梅雨入り前に、5月病対策を

鮮やかな緑と青空が映える季節がやってきました。

この季節、二十四節気では「小満(しょうまん)」といいます。

小満とは、太陽の光を浴びて万物がすくすくと成長し、生命が満ちていく時期のことをいいます。

農作物の成長も感じられる時期なので、農家の方が“小”さく“満”足することからも、小満と呼ばれるようになったそうです。

 

体感的には、梅雨前のとても過ごしやすく気持ちの良い、初夏を感じる陽気ですね。

冬よりも夏が好きな私にとっては、ワクワクとする日が多いです。

 

ですが、5月全体でいえば、「5月病」という名前があるように、身体の不調も感じやすい季節です。

 

5月病は、主にストレスが原因で起こります。

新しい環境による緊張や不安が多かった4月が終わり、ゴールデンウィークの連休の後にその緊張の緩みによって発症しやすく、やる気が出ない、なんとなくだるい、気分が落ち込む、睡眠不足などの症状がみられます。

医学的には「適応障害」に近い症状です。

環境の変化による疲労やストレスによる自律神経の乱れが主な原因となるため、改善策としては、休養を取る事がまずは大切になります。

もしストレスが強い場合には、その原因となっているものを取り除き、ストレスを溜めない生活に改善していくことも大切です。

 

東洋医学的には5月病は、「肝気鬱結(かんきうっけつ)」や「気虚」「気帯」という状態といわれています。

春は、五行論(木火土金水)では「木」、五臓(肝心脾肺腎)では「肝」に影響します。

「肝」はイライラや怒り、ストレスなどの影響をうけやすく、4月の環境の変化などによって、その肝にダメージを受けてしまい、「気」がスムーズに流れなくなってしまいます。

それが原因で自律神経が不安定となり、気持ちのコントロールもできなくなるなどの症状が発生してしまいます。

 

また、「気」の動きが悪くなるとエネルギー源も不足し、疲れやすさや気力の低下などの症状も発生してしまいます。

「気」の流れは体内の血液や水分の流れにも影響し、「血虚」という血の滞りや不足した状態となります。

 

では、5月病はどのように対策をすればいいかご紹介します。

①まずは休息、睡眠

②ストレスの原因改善

③適度な運動

④気の滞りには、柑橘系やミントなどスッキリ系の食べ物がおすすめ

 

 

⑤血の不足には、黒や赤色の食べ物、レバー・黒豆・黒きくらげ・トマトなどがおすすめ

 

 

上記以外にも体質に合わせて鍼やお灸による施術も効果を発揮します。

小満の季節が終わると、いよいよ梅雨到来です。湿度によって、ますます体内の滞りを感じやすくなってしまいます。

梅雨を乗り越え、夏を快適に過ごしやすくするためにも、今から対策を行っていきましょう。

 

 

神戸東洋医療学院付属治療院

池邉 由実

 

よくある症状はこちら

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

  神戸東洋医療学院付属治療院

********************

2024年は甲辰(きのえ・たつ)!

東洋医学では、「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の十干と、「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の十二支の組み合わせで、

「甲子」から「癸亥」までの60年周期で考える思想があります。

東洋では、この60年周期を暦が一周して還るという意味で「還暦(かんれき)」といいます。

 

《十干(じっかん)》                             

甲(きのえ):木の兄 

乙(きのと):木の弟 

丙(ひのえ):火の兄  

丁(ひのと):火の弟

戊(つちのえ):土の兄 

己(つちのと):土の弟 

庚(かのえ):金の兄  

(かのと):金の弟

壬(みずのえ):水の兄  

癸(みずのと):水の弟

 

 

《十二支(じゅうにし)》 

子(ね) 

牛(うし)

寅(とら) 

卯(う) 

辰(たつ) 

巳(み)

午(うま) 

未(ひつじ) 

申(さる) 

酉(とり) 

戌(いぬ) 

亥(い)

 

 

 

2024年は甲辰(きのえ・たつ)です。

中国伝統医学の「五運六気理論」は、十干十二支から気候と病気を予測します。

「甲」は、木・火・土・金・水の「五運」では、「土運太過(どうんたいか)」です。

「辰」は、風・火・暑・湿・燥・寒の「六気」では、「太陽寒水司天(たいようかんすいしてん)」、「太陰湿土在泉(たいいんしつどざいせん)」になります。

一年の前半は寒気が支配し、一年の後半は湿気が支配します。

今年は寒と湿が支配する年になると予測され、からだの中に冷たい水を溜めないように注意しましょう。特に、4月から5月は、冷えて「気鬱(きうつ)」といって、鬱々(うつうつ)とした気分になりやすく、

「中満(ちゅうまん)といってお腹が張る症状が出るかもしれません。

 

このような症状にお勧めなのは、お灸です。体を温めて、寒気や湿気を追い出します。

お灸は独特の芳香があり、体表の鬱々とした気を発散して気分を改善します。

 

カラダから寒気や湿気を追い出すには、体を温めて汗を出すことも効果的なので、エクササイズもお勧めです。

私も今年から休日には10㎞ほどウォ―キングし、ウィークデイには、付属治療院のある1階から9階まで歩いて登っています。

あと温泉なども良いと思います。 

 

甲(きのえ)は十干の最初であり、この10年のスタートという意味があります。

植物は、冬は種の状態ですが、芽吹いたばかりの種の殻を十文字に破って出てきた姿が、甲を表した象形文字になります。

辰(たつ)は「しん」とも読み、「伸(しん)」の意味があります。

新しいものが芽生え、どんどん伸長していきます。しかし、芽には種の殻がついており、抵抗はあるというイメージとなります。

 

東洋思想の考えから言えば、甲辰の年は、成長するために、新しいことをスタートする年です。そして、新しいことをはじめたら、抵抗が必ずあります。

いままで、抵抗があり鍼灸を受けたことのない方でも、ぜひ付属治療院にきていただき、新しい体験をしてみてはいかがでしょうか。

鍼灸治療を受けると、精神的にも肉体的にもレジリエンスが高まります。

レジリエンスとは「回復力」「復元力」「耐久力」「再起力」「弾力」を意味する言葉です。

ストレスを受けてココロとカラダがつぶれそうなときでも、また復活する力、レジリエンスを養っていただくために、ぜひ、鍼灸治療を受けてみてください。

新年度、新しい学びをはじめたり、新しい職場で新しい自分にチャレンジされている方は、ぜひ、鍼灸という選択肢を活用してください。

 

 

神戸東洋医療学院付属治療院

早川 敏弘

よくある症状はこちら

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

  神戸東洋医療学院付属治療院

********************

その微熱、放っておかないで

感染症が流行っている昨今、「発熱」が色んなところで気にかけられるようになりました。

そんな中、以前より体温を測るようになり、感染症に感染していないのに、ずっと微熱が続いている、、、ということに気付くようになった人も結構います。

 

東洋医学では、感染症など外からの邪気が原因の発熱を「外傷発熱」、内側のトラブルで起きる発熱を「内傷発熱」と呼んでおり、謎に続く微熱は「内傷発熱」に分類されることが多いです。

 

内傷発熱は大きく分けて5つあります。それぞれの特徴と対策を見ていきましょう!

 

①気虚発熱

 特徴:疲れが溜まったり、疲れてくると熱が出る

 他にも、気力がわかない、疲れやすい、汗をかきやすい、下痢しやすい、食欲低下なども一緒に見られます。

 

 このタイプの人は、疲れを溜めないことがとても大切です。溜まった疲れはその日のうちに解消するように心がけましょう!

 

②陰虚発熱

 特徴:午後や夜間に身熱感と発熱が起き、朝目覚めたときには平熱に戻っている

 他にも五心煩熱といって手足のほてり、胸がそわそわする、骨が蒸されるような体の芯からじわりと熱い感じの熱(骨蒸潮熱)、頬が赤い、寝汗、口や肌の乾燥、便秘なども一緒に見られます。

 

 このタイプの人は、睡眠をめちゃくちゃ大切にしてください。

 そして岩盤浴や半身浴、ホットヨガ、激しい運動などで大汗をかくのは避けましょう!

 

③血虚発熱

 特徴:生理の時や産後、睡眠不足が続くなど血を消耗した時に熱が出る

 他にも不眠、動悸、顔色が青白い、かすみ目、爪が割れやすい、髪の毛がパサつくなども一緒に見られます。

 

 このタイプの人は、睡眠不足にならないように、睡眠の質や量を大切にしてください。  

 スマホやPCなど目を使うことも血を消耗することに繋がりますので、ほどほどにしましょう!

 

④肝経鬱熱

 特徴:強いストレスがかかったり、ストレスが多い日に熱が出る

 普段からイライラしやすい、胸や脇が張って痛い、頭痛、口が苦く渇く、ガスやげっぷが多いなども一緒に見られます。

 

 このタイプの人は、こまめにストレスを発散しましょう!人とおしゃべりをしたり、歌を歌ったり、体を動かしたり。

 無理のない範囲で自分の好きなことをしましょう!

 

⑤瘀血発熱

 特徴:午後や夜間に発熱、体の特定の部分に発熱を感じる

 他にも頭痛、肩こり、生理痛、ざらざらサメ肌、のどは渇くが水を飲みたがらない、顔のくすみ、目の下のクマなども一緒に見られます。

 

 このタイプの人は、体を適度に動かすようにしましょう!

 同じ姿勢でいない、体を冷やさないなども心掛けて下さい。

 

 

大きな病気に繋がることもある微熱、あまりにも長く続く場合や他の不調と重なる場合は病院で一度見てもらいましょう。

その上で原因不明な微熱は東洋医学の知識も入れつつ、放っておかないようにしましょうね!

 

 

神戸東洋医療学院付属治療院 田中 友也

よくある症状はこちら

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

 神戸東洋医療学院付属治療院

********************

主心

先日、第32回はり師・きゅう師国家試験が行われました。

国家試験は、はり師ときゅう師に分かれていますが、その両方を取得する人が多いので鍼灸師と呼ばれています。

この試験に合格すると、新たな鍼灸師が誕生します。

 

 

『武藝武術も第二のさたよ

 とかく主心がおもじやもの

 主心なければ明き屋おなじ

 きつね狸きも入りかわる』

 

これは、江戸時代の文人画家である池大雅(いけのたいが)の「葛の葉図」に記されている、江戸中期の禅僧である白隠慧鶴(はくいんえかく)の書です。

池大雅の「葛の葉図」はお多福のような顔をした可愛らしい子供が描かれているのですが、足元を見ると服の裾から毛深い尻尾が見えており、実は子供は狸が化けたものという図です。

 

書の意味は「武藝武術に長けようとも主心(臍の下の気海丹田にあるとされる真実の心)がなければ、空き家も同然だ」です。

気海丹田は、下腹部、ツボの気海(きかい)~関元(かんげん)あたりを指します。

 

 

私が国家試験を受験したのは数年前のことになってしまいましたが、思い起こすと学生1年目の実技の授業で、鍼の打ち方やお灸の仕方を学びました。

鍼を持つ指の使い方はもちろんのこと、その姿勢についても教わり、崩れた姿勢では、真っすぐに鍼を打つことは難しく、鍼が途中で曲がってしまったり、身体に入っていかなかったりします。

また、鍼灸師の体にも負担がかかります。良い姿勢は自分の臍の中心が打ちたい場所に対して真っすぐ向いているか。

そして、いかに打つ側が楽な姿勢であるかが大事だと教わりました。

 

白隠慧鶴は、鍼灸師の理を唱えたわけではありませんが、鍼を打つ姿勢や患者さんとの向き合い方について相通じるところがあるのではないかと思います。

 

 

気海は全身の気の病を治療できるツボともいわれ、関元は元気の源だとされ、いずれも気力を整えるのに良いツボです。

気海丹田に気力を充実させ、邪気を吹き飛ばし、健康な1年を過ごしましょう!!

ご自宅で、お灸をされるのも良いと思います。

 

 

☆気海:へそから指2本分下にあります。

     気の海と言われ、全身の気の病を治療できると言われています。

☆関元:へそから指4本分下にあります。

     丹田と呼ばれることもあります。元気を蔵します。

 

 

神戸東洋医療学院 付属治療院 田中 里佳

よくある症状はこちら

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

 神戸東洋医療学院付属治療院

********************

可愛いだけじゃない、イチゴの効果

寒さも少しずつ緩みはじめてきましたね。

立春も過ぎ、春の訪れが近づいてきました。

寒いながらも、楽しみを見つけながら過ごされている方も多いかと思います。

 

私はスーパーなどで並んでいるイチゴを見つけると、ワクワクしています。

味も美味しく見た目も可愛い、一番好きな果物です。

 

今では年中栽培することが可能なイチゴですが、一番収穫量が多く美味しいといわれているのは、この寒い時期から4月頃までだそうです。

 

イチゴには、ビタミンCが多く含まれており、大きさにもよりますが5粒から10粒食べるだけで一日に必要とされるビタミンCを補うことができるそうです。それ以外にも、カリウムやマグネシウムなどのミネラル成分も豊富で、美容や健康にとても良い食材です。

 

 

節分が過ぎて立春に入ったこの季節は、東洋医学では秋冬の陰の季節から、春夏の陽の季節に移り変わっていきます。

春は植物も成長する季節で、上へと気が動いていきます。

 

また、春は東洋医学の五臓でいうと「肝」と関係しています。

肝は、気を全身にめぐらす働きがありますが、亢進しすぎると気が上がりすぎて熱を発生しやすくなります。

そのため、体の上部に不調が起こりやすく、イライラや頭痛、耳鳴り、めまい、自律神経の不調も起こりやすいです。

 

 

そのようなときにイチゴはおすすめの食材になります。

薬膳の効果として、以下のような効能があります。

 

・体のこもった熱を冷ましてくれる

・体に不足した水分を潤わしてくれる

・胃腸の調子を整えてくれる

 

暑くてのぼせているときや、空咳が出ているときや喉の渇き、消化不良の時などに食べるとおすすめです。

ただし、イチゴには冷やす作用もあるため、冷え性のかたは控えめに食べましょう。

 

 

ぜひ美容も健康も意識して、今が旬のイチゴを食べてみてくださいね。 

 

 

神戸東洋医療学院付属治療院 池辺 由実

 

よくある症状はこちら

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

 神戸東洋医療学院付属治療院

********************