かくれ脱水

寒くなって来ましたが体調はいかがですか?

皆さん、「かくれ脱水」って知っていますか?暑い夏にだけ脱水が起こるとは限らないのです。

今回は「かくれ脱水」についてのお話をしたいと思います。

 

原因はよく分からないが、なんとなく身体が怠かったり頭が痛くなったり胃の調子が悪かったりするなど、こうした冬場の体調不良は、実は「かくれ脱水」によるものかもしれません。

人間の身体は、成人では体重の約60%、65歳以上の高齢者は約50%が水分で占められています。

この身体に含まれる水分のことを体液(血液、リンパ液、消化液、組織間液等)と呼びます。

 

体液が全身を循環することで、体に必要な酸素や栄養分が細胞に運ばれ、不要な老廃物は尿として排泄されます。また、体温が上がったときに汗を出して体温を一定に保つのも、体液の重要な役割のひとつです。

体液は、汗や尿で体の外に出ていく水分と、飲食によって体の中に入ってくる水分でバランスをとり、一定の量が保たれています。

ところが、夏場の気温の高さや湿度の高さによる大量の発汗や、発熱時の発汗、消化器疾患による下痢嘔吐などにより体液が失われた場合に水分のバランスが崩れ、体液が不足してしまいます。これが脱水です。

 

しかし、これからの季節は上記の原因とちょっと違うかたちで体液が不足してしまうのです。

その原因とは「乾燥」です。

体液は汗や尿のほか、皮膚からの水分蒸発によっても外に出ていきます。湿度が低く、乾燥する季節はこの水分蒸発が進むため、より体液が失われやすい傾向になります。

 

また、暑い夏に比べると喉の渇きが感じにくいため、水分を積極的にとらない人も多くなりがちです。

結果的に、体の外へと出ていく水分は多く、体の中に補給される水分が少なくなるため、体液が不足しやすくなるのです。

このように、知らず知らずのうちに体液が失われ、自覚のないまま脱水状態に陥ることを「かくれ脱水」といいます。

 

 

では、「かくれ脱水」を防ぐための予防法をお伝えします。

 

・まず、こまめな水分補給が大切です。

 喉が渇いたと感じる前に飲むようにしましょう。

 

 

・次に室内の湿度を上げることです。

 加湿器や濡れたタオルや洗濯物を室内に干すだけでも加湿の効果があります。

 乾燥を防ぎ、体の表面から逃げていく水分を減らすことができます。

 

 

・そして室内での体温調節にもご注意ください。

 室内の温かい環境で厚着したままや、寒さ対策として気密性の高い素材を使った下着や衣類を身につけていると、熱がこもりやすく体が熱くなり発汗し、水分を奪う要因になります。

 脱ぎ着しやすい服装等で体温を調節してください。

 

 

これから益々寒くなり乾燥もしていくので「かくれ脱水」に注意して過ごしていきましょう。

 

こまめに水分補給し乾燥も防いでいても、なんとなくからだが怠かったり頭が痛くなったり胃の調子が悪く感じるなどお悩みの方は、ぜひ鍼灸治療を!

体調不良の原因を一緒に考え、改善して行きませんか。

スタッフ一同お待ちしております。

 

 

神戸東洋医療学院 付属治療院

井上 博之

 

よくある症状はこちら

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

 神戸東洋医療学院付属治療院

********************

体の冬支度、体温をあげましょう

今週から急に気温が下がり寒くなりました。

今年は11月8日から21日までが、冬が始まる「立冬(りっとう)」です。

「立冬」とは二十四節気の中で十九番目の節気で、秋が過ぎて冬に入る、冬が始まる時です。

冬眠する動物たちが地中に穴を掘って隠れ、山野に木の葉は落ち、草は枯れていきます。

自然はこのように冬の準備をしますので、私たちも体の冬支度が必要だと思います。

 

今回は、体の冬支度の一つになる体温調節についてお話しします。

 

健康的な体温は、私たちの体の機能を円滑に維持するために非常に重要です。正しい体温調節は免疫システムの強化、新陳代謝の円滑な進行、そして身体機能の最適化に役に立ちます。

私たちの体の正常体温は約36.5℃から37.5℃の間です。この範囲を超えると、体が風邪、熱中症、またはその他の身体の問題が起こる可能性があります。

冬になると気温が下がって、体温が下がる方も多いと思います。体温が下がると血液循環が悪くなり、代謝作用と免疫力にも問題が生じることがあります。

 

では体温を上げる方法を紹介します。

 

1.水をたくさん飲んで、食べ物は30回以上噛む

十分な水分補給は体温維持に不可欠です。水は新陳代謝を促進して体温を維持させ、利尿作用を促進して体内に蓄積された老廃物を体外に排出します。

食べ物をしっかり噛んで食べることも重要です。噛むことによって頭と体全体に熱が発生し、体温が上昇しますので、一口に30回ほど噛み、食事時間も20分~30分以上を心がけましょう。

ナッツ類やゴボウ、レンコンなど、たくさん噛まなければならない固い食べ物を摂るのも一つの方法です。

 

 

2.体温を上げる食べ物を食べる

ショウガ、シナモン、ニラ、ニンニク、ナツメなど、体に熱を作り、体内の代謝を活発にする食べ物を摂取すれば、確実に体温を上げることができます。

特に生姜のジンゲロン(生姜の辛味成分の一つ、抗酸化作用がある)と、ショウガオール(活性酸素を除去する効果がある)という成分は、体温を上昇させ、体内の冷気を抜く役割をします。

 

シナモンは血流量を増やし、血液循環を促進して体を温めます。シナモンをしっかり摂取すれば、手足の冷え症、消化障害、便秘症状を緩和するのに役に立ちます。

 

そしてニラは漢方では「温かい性質」を持っている食品として知られています。韓国の韓医学の本である「東医宝鑑(とういほうかん)」には、ニラは体を温めるので、お腹がよく痛くなったり手足が冷たい人は、絞った汁を飲むと良いと書いてあります。

またニラは鉄分が含まれ、血液生成と血液循環を助けます。

 

 

3.30分以上運動する

有酸素運動と無酸素運動を並行した方が良いです。汗が出て息が切れるほどの中強度運動が効果的です。運動すれば、私たちの体は新陳代謝が活発になり、血液循環も円滑になり、体温維持に良いです。

また、運動で筋肉量が増加すると基礎代謝量(生命を維持するのに必要な最小限のエネルギー量)が増えます。

基礎代謝量の大部分は体温維持に使われますので、基礎代謝量が高くなれば体温を維持することができます。

 

 

健康的な体温は、私たちの全般的な健康に大きな影響を与える重要な要素です。

今年の冬は体温が落ちないように、この3つに気を付けて元気な冬を過ごしてください。

 

神戸東洋医療学院付属治療院より

 

よくある症状はこちら

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

 神戸東洋医療学院付属治療院

********************

広島県福山市で耳鍼の講演をおこないました

2023年10月1日に、広島県の福山地区鍼灸師会さまにお招きいただき、「耳鍼治療の実際」と題して、講義と実技を行いました。

広島県・福山市を訪れるのは初めてです。崖の上のポニョの映画のモデルとなった「鞆の浦(とものうら)」があり、広島市と岡山市の中間に位置し、尾道市のお隣りです。

13時30分からの講演ですが、10時30分にJR福山駅に着き、会場を確認しました。会場前にポスターが貼ってあり、2025年に福山では「世界バラ会議」が開催されるそうです。

「バラの町・福山」という言葉に魅かれて、歩いて10分ほどの「ばら公園」に歩いてみました。

途中で、美しい図書館と公園があり、そこではイベントが開催されたり、隣には原爆慰霊碑があったので手を合わせてきました。

ばら公園に向かう途中で歩いた商店街はとても素敵で、魅力的なフレンチレストランやベトナム料理店がありましたが、せっかく海の街に来たということで、海鮮丼のお店に入り、1日5食限定の「18種盛り海鮮丼」を食べました。

絶品の味なのに物凄くリーズナブルで、福山という街がものすごく好きになりました。

 

午後からは会場に戻って、講演をさせていただきました。

まずは「耳鍼の歴史」を講義します。1時間かけて、最初に覚えていただきたい耳のツボをお伝えしました。

 

休憩をはさんで、実技を行います。

「どなたでも結構ですので、動かすと痛みのある症状をすぐに耳鍼で変えるデモンストレーションをさせていただきます」とお声がけしました。

 

最初は、右肩こりの方です。これは、講義の部分でお伝えした耳穴「頚椎」という耳穴を説明させていただきながら触り、左の耳の「頚椎」に円皮鍼を刺した瞬間に、肩こりの症状がとれました。

 

次の方は、腰痛です。左右どちらも腰が痛く、後屈という動きが痛くて出来ないそうです。これも「腰骶椎」という耳穴を説明しながら触り、円皮鍼を刺した瞬間に、痛みがマシになり、後屈できるようになりました。

講演会の参加者の皆様はベテランの鍼灸師の先生方なので、ここで左右の耳の使い方などのご質問があり、熱の入った議論となりました。

 

3人目のデモンストレーションのモデルは、左股関節痛です。

これは、少し問診しただけで、かなり重症なのが分かりました。正直、「これは難しいぞ」と思いつつ、同時にうれしくなりました。この方の症状は、普通に1時間の治療時間をかけて体の鍼を使っても、1回で効果を出せるかどうかわからないというレベルの、難易度の高い症状だったからです。

わたしの中では「耳鍼」を一番よく使うのは、このような「本当に難しい、難治の患者さん」という位置づけです。耳鍼を本当に使いたくなる難易度の方が、偶然にもモデルとなってくれたので、うれしくなったのです。

耳穴を触ると、この方も左耳の「腰骶椎」に反応があり、そこに7mmの短鍼を刺しました。股関節を痛い方向に曲げてもらい、「どうですか?」と声をかけても「全く変わらない」とのことでした。全く変わらないまま耳穴「腰骶椎」に8本の短鍼を刺します。

8本目の鍼で、ようやく「股関節はなんだか、わからなくなってきた。その代わりに腰が気になる」とおっしゃいます。

続いて左耳の「腎」という耳穴を触りました。ここは、経験上、難治性腰痛の耳穴の反応が出やすいからです。

立った姿勢の状態で、左耳の「腎」に刺すには、鍼は下から上の方向に刺すことになります。しかも目で見えない位置に耳穴があります。

角度と場所だけ、何度も確認して、左手で短鍼を持ち、これ以上ないくらいに集中した状態で9本目の短鍼を耳穴「腎」に刺しました。刺した途端に、腰と股関節の痛みがかなり軽減したと答えていただけました。

本当に良かったです。

このデモンストレーションから会場の雰囲気もさらに変わり、ものすごく活発に質疑応答も行われ、充実した講演会となり、時間も延長して終了となりました。

 

2023年11月19日には、神戸東洋医療学院の教室を会場として、このような短鍼の使い方のセミナーを行います。

耳鍼ではなく体への鍼ですが、卒業生の方は、ぜひご参加いただけるとうれしいです。

 

神戸東洋医療学院付属治療院

早川 敏弘

 

よくある症状はこちら

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

 神戸東洋医療学院付属治療院

********************

目をとじますか?耳をふさぎますか?

皆さん、2023年「荒れましておめでとうございます」

もちろん阪神タイガースの優勝を寿ぐご挨拶です。

神戸、大阪では優勝当夜、喜びの熱気のためか熱帯夜でした。

前回の優勝から苦節18年、本当に嬉しい限りです。

 

 

 

さて、冒頭にお断りしますが、今回のコラムは100%私見です。

当学院を代表していませんし、当院の総意でもありません。それを踏まえお付き合い頂ければ幸いです。

 

 

私達の暮らしの中で、当然のように語られる健康や食に関わる情報や、薬や体の働きに纏わる常識があります。

しかし、客観的な統計や現象を改めて知ることで、私自身衝撃の事実を学ぶ機会がいくつもありました。

皆さんにとって、これらは興味深い内容になるのか?場合によると不快や不安を与えかねないという危惧を抱きましたが、まずは真実を知ることから次の一歩が始まると確信し、その中から一つの話題を取り上げます。

 

 

私達は2020年から新型コロナウイルスの蔓延に見舞われました。大切な人を失い、また、行動の自由を制限され、経済的な損失をうけました。

 

今年に入り人の動きや経済活動が活発になり、一件元の生活が返ってきたようにも感じますが、私はまだ以前の暮らしが戻ってきていないと感じます。

それは、新型コロナウイルスの定期的かつ頻回のワクチン接種が続いているためです。

9月後半からは、オミクロンの変異種であるXBBに対する接種が始まっています。

 

もちろんワクチン接種により助けられた方々もおられると思っていますが、ワクチン接種により亡くなられた方や健康被害を訴えられる方々も少なくありません。

私は臨床でコロナウイルスワクチン接種による後遺症と病院で診断を受けられた患者さんを施術させていただいています。

幸いにも回復に向かわれていますが、完治には道半ばと感じています。

そういう方を診させていただくにつけ、国はなるべくメリット、デメリットについて、その都度情報公開を行うことが国民に対する愛情であり誠意ではないかと考えます。

 

 

先日、大阪府泉大津市で市民を対象に「健康づくりシンポジウム」(令和5年7月22日開催)が行われました。

現在、世界での新型コロナの流行状況やコロナ感染による後遺症、ワクチン接種による後遺症の方々への治療の取り組みとその成果について、また、ワクチン接種による健康被害の現状とその科学的な解説などの報告が各先生から行われました。

 

私も初めて知ることも多く、また、今後の課題についても考えさせられました。

医療に携わる私達はもちろんですが、皆さんや皆さんの大切な人達のためにも知っておかれると良い内容だと思います。

興味のある方は、当日の様子がYouTube動画で視聴が可能です。

私自身、個人的に大切に思っている方々へ伝え始めています。そのため、今皆さんにもお伝えしています。

情報をもとに自分が考え行動できればと思っています。

 

 

私達が鍼灸治療において診察を行なう際、その人の症状に関連することはもちろんですが、食べ物の嗜好や仕事の具体的な内容、趣味、ストレスについてなど、治療とは直接関係がなさそうな内容まで伺うことがあります。それは、様々な情報を得ることで初めてその人の理解が深まるからです。

世間を見るときにも診察と同じような様々な視点を持つことが大事だと考えています。

今回の内容が皆さんの一助になればと願っています。

 

 

神戸東洋医療学院付属治療院 

川上 靖

 

よくある症状はこちら

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

 神戸東洋医療学院付属治療院

********************

乾燥肌予防

まだまだ暑さが残る今日この頃ですが、ようやく秋の訪れを少しずつ感じられるようになって参りました。

さて、今回は秋の訪れとともにやってくる乾燥肌による皮膚の痒みについて、少しお話させていただこうと思います。

 

秋は、夏の紫外線の影響によって皮膚のバリア機能が低下しており、肌が乾燥しやすく、刺激を受けやすい状態です。

 

加えて、秋冬は空気が乾燥しているため、肌の水分を補おうと皮脂が過剰に分泌されて皮脂トラブルが起きやすく、肌荒れも生じやすくなります。

それらが原因で肌が痒くなり、さらに痒みのためにひっかくという悪循環に陥ってしまいます。

 

 

乾燥肌による痒みを予防するには、肌のターンオーバーを整える事が重要です。

そのひとつに、食べ物から十分に栄養素を摂ることも、重要な要素のひとつです。

 

 

 

たんぱく質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を摂ることは、古い肌細胞が新しい肌細胞と置き換わる現象(ターンオーバー)を促すことができ、健やかな肌を保つために欠かせません。

栄養不足によるターンオーバーの乱れも改善するでしょう。

 

 

 

 ☆乾燥肌の人が食べ物を選ぶポイント☆

 

 ・様々な種類の食材を少しずつ食べる

 ・できるだけ毎日違う食べ物からたんぱく質を摂る

 ・野菜は加熱をする

 ・ファーストフードを避ける

 

栄養バランスの摂れた食事を心がけて、これからの乾燥肌シーズンを万全に乗り越えましょう。 

 

 

 

 

 

 

 

神戸東洋医療学院

水野 啓子

 

よくある症状はこちら

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

 神戸東洋医療学院付属治療院

********************