秋と肌

東洋医学では、宇宙に風・寒・暑・湿・燥・火の6つの気運があるとされており、これを六気と言います。

秋にはこの六気のうちの燥気の気運が強くなります。そのため、東洋医学的に秋は乾燥した季節にあたりますもみじ 

 

秋になると、万物がすべての気運を中に引き込もうとします。樹木は実がなり、紅葉して葉が落ちます。人は髪の毛が抜け、体重は増えます。また、内側に気運が集まると滞りが生じて、肌はどんどん乾燥するようになり、皮膚、粘膜などのアレルギー反応はより深刻になりますあせあせ (飛び散る汗)

秋に冷たい風が吹き始めると、乾燥した空気とともに呼吸器系の病気が多く発生し、肌も乾燥して荒れて弾力が落ちます。皮膚が最も恐れているのは乾燥することです。私たちの体は、食物を受け入れて必要な体液を作り、それを肌に供給して肌が適切な水分を保つようにします。夏の間、たくさんの汗をかいて汗腺が広がりたるみが出ている肌に、乾燥した秋風が当たると損傷するのは当たり前です。化粧のノリも悪くなり、抜け毛やフケも多くなります。

皮膚の乾燥は皮脂腺が少ない太ももとふくらはぎから始まります。そこからお尻、肘を経て全身に広がっていきやすいです。小さな鱗のように角質が乾燥している場合が多く、かゆみが始まってから時間が経つにつれ、次第に症状が現れる部位が広がります。かゆいからといって掻き過ぎると、肌の表面がひび割れたり、血が出たりして2次感染が生じたりします。

 

かゆみを抑えるためにおススメのツボは、百虫窩(ひゃくちゅうか)と肩髃(けんぐう)というツボです。

・百虫窩(ひゃくちゅうか)・・・膝の皿の内側から指4本の上です。

・肩髃(けんぐう)・・・腕を真横に挙げると肩の前にくぼみができるところです。

かゆみが出るときは上記のツボを刺激してみましょうひらめきぴかぴか (新しい)

 

 秋の肌のトラブルは、低くなった気温のため汗の分泌が減り、乾燥した環境に私たちの体がさらされ、肌表面の角質層に含まれた水分の量が減少するためです。肌の健康を保つにはバランスの取れた栄養摂取と、情緒を安定させること、十分な睡眠が非常に重要です。

ダイエットのためにとまともに食べない人が多いですが、これは肌の健康には大敵です。バランスの取れた食生活こそ、肌の艶や弾力があり、皮膚病のリスクも減ります。

ストレスや過敏な感情状態は肌に悪影響を及ぼすため、情緒の安定感を保つことが重要です。

寝不足でも肌が荒れるので十分な睡眠が必須です。十分な睡眠は肌にとって良薬なのですほっとした顔ぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

皮膚の乾燥予防には、室内の湿度維持と、衣服はできれば刺激が少ない素材のものを着て、かゆみがあ  っても掻くことは控えましょう。毎朝、手のひらで顔や全身の肌をもみ、軽く叩くと、肌の血液循環がよくなって肌の乾燥はもちろん風邪も予防できて一石二鳥の効果を得ることができます。

さらに、潤いを保つためには、十分な水分と果物を摂取した方が良いです。秋に豊作なりんごや梨など、季節の果物を摂取して、肌の水分代謝が正常に行われるようにしましょうりんご

 

 

 

  

神戸東洋医療学院 付属治療院より

 

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

************************************************************************* 

 

秋の養生

東洋医学では、8月7日の立秋からが秋ですもみじ秋は収斂(しゅうれん)の季節といわれます。植物は、冬にタネとして地下にあり、春に芽吹き、夏には花が咲きますが、秋にはタネができて落葉します。動物も、冬ごもりしていたのが春に地下から這い出して、夏は森の中を歩き回り、秋は冬ごもりに備えてたくさん食べ、毛が生えかわる季節です。

 皮膚の汗腺は、夏は緩んで汗がたくさん出て、尿は少なく濃くなります。冬は、皮膚の毛穴が閉じて汗の量は減り、尿は量が増えて透明となります。

春夏は陽を養う季節ですが、秋冬は陰を養う季節です。そんな秋は酸味のある食べものがお勧めです。また、少し身体を冷やす食べものを摂りましょう。この季節は梨や柿などのフルーツがたくさんできます。梨は、身体を冷やす効果に加えて、咳止めの効果があります。柿も身体を冷やします。柿のヘタは柿蔕湯(していとう)というシャックリの治療に使われる漢方にもなります。

 しかし、冷やしすぎるのもよくありません。例えば、昔から「秋ナスは嫁に食わすな」と言います。これは「ナスビ(茄子)は体を冷やす性質があり、女性の子宮を冷やすから」と考えられているからです。

 東洋医学では、陰と陽を合わせて、調和させることが重要とされています。ナスビは身体を冷やす陰の性質なので、身体を温める味噌と合わせて味噌田楽にすると、美味しくなります。味噌は解毒の作用もあります。

 身体を冷やすキュウリやトマトやナスビなどには熱を加えたり、身体を冷やさない工夫をしながら摂ると良いです。秋に美味しくなるダイコンや柿もそうです。ダイコンはすりおろすと身体を少し冷やし、鍋に入れて加熱すると身体を温めます。生柿は身体を冷やしますが、干し柿は身体を冷やしません。

東洋医学では、このように調理すると、食べものの性質が変わると考えています。

 

夏に暑さにやられて、「秋バテ」になる人もいます。

この場合、お勧めの食材はヤマイモです。ヤマイモは東洋医学では「山薬(さんやく)」という漢方薬で、「補気」といって気を強くする効果があり、消化をよくして食欲を出します。あっさりして精がつく食材になります。

 秋は、メランコリーの季節でもあります。少し憂鬱な感じが出やすいです。このような憂鬱感が出た時は運動を行うことで、身体の「気」というエネルギーを全身にめぐらせます。激しい運動ではなく、太極拳やヨガのような静かな動きをお勧めしますほっとした顔

暑さ寒さも彼岸までで、秋分を過ぎると少し涼しくなります。普段の生活にこういった養生を少しでも取り入れて、これからの季節に備えていきましょう。

 

神戸東洋医療学院付属治療院 早川 敏弘

 

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

************************************************************************* 

 

マスク不調を改善しよう!

新型コロナウイルス感染症が拡大していく中で、私たちの生活から「マスク」が切っても切り離せない関係になりました。今まではインフルエンザや花粉症の季節にだけ着けていたマスクですが、毎日長時間着け続けなければならなくなってきました。蒸し暑い気候の中でのマスク着用は息苦しいだけでなく、熱中症のリスクを高めたり、汗疹や吹き出物、ヒリヒリするといった肌荒れの原因にもなります。

今回はマスクをつけることによる不調と、その対策をご紹介したいと思います手 (パー) 

 

①マスク肌荒れ

マスクを着けたまま、しゃべったり笑ったりなど顔を動かしたりすると絶えず肌に摩擦が生じ、この小さな摩擦の継続が大きな刺激となり、肌にダメージを与えてしまいます。さらにマスクの中は呼吸によって常に蒸れて湿度が高いため、雑菌が繁殖して肌荒れを招いてしまうこともあります。マスク肌荒れの主な症状は、肌がヒリヒリする、赤いブツブツができる、赤みが出てかゆい、といったトラブルです。またアトピー性皮膚炎や敏感肌、肌荒れしやすい、ニキビができやすい、思春期などの人は、症状が悪化しやすいのでより注意が必要です。マスク肌荒れを防ぐためには、肌のバリア機能の基本となる体内の「気」「血」を充実させることが大切です。胃腸を健やかに保ち、しっかり栄養を取って気血を養いましょうぴかぴか (新しい)

 

【積極的に摂り入れたいもの】
きのこ類、豆腐、トマト、きゅうり、白菜、大根、小松菜、レタス、適量の旬の果物、はと麦、緑茶など

 

【控えたいもの】
アルコール、糖分の多い清涼飲料水、スナック菓子、ナッツ類、刺激の強い香辛料、油っこい食事、冷たい飲食など
その他、睡眠不足や過度な疲労、ストレスも肌のバリア機能を低下させる要因となります。

しっかりとしたスキンケアを行い、十分な睡眠を取って、マスクのダメージに負けない健やかな肌を保つよう心掛けましょう。

 

②息苦しさ

肺は「嬌臓(きょうぞう)」と呼ばれ、元々ひ弱な臓器で、気温や気候、環境の影響を受けやすいです。

1日中や暑い中でマスクを着用し続けていると肺はダメージを受けます。

肺がダメージを受けると息苦しさや咳、喘息、風邪、アレルギーの悪化、肌荒れなどが起きやすくなります。

 

【積極的に摂り入れたいもの】

ゆり根、梨、銀杏、蓮根、杏仁豆腐、白きくらげ、白ごま、お豆腐など

白い食材を意識して摂りましょうexclamation白い食材は肺を潤して、息苦しさや咳を防いでくれますよ。

また、特に空気がきれいな朝はしっかり深呼吸をして、肺をのびのびさせてあげましょう。

 

③熱中症

日中の暑さの中マスクを着用し続けていると、熱中症のリスクはかなり高くなり、体への負担は増加します。我慢せずに冷房を使うようにして、無理をし過ぎず休息をとるようにしましょう。また、水分と多少の塩分補給をしっかり行い、マスクは適宜外すなど心掛けてください。

特に小さなお子さん、高齢者、ペットのいる家庭では注意してくださいね。

 

【積極的に摂り入れたいもの】

きゅうり、トマト、ゴーヤ、梅、ミョウガ、紫蘇、冬瓜、スイカ、桃、メロン、マンゴーなど

旬の野菜や果物を摂って、体の余分な熱を冷まし、水分を補うようにしましょうexclamation

 

コロナ禍で不安も多いですが、これからもしばらく続くであろうマスク生活を乗り切るためにも、これらを意識して元気に暑い夏を乗り切りましょうねexclamation

 

 

 神戸東洋医療学院付属治療院 田中 友也

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

************************************************************************* 

夏のお灸

皆さん、こんにちは。

長い長い梅雨が明けていよいよ夏本番ですね晴れ
今年の梅雨は大変な雨量で災害も多く心配なお天気が続き、また体調崩された方も多いと思います。

 

では何故梅雨時期に体調を崩しやすいのでしょうか。

湿度が高いと汗が上手く蒸発できず、体温調節が出来なくなってしまいます。

私たちの身体にある視床下部は体温調節を主るところですが、自律神経機能の調節を行う中枢でもあるのです。

ですので、ここの調子を崩すと自律神経が乱れて身体や頭が重だるくなったり、疲れやすい、しんどいなどの症状が出てくるのです。

また、東洋医学では長夏(夏の終わりの1か月)の時期は体の外から「暑邪・湿邪・外邪」と呼ばれる邪気が入り体調を崩しやすくなります。

古代中国では「春と夏は陽気を養い、秋と冬には陰気を養う」とあります。 

要は自然の摂理に逆らわず、暑い時期に体力を消耗させないように体内の身体を温める力を守ることが秋冬の健康を守ることにつながるのですぴかぴか (新しい)

 

そこでお灸での養生をご紹介したいと思います。
お灸には自律神経調節機能や免疫を高める作用もありますので大変おすすめです指でOKぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

使用するツボは下記などが良いでしょう。

 

・足三里(あしさんり)

…膝蓋骨(しつがいこつ)の外側のくぼみから指4本下がったところ。松尾芭蕉も愛した万能つぼ。主に消化器系を整える。
 

・湧泉(ゆうせん)

…足の指を曲げたときにできる足底のくぼみ。元気が泉のように湧いてくるところ。
 

・陰陵泉(いんりょうせん)

…すねの骨の内側を下から膝に向かってあがり、カーブしてくぼんでいるところ。水分代謝や消化器能を整える。
 

・気海(きかい)

…おへそから指2本下がったところ。気の海、元気、自律神経を整える。
 

・大都(だいと)

…足の親指第一関節の内側にある、つま先側のくぼみ。体の重だるさ、消化器系を整える。
 

・太白(たいはく)

…足の親指第一関節の内側にある、かかと側のくぼみ。体の痛み、消化器系を整える。
 

・太衝(たいしょう)

…足の甲にあり、親指と人差し指の骨が交わるくぼんだところ。ストレスの軽減、お腹の張りを抑える。

 

 

お灸で暑い夏を乗り切り、秋冬も元気に過ごせるように準備をしていきましょうexclamation

 

 

神戸東洋医療学院付属治療院 河野 千恵子

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

************************************************************************* 

 

今年の土用の丑の日は、お灸!

さて今回は、土用の丑の日について話をしようと思います。

 

今年の土用の丑の日は、2回あります。鰻を食べて暑い夏を元気で乗り切って行きましょうexclamation

しかし私は小さい頃、「土曜の牛の日」と思っていました。だから夏バテしないように土曜日に牛肉を食べることだと思っていました。(笑)  

そもそも「土用」や「丑の日」って何でしょうか?

 

「土用」とは?

各季節の始まる立春、立夏、立秋、立冬前の約18日間を「土用」といい、次の季節の準備期間とされています。つまり土用は夏だけでなく年に4回あるのです。

とりわけ、夏の土用の時期が梅雨明けと重なることが多いので重要視され、土用といえば夏の土用を指すようになったようです。

季節の変わり目は気候も体調も崩れやすいことから、昔は土用の期間中は様々な禁忌や風習がありました。例えば、土用の期間中に土いじりや穴を掘るなど、土を動かす作業をやってはいけないといわれています。昔から土用には土の神様である土公神(どこうしん)の気が盛んになると考えられてきたので、土を動かす作業を忌み嫌われていたそうです。

 

「丑の日」とは?

丑は、十二支の丑のことで古代中国の干支紀日法からきていて、昔の暦は今のように数字ではなく干支で数えられていました。つまり土用の期間中の丑の日のことを「土用の丑の日」というのです。今年は、7月21日と8月2日です。

なぜ「鰻」を食べる習慣があるの?

様々な諸説がありますが土用の期間中に「う」のつく食べ物を食べると良いとされていました(鰻、梅干し、うどん、うりなど)

江戸時代の蘭学者・平賀源内が夏場の営業不振に悩んでいる鰻屋に助言し、キャッチコピーを考え、土用の丑の日=鰻を食べる日としてブームが広がったという説が有名ですが、さて真偽はいかがでしょう?

夏場は食欲が落ちやすくさっぱりした食べ物を食べたくなりますが、疲労回復に効くビタミン類やエネルギー源となる脂質をたっぷり含む鰻は、夏バテ防止にぴったりグッド (上向き矢印)夏バテ防止以外にも、風邪の予防や滋養強壮にも効果があるので、最近は夏の土用以外にも「土用の丑の日」に鰻をすすめるお店もあります。

ぜひ皆さん鰻を食べてください!と言っても私は鰻屋ではなく鍼灸師でした。(笑)

 

では、その鍼灸師から土用の期間中にお勧めしたいのは、お灸です手 (グー)ダッシュ (走り出すさま)

日本の夏は高温多湿なので、汗が蒸発しにくく、それにより体に熱がこもります。体温調節がうまくいかないことがあるため、自律神経のバランスを崩したり、体は重たく感じ、関節は動かしにくく、負担がかかり痛くなったりします。東洋医学では湿邪といい、これにやられると体重節痛が起こるといわれています。

(湿邪の詳しいことは、こちらのブログでexclamation→「梅雨の湿問題」) 

 

そこで登場するのがお灸です。お灸は、自律神経等のバランスを整える作用があるのでお勧めですexclamation

皆さん、土用灸というのをご存知ですか?土用にお灸をすると他の季節よりも効果があると信じられてきました。暑い夏にお灸をしたらもっと暑くなると思われるかもしれませんが、お灸には、夏の冷えを温めることもできますし、巡りを良くすることで体が出したがっている余分なものを、取り除くことが出来る効果もあるのです。

余談ですが、土用の灸は俳句の季語にもなっています。夏目漱石も「土用にして灸を据うべき頭痛あり」と詠んでいました。

 

鍼灸師は患者さんの体の状態に合わせ施術を行っていきます。ぜひ、土用にお灸を体験しに来てください。

スタッフ一同お待ちしております。

 

神戸東洋医療学院付属治療院 井上 博之

 

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

*************************************************************************