水々しすぎると溺れます

 

 今年も神戸祭りが終わったと思うとすぐに爽やかな初夏は通り過ぎ、梅雨前線が停滞

するジメジメした暑さがやってきました晴れ知らぬ間に汗が流れ、喉が渇き、つい水分が

ほしくなります。時にはダイエットやデトックスのために毎日1.5L~2Lの水を飲むとよいと

いう情報も耳にします。しかし一度に大量の水を摂りすぎ、死んでしまうこともあることを

みなさんはご存知でしょうか?

 

 

今回は水分の適切な摂取の仕方についてお話しますほっとした顔

成人の体は約60~65%の水を含んでいます。私たちは1日あたり、

呼気・汗・便として約2Lの水分を排出しています。また食事の際、水や

お茶以外の食物から1日約1Lの水分を摂り入れています。そこで通常

は残り1Lほどを飲料水などから補給すれば事足ります。その適量を

超えて水を摂りすぎると腎臓に負担をかけますし、水を沢山摂ること

でダイエットやデトックス効果があるという根拠は医学的にはありませ

ん。さらに極端に大量の水を摂取し、腎臓の排出能力を超えると血液

中のナトリウム(塩分)濃度が低下します。すると疲労感やだるさが

現れ、やがて頭痛・めまい・吐き気が起こりますがく〜 (落胆した顔)あせあせ (飛び散る汗)

これを「水中毒」と言います。脱水症状とも似ており、重症になると昏睡から死に至ることもあります。

治療には水分摂取の制限や排泄を促す処置が医療機関で必要となります。近年、マラソン大会での水中毒

による死亡事故も報告されており、熱中症に加え水中毒への注意行われています危険・警告 (!)

 

しかし、最近夏には熱中症予防の為こまめな水分摂取を行うよう言われるようになりました。もちろん、

気づかないうちに脱水症状になることもあり十分な注意がいりますが、反対に水の摂りすぎで体調を崩すこ

とも知っておいてくださいがまん顔定期的に来院されておられる患者さんの中には夏の時期だけ体にむくみの症状

が現れ、そのことによりほかの身体症状が引き起こされているケースを時々見ます。その方々に話を伺うと、

連日マスコミでしっかり水分を摂るようアナウンスされ「頑張って無理に水分を摂るようにしています」とのお

答えが多いです。特に、空調のよくきいた快適な環境の中で一日過ごされている方は、無理に水分を摂るこ

とでなおさら全身にむくみが現われてしまいます。

東洋医学では昔から余分な水分が体に溜まると、気血の流れを滞らせ体を

冷やす原因にもなるとされていますあせあせ (飛び散る汗)このような時、鍼灸治療では水分代謝を

促進するツボを使い水分の滞っている箇所に流れをよくする施術を行います。

これからの季節は、ご自身の環境や体調に合わせた適切な水分の摂取を行って

ください。 

 

 水分は摂りすぎず良い気を取り入れてくださいわーい (嬉しい顔)日々の治療でみなさんに良い気が込められるよう心がけ

ています指でOKぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

   神戸東洋医療学院付属治療院 川上 靖

 

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

*************************************************************************

初夏の初診キャンペーン開催中!!

ぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)初夏の初診キャンペーンぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

初めて当院をご利用の方限定

2019年6月1日(土)~7月31日(水)まで

1ヶ月以内ずっと施術料金が半額でご利用いただけますexclamation

 

さらにdouble exclamation

一ヶ月以内に4回以上ご来院されると、

1000円割引×10回分のチケットをプレゼントプレゼントぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

ぜひこの機会に鍼灸を体験してみませんかほっとした顔るんるん (音符)

 

初夏の初診キャンペーン ←こちらをクリックわーい (嬉しい顔)指でOK

 

鼻呼吸のすすめ

まもなく6月、1年の半分がたとうとしています。

そろそろ皆様のお身体の疲れもたまってきている頃ではないでしょうか。

 

さて、今回は「呼吸」についてお話したいと思いますほっとした顔ぴかぴか (新しい)

最近、患者さんを診ていて思うのは「口呼吸」の方が多いということです。施術中にお休みになられる方の多くが、少し口をあけて息をされています。この口呼吸、何がいけないの目?と思われるかもしれませんが、皆さんの肩や頚の凝り、疲労感、風邪まで、その口呼吸の積み重ねが影響しているかも知れないといったら、どうでしょう?

 

 

 世の中には沢山の異物が浮遊しています。この浮遊した異物はふわふわと風にのって隙あらば私たちの体内に入ってこようとしています。ではどこからはいってくるのでしょうか。それは、鼻と口です。鼻の粘膜には繊毛といわれる毛が生えており、入ってきた異物を絡み取り、それ以上体内に入らないようにします。時には、くしゃみとして外にだします。ところが、鼻に異常があると鼻での呼吸ができなくなり、口で呼吸をします。

口には鼻のように異物を捕まえるものはありません。食べ物を食べるようにどんどんと異物を体内へ入れていきます。もちろんその途中には気管があり、そこで見つかったものは咳として体外へ排出されます。しかし、いくつかはすり抜けて肺や消化器官などに入り、血液とともに身体中をめぐっていきます。常に入ってくる微細な雑菌と戦っている戦士たちはへとへとになり、警備が手薄になります。すると、いつも喉がイガイガして咳がよく出て、お腹の調子も何だか・・・・という状態にあせあせ (飛び散る汗)あせあせ (飛び散る汗)免疫力が低下し、感染症や風邪などといった病になりやすくなってしまいますがく〜 (落胆した顔)また、喉の調子の悪さはその周辺の筋肉へと伝わります。その結果、肩や頚が常に緊張した状態となり、血流が悪くなり凝りがひどくなります。

 

人間は本来、鼻呼吸をするようになっています。鼻の方が口よりも多くの酸素を取り込めるようになっているので、口呼吸だと十分な酸素が供給されません。呼吸は浅くなり、知らず知らずのうちに睡眠の質が低下し、疲労感を感じるようになります。また、口を開けたままだと、口を閉じる筋力が低下し、だらしのない顔になりがちです。本来の美しさも半減しますバッド (下向き矢印)

鼻呼吸をお勧めする理由を少しご理解いただけましたでしょうか。では早速鼻呼吸を、とは言ってもアレルギーなど鼻炎で鼻づまりがある方には、なかなか難しいかと思います。市販薬や鼻拡張テープ、鼻うがいやアロマなどでの改善方法もありますが、鍼灸でも対応していますぴかぴか (新しい)鍼灸では、鼻の横の迎香(げいこう)鼻通(びつう)と呼ばれるツボや、鼻だけでなく鼻周辺の筋肉にもアプローチしていきます。また、ローラー鍼など刺さない鍼を使用したセルフケアの方法もお教えいたしますわーい (嬉しい顔)exclamation

 

口呼吸に慣れてしまうとなかなか鼻呼吸はしづらいかもしれません。普段、口で呼吸をしていると思う方は駅で電車を待っている間など、最初はそのわずかな間だけでも意識して鼻呼吸してみてくださいほっとした顔ぴかぴか (新しい)1日のうち何回でも構いません。最初はできなくても意識して鼻呼吸をしていくうちに身体は覚えていきます。

意識している間は可能でも、寝ている間は無防備になります。

寝ている間は口にマスクをして外からの雑菌が入りにくくするのをお勧めいたしますぴかぴか (新しい)

 

 

 神戸東洋医療学院 付属治療院 田中 里佳

 

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

*************************************************************************

臨時休診のお知らせ

5/20(月)は、学院行事の都合により臨時休診とさせていただきます。

皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

5/21(火)からは治療院・薬店ともに通常通り開院致します。

よろしくお願い致します。

 

 

 

神戸東洋医療学院 付属治療院

美味しいものにご用心

付属治療院の谷口です。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

 寒かった日々に別れを告げ、今年も初夏を迎えました。次はあっという間に梅雨の季節がやって参ります。季節の移り変わり、とても早いものですねあせあせ (飛び散る汗)

このめまぐるしい季節の変化になかなか体がついて行けなくなる時期ではありますが、梅雨の時期の過ごし方など、このひとつぼでも過去に幾度となくお話させて頂いています。ぜひバックナンバーもご参考になさってくださいね。

今回のひとつぼでは視点を変え、この時期に増えてくる「食中毒」についてお話させて頂きたいと思いますほっとした顔

 

 

 

 

 食中毒は大きく分けて3つに分類できます。それぞれ「細菌性食中毒」「ウイルス性食中毒」「自然毒食中毒」です。

夏季に多そうなイメージの食中毒ですが、上記3種類の食中毒を合わせて集計するとでは実は冬季が一番多いのです。その理由として、ノロウイルスに代表される「ウイルス性食中毒」が多くなるからだと言われています。逆に夏に増えてくるのが「細菌性食中毒」です。

よってここでは、この時期に注意すべき「細菌性食中毒」にフォーカスしてお伝えさせていただきます。

 

 

 平成30年の原因物質別食中毒発生事故件数では1位がアニサキス、2位がカンピロバクター、3位がノロウイルスとなっています。

「アニサキス」は皆様、お聞きになったことがあると思います。魚介類を生食した場合に感染する食中毒ですが、これは季節を問わず1年中発生します。

となると、これからの時期に特に注意すべき食中毒は「カンピロバクター」ですがまん顔がまん顔

 

地域で食中毒事件が発生した場合、医療機関には都度事象発生FAXが流れるのですが、梅雨頃からカンピロバクターによる食中毒の発生報告が増えてきます。つい数日前にも神戸市内飲食店での事象発生報告書を見ました。

普段あまりニュースになることがないので気付かないのですが、実は結構、食中毒事件は多いのです。さらに自身の体調不良などを疑い、食中毒として通報されない場合も多いため、実数はかなり多いと想像できます。

 

  ではこのカンピロバクター食中毒は何が一番の原因かと申しますと「生、及び加熱不十分の鶏肉及びその内臓肉を食したこと」です。

潜伏期間は2~3日間、症状は下痢、腹痛、発熱、悪心、嘔吐、頭痛、悪寒、倦怠感などですが、カンピロバクターは他の食中毒と比べ1日最高便回数が多く、血便を伴う場合もあります。万が一これらの疑わしい症状が出ましたら、速やかに医療機関を受診ください。

自然治癒する場合も多いのですが、抗菌剤などの服用により早期に症状を抑えることもできます。ちなみに私は普段から生の鶏肉はできるだけ口にしないよう気を付けています。

 

 

 この時期はどうしても会食なども多いと思いますが、普段から口にするものには十分に気を付けていただき、また万が一の際でも外敵からご自身の体を守れる免疫力を普段から付けていきましょう手 (グー)わーい (嬉しい顔)手 (グー)

私たち神戸東洋医療学院の鍼灸治療のプロがそのお手伝いをさせて頂きます。

また、現在インフルエンザが再び猛威をふるい、それによる学級閉鎖も相次いでいます。様々な外敵からしっかり身を守り、活動的にこの時期を楽しみましょうるんるん (音符)るんるん (音符)

 

 

 

神戸東洋医療学院付属治療院 谷口龍祐

 

 

*************************************************************************

神戸三宮で鍼灸といえば

    神戸東洋医療学院付属治療院

*************************************************************************