旬な林檎

 新年明けましておめでとうございます。
 令和2年、庚子の本年も皆様に喜んでいただけますよう職員一同努力をしてまいります。
 どうぞ宜しくお願い致します。

 さて、今回は旬な林檎について取り上げますりんご
冬は勿論のこと、オールシーズン「おいしい季節」として楽しめます。種類もとても豊富です。埼玉、静岡、福岡が由来の地方です。青森県や長野県は関係が無いようです。いまや日本では実力人気共に認められ…。

 「なんの話をしているの?」ですか?それは勿論、シンガーソングライターの椎名林檎さんのことですよ。

 すでにデビューから休止期間を含め20年を超え、手がける楽曲の種類もJ-POP、各種ROCK、JAZZ、シャンソン、昭和歌謡を思わせる楽曲など多岐にわたります。そしてそれらの楽曲のメロディーラインの巧みさ、さらにこだわりのアレンジがひとつひとつの作品の魅力を深めていますほっとした顔

 また、彼女の描く歌詞は様々な世界観を作り出します。メロディーアレンジ、歌詞に加え、彼女が持つ雰囲気と素晴らしい歌唱力が彼女を椎名林檎たらしめていると感じます。
 時に激しく時に無垢な少女のように、時に巻き舌を駆使してすれっからしのように、また、息遣いでセクシーさを表現し、その作品の世界観を効果的に歌い上げます。

 専門家でもない私が彼女について評するのは甚だ恐縮ですが、先頃発売された初となるベストアルバムを聴き、改めて彼女の魅力について考えました。

 デビュー曲「幸福論」、最新曲の「公然の秘密」を含め、大ヒット曲の「ギブス」や、宇多田ヒカルさんをはじめとし、兄である椎名純平さん、トータス松本さんなどとのセッション曲も網羅されています。私の好きな「丸の内サディスティック」「真夜中は純潔」も収録されていますし、椎名林檎がエフェクターを使えばこんな楽曲になるのかと感動した「長く短い祭り」も聴くことができます。
 

 しかしながら、私は彼女がデビューした当初、異質な個性が目立ち、とんだ変わっている新人のミュージシャンが出てきたのだなぁというくらいにしか思っていませんでした。それがいくつもの作品が発表されるころには、才能豊かでバラエティに富み、感性だけでなく色んなことを計算しつくしていることに気づくようになりました。
 恐らく多くのミュージシャンがそんな彼女の才能に惹かれ、一緒に作品作りに参加し、彼女の歌をより味わい深いものへとしているのだと感じます。彼女の楽曲の素晴らしさを細かく例を挙げていくと、紙面には収まりきれませんので控えますが、楽曲を魅力的なものにしている一番の要素は“最適化”する能力ではないかと私は感じています。
 メロディー、アレンジ、歌詞、歌声のそれぞれ、どんな音をどうバランスよく当てはめることができるかを考え、感じ取る力が飛びぬけていると思います。ベストアルバム「ニュートンの林檎」を聴いてそんなことを考えました。

 そんな椎名林檎さんは2020年東京オリンピック・パラリンピックの開会、閉会の式典のプランニングチームに選出されており、どのような式典になるか今から楽しみですexclamation

 ひとつの素晴らしい音楽を作り上げるためにも必要な“最適化”ですが、他の色々な場面でも求められます。

 やはり私たちが行う鍼灸治療においても、その“最適化”を目指すことになります。例えば一見同じような症状だとしても原因の違いにより治療は変わります。その方の体質や体調によって鍼、灸、手技など、どの治療法や刺激量の強さを選択するかを決めます。治療後の症状の変化や体調の変化、治療回数などを考慮しその都度治療を組み立てていきます。

 私たち鍼灸師の感覚を駆使し、感じ取り、多くの可能性を考えその方により良いと思われる治療法と刺激量を行うことになります。

 こうして言葉にするだけであれば簡単なのですが、実際それを行おうとすると様々な技術と判断力が試され、正直苦悩の連続でもあります。

 本年も一歩一歩ですが、向上することを約束します。

 最後になりましたが、新年最初の心にひとつぼということで、私の本年の目標を発表させていただきます。

 ひとつめは、「より良い施術が行えるよう心身を常に整えておけるよう医者の不養生にならないよう気をつける」

 ふたつめは、「歌唱力の向上」です(笑)

 では皆様、一日ひとつの林檎は医者いらず、一日一曲の林檎は医者いらず(?)で健康にご留意いただき、いつかコンサートでお会いしましょう手 (パー)

 

 

 

 

 

神戸東洋医療学院付属治療院 川上 靖

 

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

*************************************************************************

あきらめないで!冷え性

 今年も寒い冬がやってきました雪

寒くなると多くの女性が悩むのが「冷え」もうやだ〜 (悲しい顔)

その大きな原因として運動不足や筋力低下、ストレス、過労、睡眠不足、薄着、冷たい物の摂り過ぎなどが挙げられます。

そこで今回は冷えを東洋学的に考えてみましょうexclamation

 

東洋医学で「冷え」は次の3つのタイプに大きく分けられますほっとした顔

 ①元気や血不足タイプ ②血液の流れが悪いタイプ ③温める力不足タイプ

 

 

次にタイプ別の食養生と生活の注意点をご紹介します。

 ①元気や血不足タイプ
   このタイプが一般的に最も多く、特に月経がある女性に多く見られます。

   手足の先など末端の冷え、肌が乾燥する、元気不足、貧血やめまいなども

   一緒に見られる事が多いです。

 【食養生】
    鮭、きのこ類、黒砂糖、なつめ、クコの実、もち米、豆腐、うなぎ、鶏肉、豚肉、ワインなど

 【生活の注意点】
   ・しっかり睡眠をとる
    東洋医学では血は寝ている間に作られると考えられます。

    質の高い睡眠が血を作ります。夜更かしは厳禁です!

    理想は寝る1時間前にはスマホやパソコンは触らないようにしましょう。
   ・元気の源 胃腸を元気に
    胃腸は元気や血を作る源で、冷たいものや濃い味付け、脂っこい、

    甘いものの食べ過ぎに弱いです。

    あっさりした薄味の和食、朝食に温かいスープや味噌汁で胃腸を養いましょう!

  ②血液の流れが悪いタイプ
    このタイプも男女に関わらず、とても多いです。

    体が冷えてジンジンした痛みや痺れを伴う、慢性的な頭痛や肩こりがある、月経痛がひどい、

    目の下のクマ・シミが気になるなども一緒に見られる事が多いです。

  【食養生】
     生姜、ニンニク、トマト、ナス、玉ねぎ、らっきょう、桃、サバ・イワシなどの青魚、

     酒粕、紅茶、紹興酒、酢など

  【生活の注意点】
    ・適度な運動やストレッチをする
     ジッとしていると血液の巡りは悪くなります。出来れば1駅前から降りて歩いたり、

     休憩時間に少し散歩をするようにしましょう!
     デスクワークの人でも1時間に1回は肩を回したり、背伸びしたり、

     一度立ち上がって動きましょう。
    ・ストレスや疲れは溜め過ぎない
     ストレスや疲れが溜まると元気が不足したり、気が滞り、一緒に血も滞ります。

     自分なりのストレス発散法でストレスを溜めすぎないようにし、

     疲れを感じたらいつもより10分でも良いので早く寝るように意識しましょう!

  ③温める力不足タイプ
    このタイプが冷えの症状としては一番重く、高齢者や慢性疾患、虚弱体質、病気で体力が

    落ちている人などによく見られます。

    手首や足首、特に下半身(お腹、腰、下腹部)まで冷える、お風呂につかってもすぐ冷える、むくむ、

    冷たい飲食物が苦手なども一緒に見られることが多いです。

  【食養生】
     羊肉、牛肉、生姜、ネギ、海老、かぼちゃ、ニラ、山椒、

     シナモン、紅茶、チャイ、葛湯、味噌汁など

  【生活の注意点】
    ・体を冷やさない
     特に若い女性は冬でも薄着や素足を出しながら、冷たいドリンクを飲む。

     なんて方も多いと思います。これは絶対ダメです。
     しっかりマフラーや手袋、コート、ダウンジャケットなど衣服で防寒し、温かい飲み物やカイロなどで

     徹底的に冷えから体を守りましょう!

    ・お風呂にゆっくりつかる
     つい時間がなかったり、面倒くさいからと言ってお風呂よりシャワー派の方も多いと思います。

     ですが、このタイプの方は体の芯から冷えています。40℃前後のお風呂に10~20分程度、

     ゆっくりつかりましょう。

 

       冷えは普段の習慣や食事によっても引き起こされますあせあせ (飛び散る汗)自分の体質を知りそれに合わせた

      対策をする事で、この冬は冷え知らずで過ごしましょうexclamation

 

 

 

 

 

神戸東洋医療学院 付属治療院 田中友也

 

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

*************************************************************************

冬の腎

 みなさんこんにちはわーい (嬉しい顔)
朝晩はすっかり冷え込み、いよいよ冬本番に突入という感じですね。
今回は冬と関係の深い「腎」のお話をしたいと思いまするんるん (音符)

 腎は、五行「木火土金水」でみると水に属し、五季の中では冬、五悪の中では寒にあたり、腎が寒さを嫌うことを意味します。

 腎が冷えると体内を流れる水液も冷え、身体に様々な不調が起こってしまいます。腎は寒さにとっても弱いので、冬の時期は腎の働きが弱くなりやすいのですあせあせ (飛び散る汗)

 

  まずは東洋医学での腎の働きを知り、腎の補い方(ケア方法)をご紹介しましょうわーい (嬉しい顔)

 

 腎の働きは主に大きく3つあります。

1、腎精蔵…我々が先天的に持っているエネルギーの基本物質『精』を蓄えます。 
   『精』は2種類 ★親から受け継ぐ「先天の精」(成長や発育、生殖をつかさどる)
             ★飲食物から得る「後天の精」(他の五臓六腑の代謝や働きを促進させる)

2、腎主納気(じんしゅのうき)…呼吸の深度を保って、呼吸が浅くなるのを防ぎます。

3、腎主水 (じんしゅすい)…人体の水液をコントロールします。
                  
この水を暖かい温度に保ち全身へめぐらす働きをしています。


 寒さによって腎の働きが弱ると、老廃物が排出できなくなります。
そして膀胱や生殖器、ホルモン、免疫、骨、耳、脳などいろいろな器官に影響が出てきます。また、睡眠が深くとれず目の下にクマができる、寝汗をかく、耳が聞こえにくくなる、足腰が弱る、白髪が増える、全身の浮腫みなどは腎臓の弱りでみられる症状です。そう!まさに老化現象です!
 

 そうならない為に冬に腎をしっかり補う事がとても重要になってきます。

そこで腎の養生を少しご紹介しますね。

・まずはしっかり睡眠をとる 夜更かしに気をつける

 (0時~2時は子時(しじ)といって腎の時間なので、腎をゆっくり休めるためにも早く寝ましょう)

・体を冷やさないよう身体の中心を暖める 

 (腰やお腹に腹巻やカイロを貼る、お風呂で体を温める。湯冷めに注意)

・温かい朝食をとる 

 (お味噌汁やおかゆなどを食べ、冷たい飲み物は×)

・乾燥を感じたら水分を補給する 

 (スポーツドリンクや経口補水液を少し温めてコップ1杯程少しずつ。コーヒーや緑茶、アルコールなどは×)

・腎を補う食品をとる

 (りんご、オレンジ、みかん(焼くといい)、黒豆、黒ゴマ、黒きくらげ、ひじき、海藻類、牡蠣、えび、

しじみ、くるみ、大豆、豚肉など。塩分に注意してとりましょう)

 

 

 

 本来、自然界の動植物達は秋にしっかりエネルギーを蓄えたのち、冬の季節は活動を停止してじっと春を待ちます。しかし我々人間は冬眠などできませんよね。(希望はそうしたいですけどね冷や汗 (顔)

 同じように人間もあちこち動き回って気や体力を消耗したり無理なダイエットは避けるようにして冬はしっかり腎を補いましょう。

 無理せず温かくして少し長めに睡眠をとってくださいね。アンチエイジングにもつながりますよ。
みんなで腎をしっかりケアして美しく元気に笑顔で春を迎えましょうねぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

 

 

 

 

 

 

 

神戸東洋医療学院 付属治療院 河野 千恵子

 

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

*************************************************************************

『RUGBY WORLD CUP』

 

 今年開催されたラグビーワールドカップ日本代表選手の活躍、素晴らしかったですねdouble exclamation普段ラグビーと接点のない方でも存分に楽しみ、感動したことと思いまするんるん (音符)

あれだけ体が大きくて筋肉隆々の大男が物凄いスピードで走って激しくタックルするコンタクトスポーツなだけあって、試合の舞台裏では様々な施術が行われていました。

 

  日本代表の有名選手も関東地方からわざわざ県外の某鍼灸トレーナーのところに行き、試合直前の大怪我を治した話を聞きましたほっとした顔

 

 鍼灸は日常生活の体調管理だけでなくスポーツ選手のコンディショニングに絶対に必要なものです。以前私が働いていたところでもプロサッカー選手が鍼灸治療を受けていましたし、私自身もサッカーを通して鍼灸と出会いましたほっとした顔

 

 今回、私はご縁があって南太平洋某国代表の宿泊するホテルで行われたコンディショニングのアシスタントをしてきました。その一部を紹介しますぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい) 

 

 その日は試合直後ではなかったので手技によるほぐしがメインです。急性の外傷はフィジオとよばれる医師とスポーツトレーナーを混ぜたような職種の方が担当します。

しかもこの国のフィジオは小柄な女性です。自分より2倍ほどある選手のコンディションを司る姿はまるで猛獣使いのようでしたうれしい顔フィジオは痛み止めの注射をしたりしていましたが、なんと鍼も使用していましたdouble exclamationdouble exclamation

 

 使われていた鍼の長さは4cm6cmで太さは0.10.2mm程でした。これは日本の一般的な鍼灸院で使われているものと同じで、当院でも使用している細い鍼です。あれだけの大男に一般的な鍼で対処するのには驚きました。

 しかし、別の代表チームのコンディショニングに行った知人の話では、一寸(3cm)の短い鍼だが太さは0.5mm(極太!)であったと聞きました。各国のフィジオによって習得したスタイルがかなり違うようです。

私は鍼灸をする許可を得ていなかったのでフィジオと片言の英語で鍼の話をしただけですが、普段私が行っている伝統的な中医学の鍼灸をしたくてたまりませんでした。脈診(脈を診て体の状態を診る)は全世界共通、これなら治療できるという確信をもてたので次のワールドクラスなタイミングまで腕を磨き続けておきます指でOK

 

 他にも普段見ることがなさそうな治療道具として、名前はわかりませんが空気圧と氷でアイシングと圧迫を同時に行える物がありました。腫脹がある部位はこの道具を使用している選手が多かったです。

 なにしろサイズと筋肉が規格外exclamation途中ベッドのねじが曲がったり若い選手のおふざけ等ありましたが、プロ選手なだけあってリラックスした時間の中にもどこか緊迫感のある現場にしびれまくりでした目がハート (顔)目がハート (顔)

 

 鍼灸師として、このような機会に恵まれたことに感謝しますdouble exclamation

 以上、ラグビーワールドカップ舞台裏からのリポートでしたあっかんべー手 (パー)         

 

           

 

 

神戸東洋医療学院 付属治療院 岡田 泰彰

 

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

*************************************************************************

ハイハイ

  みなさん、身体に良いことって気になりますよね。私も治療や格闘技をしていますので色々な体験や経験を積んでまいりましたほっとした顔(筋肉の付け方、体幹、腹筋、ダイエット、格闘技の技術、食事、栄養、精神面などなど)振り返ると良く覚えたなぁと思っております。そんな中、知り合いに誘われて走るセミナーへ参加してきましたexclamation

 いかに体を使うか?がテーマです。自分の力をいかに無駄なく地面に伝えるかと、もう一つは末梢ではなく体幹に近い筋肉をしっかり使えるかでした。とてもシンプルですが難しい内容です。

 

 私たちが行う日常の動作は、何年も体が覚えてくれていて、意識をしなくても出来てしまいます。そして体に不都合があれば勝手に修正してしまいます。この勝手に修正してしまった動きは、意識しないと元には戻りません。例えば怪我をしてしまった、痛みが出てしまったとなると痛みが少ない動きを覚えてしまいます。その間の普段しない動きが、筋肉のアンバランスを作ったり、姿勢の変化を作ってしまいます。数日のことなら大きな問題ではないかもしれませんが、年月を費やすとそれが負担になり別の痛みを作ってしまいますあせあせ (飛び散る汗)

  

 今回参加したセミナーで最初に行ったことを紹介します。それは「ハイハイ」です。 

??ハイハイ? そうです、赤ちゃんのするあのハイハイです。

 

  赤ちゃんの発育発達。お母さんのお腹の中から出た赤ちゃんは、手足は動かせますが当然立つことも歩くことも出来ませんよね。手足をバタバタ、声を出して、首で体を起こしたりなどを繰り返し、そしてやがて寝返りを打ってハイハイし出します。このハイハイが姿勢や、骨盤の調整、肩甲骨の筋バランスなど様々な事に効果があるということです。

 実際にハイハイを行ってみると、シンプルですが色々なことが感じられます。膝を大きく動かすと、普段歩くときの股関節の動きの何倍もの可動域になります。下向きなので立っている姿勢よりも体幹にも負担が掛かります。手も使って動くので手の筋力強化にも最適ですね。みなさんご興味でましたか?5分するのも大変ですよ。ある方は、朝の5時や6時ごろから、須磨海岸で60分もハイハイをしているようです。朝日を浴び、自然を感じながら体をリセットする。慢性的な不調が取れるかもしれません。

  

 色々な健康増進法があります自分に合った運動や食事、又リフレッシュの仕方を探してみてくださいぴかぴか (新しい)如何に過ごすかが大事ですね指でOK  

 

神戸東洋医療学院 付属治療院 糸井 裕之

 

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

*************************************************************************