、一日の運動量が足りていれば対象外というわけではないということです。日ごろから運動習慣がある人も、座っている時間が長いのならばリスクは同じです。

これらを防ぐ対策ですが、「定期的に立ち、足踏みなどをし、長時間座りすぎない」です。

座りっぱなしを避けるために、立ったまま業務を行う「スタンディングワーク」を導入する方法もありますが、正しい姿勢でなければ疲労や腰痛、肩こりなどの原因になります。

座っていても立っていても、定期的に姿勢を変えたり、足を動かしたりするなどの動作を行い、同じ姿勢を続けないようご注意ください。

 

コロナ禍になり、仕事のスタイルや生活習慣が変化した方も多いと思います。ぜひこの機会に日々の姿勢についても見直し、健康寿命を延ばしませんか。

 

 

神戸東洋医療学院付属治療院

田中 里佳

よくある症状はこちら

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

 神戸東洋医療学院付属治療院

********************

サーカディアンリズム

皆さんサーカディアンリズムって知っていますか?今日は、サーカディアンリズムについてのお話をしたいと思います。

 

サーカディアンとは、ラテン語での「約」とか「ほとんど」のサーカと、「1日」のディアンという意味を合わせた、「約一日」や「ほとんど一日」という言葉です。

つまりサーカディアンリズムとは、約一日の周期リズム=24時間のリズムのことを示しており、体内時計で調節されている生体リズムのことです。日本では概日リズムともいわれています。

 

サーカディアンリズムは体内で刻む体内時計によって調整され、睡眠と覚醒のサイクルや血圧・体温・ホルモン分泌などがサーカディアンリズムによって変動し、人間をはじめとする地球上のほとんどの生物の生命活動にとって欠かせることのできないものになっていますが、人間のサーカディアンリズムは、厳密には24時間ぴったりではなく1時間ほど長い25時間の周期になっているといわれています。

しかし、理論上では生活をしていけば毎日1時間ずつずれていくはずなのですが、私たちは毎日だいたい同じ時間に起き、同じ時間に眠りにつき、同じ時間に食事を摂っています。

このように1時間ずれることなく生活ができているのは、「同調因子」と呼ばれるものによって毎日調整しリセットされているからです。

 

同調因子には、太陽の光・時計・食事の習慣・運動の習慣・規則的な社会生活(通勤、通学)などがあります。

朝の光を浴び、時計などで現在の時間を確認し、朝昼晩と規則正しく食事をし、運動により活動時と休息時を切り替えるなど、日々規則正しい生活を送ることにより、25時間周期リズムから24時間周期リズムへ調整しリセットされているのです。

 

部屋にずっとこもってばかりいたり、夜間に強い光やスマホなどの光を見て夜更かしをしたり、食事を抜いたり長時間昼寝をするなど、不規則な生活をすることによってサーカディアンリズムが乱れ体内時計がずれてしまいます。

サーカディアンリズムの乱れは、高血圧や糖尿病、メタボリック症候群などの生活習慣病をはじめ、がんやうつ病、不眠などの睡眠障害や老化などの要因となる可能性があると多くの研究で明らかにされています。

その中でも一番影響が出やすいのが、睡眠障害で「概日リズム睡眠障害」といいます。

中高生など若者に多い「睡眠相後退症候群」は、夜更かしや徹夜を続けていると朝起きるのが難しくなり、遅刻や欠席が多くなります。

一方、高齢者に多く見られるのが「睡眠相前進症候群」です。夕方など極端に早い時間帯に眠気を感じ夜中に目が覚めてしまうということが起こります。

海外旅行の時に起こる時差ボケも「時差症候群」といわれている睡眠障害です。

 

睡眠障害や身体に不調が出ないようにするためは、規則正しい生活を送り、サーカディアンリズムのずれ等を調整しリセットすることがとても大切です。

サーカディアンリズムの乱れにより自律神経のバランスも崩れてしまいますが、鍼灸は自律神経の調整に有効です。

不眠や自律神経の不調があればぜひ来院し、サーカディアンリズムを整えませんか。スタッフ一同お待ちしております。

 

 

神戸東洋医療学院付属治療院

井上 博之

 

よくある症状はこちら

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

 神戸東洋医療学院付属治療院

********************