神戸東洋医療学院付属治療院の紹介

施術室

神戸東洋医療学院 付属治療院では、一般外来と学生臨床を行っております。一般外来では、有資格者の鍼灸師が施術にあたっています。

東洋医学・現代医学それぞれの長所を活かし、患者さんとの双方向のコミュニケーションを大切にし、来院される方ひとりひとりに合った施術を心がけています。

患者さんの声に耳を傾ける事で私たちは「より良い形の鍼灸とは何か」を考え、追求していきます。

アクセス・地図

アクセスマップ
はり・きゅう
神戸東洋医療学院 付属治療院
078-333-1489
兵庫県神戸市中央区三宮町1-9-1センタープラザ14階
各線「三宮」駅から徒歩で約5分
当院に専用の駐車場はございません。
お車でお越しの際はセンタープラザの駐車場、もしくはお近くの駐車場をご利用ください。

センタープラザ駐車場からは下記エレベーターをご利用ください。駐車場からのアクセス

神戸東洋医療学院付属治療院 院長の挨拶

ホームページをご覧の皆様へ

平成元年に鍼灸治療院を開院してから、今まで多くの方々の治療に携わって来ました。現在は鍼灸師を育成する学校の付属治療院として、日々多くのスタッフと共に治療に当たっております。

鍼灸治療は、患者さんと向き合いながら、個々の疾患の原因を探り出して、その原因を管理(除去、緩和)すると云う特徴があります。私はこの特徴こそが、医療の原点だと思っております。どうしたら良いのか分からないまま、身体の不調に苦しんでいる方が多くいらっしゃいます。鍼灸治療が少しでもお役に立てることが出来ればと願っております。

鍼灸治療は伝統医学ではありますが、知らない方には全く新しい医学でもあります。これまでに治療体験の無い方は、ぜひ当院で受診してみて下さい。

最後になりますが、皆様のご健康とご多幸を祈念しております。

神戸東洋医療学院付属治療院
院長 石橋尚久