大寒卵!

毎日寒い日が続いていますが、皆さま体調はいかがですか?今年も健康に注意して、元気で過ごして行きましょう!

さて、もう少しで大寒ですが「大寒卵」ってご存知ですか?

名前の通り大寒の日に産まれた卵のことなのですが、この卵を食べると金運や健康運が上昇すると言われ、縁起が良い卵だそうですdouble exclamation

私は知りませんでしたが(笑)

 

大寒は、二十四節気のひとつで一年の中で一番寒い日と考えられています。

二十四節気のことは治療院のブログでもよく目にしていただくかと思いますが、ここで少し復習を。

古代中国で作られた暦のことで季節の変化を示す指標として、主に農業で使われていました。

春夏秋冬の四季は有名ですよね。その四季をさらに6つに分割した4×6=24で、二十四節気の暦になります。

 

【参考】

春:立春、雨水、啓蟄、春分、清明、穀雨

夏:立夏、小満、芒種、夏至、小暑、大暑

秋:立秋、処暑、白露、秋分、寒露、霜降

冬:立冬、小雪、大雪、冬至、小寒、大寒

 

日本でもよく耳にする名前もありますね。

興味のある方は2021.3.2のブログ(春を迎えるための過ごし方)も参照してみてください。

 

では、なぜ大寒卵が良いとされているのでしょうか?

親鶏が寒い季節を乗り切るために体温を維持し栄養を蓄えようと、より多くの餌を食べています。また卵を産む回数も少ないので、卵一個に対する栄養価がギュッと凝縮されると言われています。

そのためこの時期の卵は身体に良いとされ、風水の点から金運もアップすると言われているので、とても縁起が良いと人気があるようです。

今年の大寒は1月20日ですが、大寒は定義的に初日の1日のみを指すこともあれば、立春までの約15日間を指す場合もあります。

ぜひ皆さんも今年は、この寒い時期に大寒卵を食べてみてはいかがでしょうか。

大寒が過ぎれば、立春となり暖かい春がやって来ます。春を健康的に元気で過ごすためにも、大寒の時にしっかり身体をいたわり体調を整え寒さを乗り越えることが大切です。

大寒卵も良いですが、鍼灸治療でも健康・免疫力はアップします!大寒卵を食べて施術を受けに来て頂きましたら健康運はさらにアップグッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)

気血の巡りも良くなり、金運もアップグッド (上向き矢印)かも?

お待ちしておりますほっとした顔

 

よくある症状はこちらから

 

神戸東洋医療学院付属治療院 井上 博之

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

  神戸東洋医療学院付属治療院

********************

 

 

 

あなたの脳はスマホ脳?

東京オリンピックに岸田内閣誕生など、今年もいろいろな出来事がありました。加えて、昨年同様新型コロナウイルスに振り回された2021年も終わりを告げようとしています。この1年、皆様にとってはどのような1年だったでしょうか?

 

さて、1年を振り返ってみて「睡眠が浅い」「以前より集中力がなくなった」「記憶力が悪くなった」「鍵をどこにしまったのか思い出せない」・・・などの変化を感じた方はいらっしゃいませんか?

感じると思われた方に質問です。一日にどのくらいスマホの画面を見ていますかexclamation and question

 

通勤途中の電車内、周りを見渡すと老若男女問わず多くの人がスマホの画面を見ています。電車内以外でも、食事をしながら、お茶を飲みながら、お友達と話しながら、画面を見ていなくても手が届く範囲にスマホを置いている人が多いように思います。一日に何度もラインメッセージやメールが届いていないか確認し、空き時間にはデジタル書籍や動画配信、SNSのチェックをする。スマホを家に忘れた日は何だが不安で落ち着かない、夜中もスマホを手放せない、などということはありませんか?

そういう方はひょっとしたらスマホ依存症かもしれません。

 

総務省が発表しているインターネット利用時間(令和2年)の全年代平均は約168分、年代別だと10代―224分、20代―255分、30代-188分、40代―160分、50代―130分、60代―105分です。平均約3時間はスマホやパソコンなどの画面を見ていることになります。

スマホが脳に与える影響の一つは、睡眠不足です。スマホの画面からでるブルーライトの光は睡眠を促すホルモン「メラノサイト」の放出を抑制し、その分泌を遅らせます。そのため、寝る1~2時間前にはスマホやパソコンの画面を見るのをやめるよう言われています。しかし、睡眠不足を促すのはこれだけではありません。スマホやパソコンから提供されるあらゆる多くの情報は、私たちの脳を常に刺激しています。画面をどんどんスクロールし、興味のある言葉を探しては、そのサイトを覗いていく。この時、放出されるのがドーパミンです。ーパミン量が増えることによって、どんどんと新しい情報や知識への欲求が高まり、スマホをスクロールすることがやめられなくなります。寝るどころの話じゃないですね。

 

また近年、「ながら運動」など、複数のことを同時にする人がいます。これは別に悪いことではないのですが、脳には「ながら」では出来ないことがあります。それが「集中」です。スマホ依存の人は、一日中スマホの存在を気にしながら、何かをしています。人間は何か作業をする時、それに集中していなければ作業記憶が低下します。「鍵をどこにいれたか思い出せない」などは作業記憶が低下しているから起こるのです。集中力、作業記憶が低下し、その上、記憶を整理する作業を行う睡眠も不足しがち・・・。

スマホはとても便利で生活に欠かせないものになりつつありますが、長時間は使用しない方が良いかもしれない、と思いませんか?

ここまで書くと、もう二度とスマホには触れない・・・と思ったのですが、すでにスマホの虜になりつつある私は、結局この作業をしながらも時折スマホを見てしまっていました。とりあえずスマホを見る時間を制限し、寝る時はスマホを別部屋に置き、スマホ依存にならないように付き合い方を考えてみます。

 

もっと詳しくスマホが脳に与える影響をお知りになりたい方は、「スマホ脳」(新潮社)という本を、デジタルではなく紙媒体で読んでみてください本

 

スマホやパソコンに向かう時間はともかく、睡眠の質が低下している、集中力も低下したかも?という方、鍼灸をお試しいただくのはいかがでしょうか。鍼灸は、睡眠の質の向上に有効といわれています。また、集中力や記憶力の低下の原因の一つとして首や肩コリによる血流の悪さも考えられます。100パーセントお悩み解消というわけにはいかないかもしれませんが、少しはお役に立てるかもしれません手 (グー)

 

よくある症状はこちらから

 

神戸東洋医療学院付属治療院 田中 里佳

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

  神戸東洋医療学院付属治療院

********************

 

冬の養生法

12月7日は大雪(たいせつ)でした。大雪は24節気の中で雪が最も多く降るという意味から名づけられています。大雪が過ぎると冬の風が強く吹き、寒くなります。

 東洋医学には季節ごとに合わせた養生法があります。今回は冬の養生法をご紹介します雪

 

韓国ドラマや東洋医学に興味がある方は、「ホジュン」や「東医宝鑑(とういほうかん)」という言葉を聞いたことがあるかと思います。東医宝鑑は1613年に発刊された韓国の漢方医学の本で、ホジュンとはその著者である医者の名前です。その本には季節ごとに守るべき養生法が明示されています。

 

そこには、『冬は早く寝て遅く起き、冷たい空気は避け、汗をかき過ぎないように体を温めること』とあります。ただし、注意することとして、遅く起きるとしても日が昇りきる前には起きること、暖かくし過ぎてもいけません。暖か過ぎると体温調節のために汗をかきますが、そうするとむしろ冷たい風が体に侵入しやすくなり、筋骨が弱くなって病気になりやすくなります。

すなわち家の中で半袖を着るほど暖房をかけ過ぎると、かえって健康を害することになります。

寒さが強い冬は、陽気の消耗が多くなる季節です。陽気とは、私たちの体を適正な状態に維持し気を全身に循環させるエネルギーのことを言いますが、陽気の消耗が多くなるとその働きが弱くなり、血液の循環も悪くなります。

私たちは寒さに耐えるために体温を維持しようとしますが、重要な臓器を守るため体の中心にある心臓や脳などに血液を集中させ、手足への血液循環が悪くなります。末端の手足が冷えるのは、そのせいでもあります。

冬の特徴的な疾患として呼吸器疾患を一番先に思い浮かべる方が多いと思いますが、それよりもっと重要なのが血液循環障害です。普段血管に問題がある状態なら、冬に血液循環に障害が発生しやすく、これによって多様な血管疾患が起こる可能性があるからです。動脈硬化、狭心症やレイノー症候群など様々な疾患になるリスクが高まることがあります。

手足の冷え、冷えのぼせ、肩こりや頭痛、シミ、そばかす、クマ、くすみ、生理痛、子宮筋腫などの婦人科系のトラブルに思い当たる方は血液循環が円滑になっていないと考えられます。生活習慣を工夫することで改善できることがありますので、以下参考にしてみてくださいdouble exclamation

 

【血液循環を改善するための生活習慣】

①規則的なウォーキング運動

 -血管拡張に効果があります。

②禁煙

 -ニコチンは血管を収縮させます。

③飲みすぎ禁止

 -飲みすぎは、血中脂質を増加させます。

④十分な睡眠

 -睡眠不足は血管の弾力を低下させます。

⑤ストレス解消

 -ストレスは高血圧や高コレステロールの原因です。

⑥お風呂、半身浴、マッサージ

 -下半身を温めて自然治癒力を向上させます。

⑦朝食、バランスの良い食事、十分な水分摂取

 -朝食を抜くと血小板が多くなって血液がベタベタします。

⑧気温変化に注意!

 -身体の保温は血液循環と密接な関連があります。

⑨血液の流れをよくするツボを刺激!

 -血海・三陰交:この二つのツボは血液の働きが悪くなった時に刺激を与えると効果的です。

 

冬は陽気を節約する養生法をしなければなりませんが、実は冬の養生法の最も究極的な目的は、次の春をより良い状態で迎えるためです。冬に陽気を貯めておかないと、春の気候や環境の変化に体がついていけず、一年中体が苦しく感じたりすることがあります。

今年一年を締め括りながら、来年や新春のために血液循環も上手に管理していきましょうクローバー

 

よくある症状はこちらから

 

神戸東洋医療学院付属治療院

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

  神戸東洋医療学院付属治療院

********************

 

ほっこりしたい季節になりました

明日から12月、1年で一番陽の短い冬至まであと少し。寒いと外へ出るのが億劫になりがちです。そんなときはお家でほっこりと。そして、お供には是非、美味しいお茶をexclamation

 

さて、日本人には馴染みのお茶ですが、緑茶も、烏龍茶も、紅茶も同じチャノキから作られているのをご存じでしょうか。学名をCamellia sinensis(カメリア シネンシス)というツバキ科の植物で、様々な品種が開発され、世界各地で生産されています。

さらに、摘み取った新芽や若葉をどのような工程で加工していくかによってお茶の種類が決まります。揉み込んだ芽や葉は、空気中の酸素と反応し発酵します。完全に発酵させると紅茶、半分だけ発酵させると烏龍茶、発酵させないと緑茶になります。

今回は、紅茶をとりあげたいと思います喫茶店

お茶はポリフェノールが豊富とは言いますが、生のお茶の葉に含まれているポリフェノールであるカテキンは、発酵し紅茶になるとテアフラビンやテアルビジンに変化し、紅茶特有の紅い色素や渋みの元になります。これらは抗酸化作用があり、体を構成している細胞の老化を遅くすることが出来るかもしれません。

むずかしいことはさておき…ここで、紅茶の美味しい淹れ方をご紹介します。

まずはお水ですが、蛇口から出したての空気が含まれた新鮮な水道水をやかんに注ぎます。カップ1杯につきティースプーン1杯の茶葉をポットに入れます。沸騰したお湯を、やけどに気を付けながら一気にポットに注ぎ入れます。空気がたっぷりと含まれたお湯であれば、茶葉がポットの中で対流し始めます。

抽出時間は2、3分ですが、紅茶のパッケージをご参照ください。抽出中も冷めないように、ポットにタオルやティーコージーと呼ばれる保温用の布カバーを被せてもよいでしょう。あとは、各々のカップに注ぐだけ。ストレートやレモンティーも良いですが、ミルクを入れてもやさしい味になります。

紅茶の本場、イギリスでは、紅茶は圧倒的にミルクティーが主流。こだわりも強く、カップに注ぐのは紅茶が先かミルクが先かでちょっとした論争が起きます。昔は、性能の良い陶磁器を作ることが大変難しく、それだけデリケートなものであったため、いきなり熱い紅茶を注ぐと割れてしまう恐れがありました。そのため、先にミルクを注ぎ急な温度上昇を防いだそうです。ということは、先に熱い紅茶を注いでも割れない上質なカップを所有していることは、ある種のステイタスでもあったわけです。

2003年には、王立化学協会による“完璧な紅茶の淹れ方”なるものが発行され、化学的に検証された結果、ミルクを先に注いだ方がミルクの臭みが出にくいため良かろうとの見解が示されました。

まぁ、紅茶が先だろうがミルクが先だろうが、どちらでも好きにしたら良いのです。余計なお世話でした(笑)。

 

最後におまけ。使い終わった茶殻も、再利用。しばしばになった疲れ目に紅茶パックはいかがでしょうか。

紅茶に含まれるタンニンは収れん作用があります。使い終わったティーバックを熱くない程度に冷まし、水滴を切ってまぶたの上にのせるだけ。あとはゆっくり深呼吸して、しばし休息…ほっとした顔

皆さま、お体ご自愛下さい。

 

よくある症状はこちらから  

 

神戸東洋医療学院付属治療院 岡田 裕美子  

 

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

  神戸東洋医療学院付属治療院

********************

 

 

 

 

秋は葉も髪も落ちる季節

11月に入り気温も下がり、過ごしやすい季節になりました。秋と言えば紅葉の季節。色付いた紅葉はとても綺麗ですし、落ち葉の絨毯もあちこちに広がりますもみじ

そんな落ち葉が多い秋は、髪も抜けやすい季節だということはご存じでしょうか?1年で最も抜け毛が多くなるのは11月。秋は春より3倍も髪が抜けると言われています。

・夏の紫外線ダメージの影響

・頭皮の乾燥

・夏の冷房の影響

・昼夜の寒暖差による自律神経の乱れ

・・・等、理由はいくつもあります。

  

中医学では「自然と人は一体」であると考えていますが、落ち葉の様に髪はたくさん抜けないで欲しいものですね。

秋は元々髪が抜けやすくなる時期なので、「どうしよう!ハゲてしまうかも!」とあまり心配する必要はありません。ただ、美容の観点や、そこから生じる精神面への影響も考えると、普段から頭皮ケアやへアケアをすることで薄毛を予防することはとても重要です。

「脱毛」を引き起こす疾患のひとつにAGA(男性型脱毛症)があります。男性のアーティストやお笑いタレントが出ているCMで印象に残っている方もおられるのではないでしょうか。

AGAはその名の通り男性にみられる脱毛症で、主な原因はテストステロンという男性ホルモンが変化したジヒドロテストステロンというホルモンの影響です。AGAの患者数は1260万人で、20~69歳成人男性の3人に1人がAGAと報告されています。主に額の生え際や頭頂部の髪が薄くなります。

ヘアサイクル(髪の毛の一生)は成長期(4~6年)、退行期(数週間)、休止期(3~5ヶ月)に分けられます。ジヒドロテストステロンは成長期に影響を及ぼし髪の寿命を短くしてしまいます。成長しきれない髪は細くコシの無い髪(軟毛)なので髪が薄くなってしまいます。

 

しかし、希望はありますひらめきAGAにおいては一般的に毛根が無くなっているわけではなく、成長しきれないだけでうぶ毛は残っています。毛根が在るかぎり、髪の毛は成長する可能性があります。

 

西洋医学ではジヒドロテストステロンの産生を抑える薬の服薬治療がメインとなりますが、東洋医学の鍼灸治療もおススメです。

東洋医学で髪は「血の余 り」と言われており、量の不足や血行不良により頭部を巡る血が不足すると薄毛になります。鍼灸治療によって血を作り出す消化器系の機能を高めたり、頭部の血流改善をはかる事で、薄毛改善が期待できます。

 

薄毛というと男性のイメージが強いですが、女性で薄毛に悩まれている方も多くいます。

みなさま、この秋は鍼灸治療で心と身体に加えて髪の毛のケアをしてみましょう手 (グー)ぴかぴか (新しい)

 

よくある症状はこちらから  

 

神戸東洋医療学院付属治療院 武岡 崇介

 

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

  神戸東洋医療学院付属治療院

********************