春を迎えるための過ごし方

3月5日は啓蟄(けいちつ)です。

啓蟄は二十四節気の3番目にあたる日です。

二十四節気とは、春、夏、秋、冬の一年間を24等分にした日々のことです。節気の24という個数と名称は中国で考案されました。二十四節気は中国華北地域から由来したため、日本の実際の気候とは少し差がありますが、その季節を感じる言葉として日本でも使われています。

二十四節気は太陽の運行をもとにして作られた太陽暦と関連しています。また、二十四節気の日付は毎年ほぼ一定です。

 

春に当たる節気は以下のとおりです。

立春(りっしゅん) 2月 4日頃 - 春の始まり    

雨水(うすい)   2月19日頃 - 雪が雨に変わり、氷は解けて水になる

啓蟄(けいちつ) 3月 5日頃 - 冬ごもりしていた虫たちが這い出る

春分(しゅんぶん)3月21日頃 - 昼が長くなり始める

清明(せいめい) 4月 5日頃 - 空や植物など、あらゆるものがしだいに清らかになる

穀雨(こくう)    4月20日頃 - 春雨が降って穀物を潤す

 

啓蟄の時期は、春の暖かい気運が植物を育て、土の中で冬ごもりしていた虫や動物が目覚めて本格的に活動する時期です。日較差(一日の最高気温と最低気温の差)が激しい天気を繰り返しながら、平均気温が日ごとに上昇していき、そうして春を迎えます桜

このような時期の健康管理はどのようにしたら良いのか、一緒に見てみましょう。

春を迎えるためには、適度な運動と積極的な栄養摂取が重要です。

冬の間に寒くて縮こまってしまった体を、ゆっくり動かすために軽めの運動をすると良いでしょう。日差しの良い日に1時間前後の軽い運動習慣を身に付けるのは、固まった筋肉と気(エネルギー)を取り戻すのに効果的です。例えば、早歩き、ヨガなどが良いです。でも長時間激しい運動は避けた方が良いです。激しい運動は気を消耗し、疲労を誘発したり、食欲を低下させたりします。

 

特に子どもは大人に比べて体調の変化に敏感なため、急に活動の量が増加すると、疲れやすく体力が落ちることがありますので、適度な運動と積極的な栄養摂取が大事です。

気温差も大きくなるため、厚い服を一枚着るよりも、軽い服を何枚か着て体温調整がしやすいように注意することで、体力も維持しやすくなります。

また、冬は室内で過ごす時間が多く、日に当たることが少ないため、気(エネルギー)不足になってしまいます。そのまま活動の量が増える春を迎えると、気をさらに消耗することになります。

この状態を補うためには、ビタミンとミネラルを十分に摂ることが大事になってきます。

りんご、とうがらし、玉ねぎなどの果物や野菜にはビタミンCが豊かで、肉類と豆、魚などにはタンパク質が豊かなので、このような食べ物を摂取する方が良いです。ビタミンEが豊富なアーモンド、アボカド、サーモン、卵なども食べると良いです。ビタミンEは細胞膜を強化する効果があり、抗体生産能力を増強し、ウイルスなどの有害物質から私たちの体を保護する効果に優れています。

最後に、免疫力を維持するのに最も大事なのは熟眠ですほっとした顔

睡眠不足は免疫力が低下するため、呼吸器疾患や感染性疾患のリスクも高まります。忙しさから睡眠時間が一定ではない時は、毎日30分ぐらいを少しずつ調整して生体リズムを維持しましょう。休日であってもそのリズムを維持して免疫力維持に努めましょう。

 

その季節の体調は前の季節の過ごし方で決まってきます。今の時期の過ごし方に気を付けると、春だけでなく、さらに夏も元気に過ごせると思いますので、皆さんセルフケアとして、運動、食べ物、睡眠などに気を付けてお過ごしくださいぴかぴか (新しい)

 

神戸東洋医療学院付属治療院より

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

  神戸東洋医療学院付属治療院

********************

 

 

2021年の干支は辛丑(かのとうし)!

東洋医学には、十干と十二支があります。

 

十干(じっかん)は、以下の10年周期です。

甲(木の兄:きのえ)、 

乙(木の弟:きのと)、

丙(火の兄:ひのえ)、

丁(火の弟:ひのと)、

戊(土の兄:つちのえ)、

己(土の弟:つちのと)、

庚(金の兄:かのえ)、

辛(金の弟:かのと)、

壬(水の兄:みずのえ)、

癸(水の弟:みずのと)、

 

十二支は、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥です。

今年2021年の十干は「辛(かのと)」で、十二支は「丑(うし)」であり、「辛丑(かのと・うし)」年になります。

東洋医学は何でも十干・十二支や木・火・土・金・水の五行を用いて判断しますひらめき

 

「辛(かのと)」は、「辛酸をなめる」「辛辣(しんらつ)」「辛(つら)い」という意味があり、「辛(しん)」の音は「新(しん)」に通じます。中国では「辛亥(しんがい)革命」のように、「辛(しん)」の年は変革の年と言われています。変革するときは「辛(つら)い」ことも多いです。

「丑(うし)」は、「紐(ひも)」が字源のようです。「子(ね)」のネズミ年は、植物が地下で「種子(たね)」の状態にあります。この植物の種子が芽を出して、まだ種子の殻がついているのを象形文字にしたのが「丑(紐)」という漢字で、「新しい芽が出ようとするが、まだ種子の殻がついているので伸びようとしても伸びることができない、紐で縛られている状態」を象形しています。

つまり「辛丑(かのと・うし)」は、変革しようという新しいエネルギーがあるが、紐で縛られていて伸びようとしても伸びることができない状態を意味しています。

 

前回の1961年の辛丑の年には、ドイツにベルリンの壁が出来ています。ベルリンの壁は、まさに「外に出ようとしても出ることができない」状態です。前々回の1901年の北京では「辛丑(しんちゅう)条約」が結ばれています。中国が外国と不平等条約を結んだ事件であり、まさに「条約という紐で縛られた状態」です。

こじつけのように思えるかも知れませんが、「辛丑」の漢字はなんだか、今を表しているように感じませんか?

 

「辛丑」はネガティブなように思えますが、東洋思想では、常にものごとには陰の部分と陽の部分があると考えています。「辛」は「新(しん)」であり、まさに「革新の年、時代の転換点の年」であると考えられます。昔の東洋の思想家たちは、十干と十二支を組み合わせて、気というエネルギーの流れを表現していました。東洋思想は、サーフィンみたいな感じです。エネルギーの波を感じて、その流れに乗ります。

 

今年は新しいことを始めても、なかなか真直ぐに進むことは出来ないかも知れません。しかし、時代の変革期であり、例えなかなか自由に外に出られなくても、グッと力を溜めながら、新しいことを始めて外に出ようとトライして試行錯誤すべき時期であることは、多くの東洋思想家たちが一致して述べています。土から出たばかりの芽は何度も冬の寒さに押し戻されますが、「辛丑」の年は新しいエネルギーが伸びようとする直前を現しているのです。

体調の不良があり、今まで東洋医学を経験したことが無い方は、ぜひ、新しい経験である鍼灸にチャレンジしてみてください。次の時代のために鍼灸で新しいエネルギーを蓄積し、自分の転換期にしてみませんかほっとした顔

 

神戸東洋医療学院付属治療院 早川 敏弘

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

  神戸東洋医療学院付属治療院

********************

春ののびのび養生法

まだまだ寒い毎日ですが、2月3日に「立春」を迎え、暦の上では春の始まりとなります。

春はポカポカ暖かくてなんだかヤル気がでない…。という人も多いと思います。

日本ではあまり聞き覚えがありませんが、中国や韓国では春になると生活に支障をきたすほどツラくなる症状を『春困(しゅんこん)』と言います。

次のような症状が目立つようになったら「春困」かもしれません。

 

・気だるくてやる気が出ない

・何事もめんどくさい

・とにかく眠い

・集中力がなくなる

・イライラしやすい

・頭がボーッとする

・毎年春になると体調が悪くなる

・学校や仕事、お出掛けなど外出がおっくうになる

 

春は動物が冬眠から目覚め、植物が新芽を出し、活動的になる目覚めの季節です芽しかし、心身共にまだ完全に目覚めておらず、季節と身体に差が起きているため、ダルい状態が続いてしまいます。

春困をそのまま放っておくと5月病になり、うつ病やメンタルのトラブルなどに繋がってしまいます…

 

ではどう対処していったら良いでしょうか?

そこでキーワードになるのが、春と関係の深い臓器『肝』です。

 

東洋医学で言う肝は西洋医学の肝臓とは少し違い、「今まで眠っていた活動のギアを一段階上げる」働きがあると考えられています。他にも肝には自律神経のバランスを保ったり、感情のコントロールなど、メンタルとも非常に関係の深い臓器です。

春はただでさえ新学期や新入学、新社会人、転勤、転校などで環境が変化し、メンタルに負担がかかりやすい季節です。さらにそこで肝のギアを上げてフル稼働してしまえば、いくら「将軍の官」と言われるほど強い力を持つ肝でも、疲れてバテバテになってしまいます。そうすると余計に自律神経のバランスをとる事が出来ず、春困に陥ってしまいます。

 

そうならないために春は肝をケアしていきましょうexclamation

 

<肝を養う養生法exclamation

①肝が元気に働くためには、血をたっぷり補うことが大切です。血を補う食材を摂りましょう。

なつめ、クコの実、人参、ほうれん草、小松菜、黒ごま、黒砂糖、レバー、鶏肉、鮭、卵、落花生、竜眼肉、ぶどう、ひじきなど 

②肝を伸び伸び働かせるには、気の巡りを良くすることが大切です。気を巡らせる食材を摂りましょう。

・みかん、レモン、オレンジなど柑橘系、パクチー、三つ葉、大葉、ミント、木の芽、パセリ、ハーブティーなど

③“春は早起き”が基本。遅く寝た翌日も、朝は早起きを心掛けましょう。 

④散歩に出掛けて、太陽の光をたっぷり浴びましょう。

⑤深呼吸して春の陽気を胸いっぱいに吸い込んで、イライラを鎮めましょう。

⑥ジャスミンティーや春の新茶で気持ちをリラックスさせましょう。

⑦服装も髪型も心も縛らず、ゆるく過ごしましょう。

⑧感染予防対策をしっかりしつつ、楽しいおしゃべりやカラオケなどでこまめなストレス発散を。

 春は肝も体も伸び伸び楽しく過ごしましょうねexclamation

 

 

神戸東洋医療学院付属治療院 田中 友也

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

  神戸東洋医療学院付属治療院

********************

大寒

 2021年に入り、各地で雪が降るなど今年の冬は本当に寒い日が続いています。コロナウイルスによる緊急事態宣言の影響というよりは、寒くて外出を控えているという方も多いのではないでしょうか。

 暦の上では、間もなく二十四節気の大寒を迎えようとしています。一年中で最も寒い時期となり、この時期に醤油や酒、味噌などを仕込むと良いとされています。これを「寒仕込み」といいますひらめき 

 「寒仕込み」に欠かせないのが、「寒の水」です。「寒の水」とは、小寒から大寒の時期に汲んだ水のことです。この時期に汲んだ水は、一年で最も雑菌が少なく、良質な水とされ、柔らかくいつまでも腐ることなく保存できるとされていました。そのため、長期保存が必要な醤油や酒、味噌などを仕込むのに適しているとされていたようです。 

 「寒仕込み」という言葉は日本酒造りの「寒造り」が元になっているともいわれています。日本酒は、原料となる米ももちろん大事ですが、使用される水の成分にとても厳しい基準が設けられているそうです。

 酒は百薬の長ということわざがあります。それなら、たくさん飲んじゃえdouble exclamationと言いたいところですが、やはり飲みすぎは禁物です。日本酒では一日一合程度までが良いとされています。

 アルコールの代謝に最も関係するのは肝臓です。

 多岐にわたる肝臓の働きを簡単にご紹介します。

①糖・タンパク質・脂質・ビタミンや無機質・ホルモンの代謝

②脂肪の消化・吸収、脂溶性ビタミン、鉄、カルシウムなどの吸収に必要な胆汁の生成

③解毒作用(血液中の有害物質の無害化、薬物やアルコールの代謝)

④血液凝固因子の生成

⑤血液の貯蔵

⑥生体防御作用・・・などです。

 これを見ていただいてもわかるように、肝臓にとって、アルコールの代謝作用はほんの一部の働きにすぎません。なので、アルコールを飲まない人でもストレス過多、暴食、不眠など良くない生活習慣を続けていると肝臓にダメージを与えます。

 肝臓は沈黙の臓器といわれ、肝臓に障害が発生していてもなかなか症状にはあらわれません。手遅れになる前に、今一度生活習慣の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

  鍼灸は、ストレスや緊張で凝り固まった身体をほぐします。そして、身体のもつ自然治癒力を引き出すことで免疫力を向上させます。この働きが肝機能の改善につながると考えられています。生活習慣の改善に鍼灸治療を付け加えることもご一考いただければと思いますほっとした顔ぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

神戸東洋医療学院付属治療院 田中 里佳

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

  神戸東洋医療学院付属治療院

********************

1月7日は人日の節句!

新年明けましておめでとうございますexclamation

本年も皆様の健康維持、改善にお力添えできるよう職員一同努力してまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。

早速ですが、皆さん1月7日は人日(じんじつ)の節句って知っていますか?

私は1月7日は七草粥を食べる日だとしか知りませんでしたexclamation

今回は、人日の節句と七草粥について話をしたいと思います。

 

人日の節句は、1年に5回ある季節の節目の一つです。1月7日(人日)のほか、3月3日(上巳・じょうし)、5月5日(端午・たんご)、7月7日(七夕)、9月9日(重陽・ちょうよう)があります。(重陽の節句について書いた記事もありますのでそちらも是非ご覧ください。「重陽」

 

中国の古い風習で、1月1日から7日にかけて、1日は鶏の日、2日は犬の日、3日は猪の日、4日は羊の日、5日は牛の日、6日は馬の日、7日は人の日とされ、それらの日に当てはまる動物を大切にして、殺さないようにしました。そのため7日は「人」を大切にし、処罰もしないようにされたと言われています。また、人日の節句といわれたこの日に7種の野菜を入れた羹(あつもの=熱い吸い物)を食べる習慣がありましたうまい! (顔)

 

7種類の野菜を入れた熱い吸い物といえば、七草粥を思い浮かべますね。

実は、古来より日本で行われてきた「若菜摘み(わかなつみ)」という行事と中国から伝来した人日の日に7種の野菜を入れた羹(あつもの)を食べる習慣が混じり合って、七草粥を食べる習慣になったと言われています。

 

なぜ若菜を摘むのかというと、若菜はこれからどんどん大きくなるのでとても強い生命力があり、それを体内に摂り込むことによって邪気払いができるとされているからです。

さらに若菜=草は、東洋医学で用いられている五行説(※1)の木・火・土・金・水では木(※2)に当たり、春の象徴で「曲直(きょくちょく)」という本性があります。それは、地中で発芽した時から進むことが可能な限り進み続けるということです。たとえ障害物があったとしても曲がってまた進むという、生命力に溢れ成長や発展していく強い気があると言われています。

 

ぜひ皆さんも、新年厳寒には強い植物の生命力を呼び込むために、七草粥を食べて無病息災をexclamation

また食べることだけを勧めてしまいましたが、私は鍼灸師でした(笑)。

このように七草粥を食べてパワーをもらうこともできますが、鍼灸でも気を上げ皆さんの健康管理のお手伝いができますので、ぜひ鍼やお灸を受けに来てください。スタッフ一同お待ちしております。

 

 

※1:五行説・・・古代中国の自然哲学の思想で万物は、木・火・土・金・水の五種類にわけられます。

※2:木・・・木の花や葉が幹の上を覆っている立木が元となっていて、樹木の成長発育する様子を表す。春の象徴。

 

神戸東洋医療学院付属治療院 井上 博之

 

********************

神戸 三宮で鍼灸といえば

  神戸東洋医療学院付属治療院

********************