美味しいものにご用心

付属治療院の谷口です。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

 寒かった日々に別れを告げ、今年も初夏を迎えました。次はあっという間に梅雨の季節がやって参ります。季節の移り変わり、とても早いものですねあせあせ (飛び散る汗)

このめまぐるしい季節の変化になかなか体がついて行けなくなる時期ではありますが、梅雨の時期の過ごし方など、このひとつぼでも過去に幾度となくお話させて頂いています。ぜひバックナンバーもご参考になさってくださいね。

今回のひとつぼでは視点を変え、この時期に増えてくる「食中毒」についてお話させて頂きたいと思いますほっとした顔

 

 

 

 

 食中毒は大きく分けて3つに分類できます。それぞれ「細菌性食中毒」「ウイルス性食中毒」「自然毒食中毒」です。

夏季に多そうなイメージの食中毒ですが、上記3種類の食中毒を合わせて集計するとでは実は冬季が一番多いのです。その理由として、ノロウイルスに代表される「ウイルス性食中毒」が多くなるからだと言われています。逆に夏に増えてくるのが「細菌性食中毒」です。

よってここでは、この時期に注意すべき「細菌性食中毒」にフォーカスしてお伝えさせていただきます。

 

 

 平成30年の原因物質別食中毒発生事故件数では1位がアニサキス、2位がカンピロバクター、3位がノロウイルスとなっています。

「アニサキス」は皆様、お聞きになったことがあると思います。魚介類を生食した場合に感染する食中毒ですが、これは季節を問わず1年中発生します。

となると、これからの時期に特に注意すべき食中毒は「カンピロバクター」ですがまん顔がまん顔

 

地域で食中毒事件が発生した場合、医療機関には都度事象発生FAXが流れるのですが、梅雨頃からカンピロバクターによる食中毒の発生報告が増えてきます。つい数日前にも神戸市内飲食店での事象発生報告書を見ました。

普段あまりニュースになることがないので気付かないのですが、実は結構、食中毒事件は多いのです。さらに自身の体調不良などを疑い、食中毒として通報されない場合も多いため、実数はかなり多いと想像できます。

 

  ではこのカンピロバクター食中毒は何が一番の原因かと申しますと「生、及び加熱不十分の鶏肉及びその内臓肉を食したこと」です。

潜伏期間は2~3日間、症状は下痢、腹痛、発熱、悪心、嘔吐、頭痛、悪寒、倦怠感などですが、カンピロバクターは他の食中毒と比べ1日最高便回数が多く、血便を伴う場合もあります。万が一これらの疑わしい症状が出ましたら、速やかに医療機関を受診ください。

自然治癒する場合も多いのですが、抗菌剤などの服用により早期に症状を抑えることもできます。ちなみに私は普段から生の鶏肉はできるだけ口にしないよう気を付けています。

 

 

 この時期はどうしても会食なども多いと思いますが、普段から口にするものには十分に気を付けていただき、また万が一の際でも外敵からご自身の体を守れる免疫力を普段から付けていきましょう手 (グー)わーい (嬉しい顔)手 (グー)

私たち神戸東洋医療学院の鍼灸治療のプロがそのお手伝いをさせて頂きます。

また、現在インフルエンザが再び猛威をふるい、それによる学級閉鎖も相次いでいます。様々な外敵からしっかり身を守り、活動的にこの時期を楽しみましょうるんるん (音符)るんるん (音符)

 

 

 

神戸東洋医療学院付属治療院 谷口龍祐

 

 

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

*************************************************************************

東洋医学の夢

  今回は前回の続きで夢についてお話しますぴかぴか (新しい)

 

夢は生命活動を維持するために必要な体内の精神・気血・臓腑・陰陽と密接な関係にあると東洋医学では

考えられています。体内の病変や心身の変化、生命活動のバランスが崩れたときの状態が夢となって

現れるのですほっとした顔

 

夢は五臓と連結しています。

五臓とは、東洋医学の五行学説という考え方の一つですほっとした顔

五行学説では、宇宙間のすべてのものは「木・火・土・金・水」という

5種類の物質の運動と変化によって成り立っていると考えられ、

事物の性質・特徴を象徴的に表した言葉が五行に分類されます。

五行学説では、人体や感情、味覚、季節、色などがそれぞれの作用や特徴によって分類されるのです。

 東洋医学での五臓は「肝・心・脾・肺・腎」で表され、五行に分類すると木-肝、火-心、土-脾、金-肺、

水-腎に属します。

 五臓は、精・気・血・魂などを貯蔵するところで、生命の根本です。西洋医学の解剖学的な臓器とは

考え方が違い、東洋医学的な臓器は機能も含んだより広い概念になります。また、人の感情・体液・声など

とも深く関係しています目exclamation

 人の感情は「怒・喜・思・悲・恐」で表され、五行に分類すると怒りは木-肝、喜びは火-心、思慮は

土-脾、悲しみは金-肺、恐れは水-腎に属します。このように五臓と感情は関連していて、五臓の

いずれかの機能のバランスが崩れたら、そこに深く関連した感情がすべて夢で現れるのですexclamation

 

1)肝のバランスが崩れたら、怒っている夢

2)心のバランスが崩れたら、喜んでいる夢

3)脾のバランスが崩れたら、歌を歌う夢

4)肺のバランスが崩れたら、涕(なみだ)が出る夢

5)腎のバランスが崩れたら、恐ろしい夢

                       

 また、東洋医学には陰陽説という考え方があります。宇宙の万物はすべて陰と陽の二つのエネルギーで

構成されているという考えです。陰陽のバランスは、身体の代謝機能とも同じです。代謝が下がると体温は

下がり寒く、バッド (下向き矢印)身体の代謝が上がると体温は上がり熱く感じますグッド (上向き矢印)

 中国にある古い医学書の「黄帝内経」によると“陰が盛なら寒、陽が盛なら熱”といわれています。従って、

陰=寒、陽=熱との関係になります。また、陰は水、陽は火とも関係があるとされています。

陰陽説の関係も夢で表れることがあります。

 

1)陰が多かったら、寒さあるいは水と関係がある夢。

2)陽が多かったら、熱さあるいは火と関係がある夢。

このように、夢の内容は体の問題が起こっているときにアラームとして働きます。

東洋医学では夢の内容から、五行学説や陰陽説のバランスを

診て、疾病の診断およびそれに対する治療に応用されます。

もちろん、夢の内容だけで判断するのではなく、方法論の一つ

として応用できると考えています。

 

夢を見ると眠りが浅くなり、睡眠の質が落ちます。熟睡できて

いないため、慢性疲労や体重の増加、血圧の上昇など、

色々な問題につながります危険・警告 (!)

  

よく眠ることは、健康で幸せなことだと思いますぴかぴか (新しい)

夢をよく見ている皆様、鍼灸の力で体のバランスを整えて、睡眠の質を上げませんかウィンクぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

神戸東洋医療学院 付属治療院より

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

*************************************************************************

夢の役割と活用方法

   最近、どんな夢を見ましたか?

夢は自分の状態を知るためのヒントとなることがあります。

そこで、今回は夢を見ている状態の脳の働きと精神医学的「夢分析」の

基本的な考えの一部をご紹介したいと思いますほっとした顔

 

 脳科学的には睡眠で夢を見ることによって、脳が記憶の整理をしていると

されています。起きている間の人間の脳には次から次へと外界からの情報が

入ってくるため、情報を整理している暇がありませんがまん顔あせあせ (飛び散る汗)

 外部からの情報量が減る睡眠中に夢を見ることによって、大脳にインプットされた、さまざまな情報が

整理できるそうです。夢を見ることにもちゃんと理由があるのですねぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

 次に精神医学的視点から捉えた夢分析の考え方についてお話します。

例えば、本人は言い間違いや良くない行動を意識的に止めようと努力しているのに、どうしてもその行動を

止められないという時があります。 その症状は、精神分析の第一人者であるフロイトによると、無意識の

力が働いていると考えました。意識による行動はほんの氷山の一角

過ぎないと考え、人間の考えや行動は、意識をはるかにしのぐ巨大な

「無意識」という領域に支配されていると唱えました。

意識的にとったつもりの行動さえ、この無意識の影響を受けている、と

主張しています。この無意識を知るための唯一の手段としては夢を

分析するしかないと考え、フロイトは「夢分析」を書きました本鉛筆

そして無意識の記憶を言葉にすることで、先述の症状が改善するという治療法を発明したのですひらめき

 

また心理学者のユングによると、夢は記憶や願望といった「個人的無意識」と、自分でも気づいていない

「集合的無意識」のイメージが組み合わさって出来ていると言っています。

 ここで個人的無意識と集合的無意識について簡単に説明します。

 「個人的無意識」とは、自分自身が受け入れがたい不愉快な記憶

や気持ちなどを抑え込んだり、忘れたりして、無意識の奥深くに

閉じ込めたものです。

 「集合的無意識」とは、すべての人が普遍的に感じていることと

ユングが作った用語です。民族や国家、人種を超えた全人類に

共通して存在する無意識とされています。


集合的無意識という考えが私はとても好きですわーい (嬉しい顔)ぴかぴか (新しい)例えば、ある映像や音楽を体感したみんなが、

懐かしい・心地よいと感じることは集合的無意識の働きによるものです。

 

夢分析を通じて、意識していなかった自分自身の願望や心の傷に気づく事があります目ぴかぴか (新しい) ユングは

夢の「テーマ」が少しずつ進行していく様子を見守ることが大切だと言います。たかが夢、されど夢。

無意識からの声との対話を繰り返していくうちに、心の内面は少しずつ変化していくからですほっとした顔 

自分が無意識に物事を捉え感じている事を、夢を通じて知ることは、自分が置かれている環境を自己分析

しやすくなる一つの手段になると思いますウィンクexclamation

 

次回は中医学的な「夢の話」になります。どうぞ、お楽しみにしていてくださいね。

 

神戸東洋医療学院 付属治療院 錦谷 朋子

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

*************************************************************************

春はあけぼの

清少納言の枕草子。

 春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際、少し明かり、紫だちたる雲の細く

たなびきたる。夏は夜。……… と続きます。春はあけぼの。を現代語訳す

ると、『春は夜がほのぼのと明けようとする頃(が良い)。

(日が昇るにつれて)だんだんと白んでいく、山際の辺りがいくらか明るく

なって、紫がかっている雲が横に長く引いている様子(が良い)。』 となります。

まさしく東洋医学的に考えても、春は代謝が低下している冬から、身体が目覚めて動き出す季節です。

体内では秋から冬の間に溜め込んだ栄養が雪解けのようにじわじわと流れ出てきますほっとした顔ぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

 冬に溜め込んだ栄養は身体に良いものばかりではありませんねexclamation

寒い冬には、栄養価の高い身体を温める塩気のものや黒い食べ物などを食べるのがいいですうまい! (顔)

しかし、現代社会ではクリスマスやお正月などのイベントで血液をドロドロにしてしまうようなものを過食して

しまいがちですがまん顔あせあせ (飛び散る汗)寒い冬は代謝が低下しており体調が変わりにくいのに、さらに追い討ちをかけるように

白砂糖、チョコレート、キンキンに冷えたビール、アイスクリームなど、身体を芯から冷やしてしまうものを

食べ過ぎて春を迎えてしまいます。 

 

 東洋医学では、春夏秋冬それぞれに働きが高まる臓腑が

決まっています。春は肝の季節です。簡単に言うと肝臓に負担のかかる季節です。肝臓に栄養を与える関係

であるのは冬の腎です。ですが腎が上記のような冷えと不養生によって弱っていると春に肝臓はパワーの

少ない状態でのスタートとなりますがまん顔あせあせ (飛び散る汗) 東洋医学での肝の仕事は『疏泄(そせつ)』といい、全身の気や血、

リンパ液の運行、血流量の調節、胆汁の生成などを行います。西洋医学的な肝臓の働きは、糖やたんぱく

質、脂質の代謝・解毒などです。

 

冬に溜め込んだ栄養と老廃物は肝の働きによって通常はサラサラの血液になり全身にめぐるのですが、

不養生によって解毒機能の低下した肝臓ではドロドロの血液を全身に巡らせてしまいます。

分解しきれなかった老廃物は蕁麻疹(じんましん)や湿疹、アトピーの原因となります。花粉がピークを

迎えているこの季節は、粘膜についた花粉を流すために血流をよくしようとするのですが、ドロドロの

血液ではサラサラの血液に比べて流れが悪いのでもっと流れをよくするために血管は広がろうとし、

アレルギー症状を引き起こすヒスタミンなどが分泌され、くしゃみ、鼻水、目の痒みなどの症状が

出るのです。

また、オーバーヒートぎみの肝は頑張りすぎて熱をもつこともあります。

そうなると肝の上にある肺に熱がいき、咳がでたり、頭に熱が上りすぎて怒りやすくなったりします危険・警告 (!)

 

 大切なのは肝・肝臓の疏泄・解毒機能を上げることです。 血液をサラサラにする抗酸化作用の

あるものや旬の山菜などを食べて肝・肝臓の働きを助けてあげることです指でOK

  鍼灸で肝の代謝を助けてあげることによって疏泄、解毒の機能が高まり血液の質を改善させ、

漢方薬を併用することでその効果はいっそう高まります。冬の不養生や体調不良によって花粉症や

アレルギーが悪化していても局所治療により一時的に症状をおさえることもできます。 

食べたものや過ごし方で次の季節の体調が決まるとなるとこれからは梅雨や夏のことも意識した過ごし方が

必要ですねexclamation 最高の夏を迎える為に東洋医学の知恵をご活用下さいぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい) 

 

 

神戸東洋医療学院付属治療院 岡田 泰彰  

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

*************************************************************************

    

マインドフルネス

    3月に入り気温も上がり、ようやく春らしくなってきました桜

春といえば年度末の忙しさに続き、4月から新生活が始まる方や、

環境が変わる方も多いのではないでしょうか。

そんな中、「休んでも疲れが取れない」とか「何にも集中できない」と

悩まれている方も多いと思います。実はその原因は「脳」にあるかも

しれませんふらふらexclamation

 

 脳が疲れると、体調不良やメンタル不調が引き起こされます。「じゃあ休めばいいのでは」と思うかもしれま

せんが、肉体疲労と脳の疲労は別物なので、身体を休ませても脳の疲労はどんどん蓄積されますあせあせ (飛び散る汗)

何も考えていなくても脳はアイドリングをしている状態で、常にエネルギーを消費

しています。その割合は脳の全消費量の5080%とも言われています。

 つまり、ボーっと過ごしていても、高級スパに通っても脳はどんどん疲労して

しまうのです。これに加えて、現代人は仕事や対人関係、スマートフォンやパソ

コンの長時間使用など、脳を疲れさせることばかりしていますがく〜 (落胆した顔)

 

 そんな中、最近注目されているのはマインドフルネスですほっとした顔ぴかぴか (新しい)マインドフルネスとは「瞑想などを通じた脳の

休息法の総称」です。GoogleFacebookのような大企業でも導入されていて、「脳を休ませる方法」として

脳科学的にも効果の裏づけが進んでいます。ここでは、一番基本的な方法をご紹介します。

 

<マインドフルネス呼吸法>

①基本姿勢をとる。

 ・椅子に座る場合は背筋を軽く伸ばし、背もたれから離す。寝る場合は仰向けで行う。

 ・目は閉じる。

②身体の感覚に意識を向ける。

 ・接触の感覚を意識する(足の裏と床、お尻と椅子、背中と地面など)。

 ・重力(身体が地球に引っ張られている)の感覚。

③呼吸に意識を向ける。

 ・身体に空気が入る感覚、お腹の上下、呼吸の切れ目など。

 ・自然な呼吸を行う(深呼吸や呼吸のコントロールは不用)。

④雑念が浮かんだら

 ・呼吸に意識を戻す。

 ・雑念は生じることが自然なので焦らない。

 

寝る前や休憩時間、電車の中など、空いた時間にスマホをちょっと手放し

て行ってみましょう指でOK

最後に、鍼灸師としてこのマインドフルネスをぜひ行って欲しいタイミング

は、ズバリ「置鍼(1)中」です。鍼治療の効果+マインドフルネスで、最高の

パフォーマンスができる状態で新生活をスタートしましょうexclamation

 

 

1 置鍼(ちしん)・・・鍼を刺したあと、すぐに抜かずに数分間そのまま置いておく治療法

 

神戸東洋医療学院 付属治療院 武岡 崇介

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

*************************************************************************